前山剛久さん 神田沙也加さん・追記アリ

 

前山剛久さん 1991年2月7日生まれ「寅卯天中殺」

神田沙也加さん 1986年10月1日生まれ「申酉天中殺」

 

二人の宿命からは、「宿命中殺」が存在し

「宿命中殺」の中でも、「生月中殺」という種類です。

「生月中殺」を宿命に持つことのむつかしさ、があり

「生月中殺」を持つ男女の関係については、重要な着目点があります。

 

お互いに価値観が近くなること。

初めて会った人と思えないような、感覚や匂いを感じること。

これらは、言葉には言い表せないといった

まさに、感覚的なモノです。

(他にも着目するべきことアリ)

 

【自分の持っている宿命が引き寄せる力】というのがあります。

特に、この「生月中殺」を持つ者に関しては

相手も「生月中殺」の宿命であることは、決して稀ではありません。

 

お互いを引き寄せる力や作用を、客観的に見るのが算命学です。

 

お二人が「生月中殺」であること以外にも

前山さんと沙也加さんの宿命を見たとき、或ることにハッとしました。

ブログでは控えようと思います。

折を見て、note有料記事にするかもしれません。

 

前山さんの活動開始は「天中殺」で、当時の「天中殺」からは

「未来を示す星」が回っていました。

 

このことが意味するのは

「天中殺」に見合うスタンスで、仕事に取り組むこと。

そうでなければ、今の仕事を続ける限りは

「天中殺」の影が付いてくると占います。

 

前山さんも松田聖子さんと同じく、「寅卯天中殺」ですね。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

結婚した方がいい宿命かどうかを鑑定します 結婚で運勢が上がる・結婚にこだわらない方がいい宿命があります

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。