有名人よりも気になる宿命

 

私が気になる宿命の話。

チェックしているブロガーさんの記事を読んでいて

「今日で、〇〇歳になりました」とか

「明日は娘の誕生日」を目にすると、本人の命式を見ることがあります。

 

今回は、ブロガーさんの娘さんの宿命を鑑定。

こちらのブロガーさんは、個人で動物保護活動をしている女性。(主に犬)

(アメーバブログでランキング上位に入る)

 

先日、娘さんのお誕生日で記事をアップ。

娘さん 2008年1月22日生まれ「子丑天中殺」

「宿命中殺」が存在する宿命。

(宿命中殺とは、もともと表れている星が不自然な状態)

 

「宿命中殺」の作用が母親にも表れています。

娘さんから見た場合に、母親との縁が薄くなります。

母親に対しては、理解出来ないところが多くなること。

つまり、母親の動物保護活動に対して、心からの理解は出来ない。

理解しようとしたとてしても、結局のところ理解出来ない。といった解釈をします。

(ここでの理解とは、一般常識や頭での理解ではなく、心からの理解という意)

 

子ども自身の持つ宿命から見たときに

親として、自分の生きざまを理解してもらえることに、最初から限界がある。

宿命よっては、真っ向から反対してくるといった星もあります。

 

子どもさんの宿命を見ると

また違った角度からご本人のこと・親子関係が見えてきます。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

 

占術編「スポーツ選手に向かない星の見方」内村航平さんの宿命から

 

~有料記事のお知らせ~

内村航平さんの宿命から表れていることを取り上げています。

こういった星を持つケースは、稀ではありません。

算命学が初心者の方にも理解しやすいように、平易な言葉を使っています。

更に、今回の離婚問題の要因となる事柄についても教示しています。

 

「算命学」を独学で習得している方、特に他者を鑑定している方は

しっかりと学習されることがよろしいかと思います。

 

他者の鑑定においては、正しい知識を踏まえた上での鑑定か否かが

ご自身の運勢に作用を及ぼすと、算命学では考えるからです。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

note有料記事・占術編「スポーツ選手に向かない星の見方」

 

 

離れずらくなる相性

 

男女の相性で、一度関係が結ばれると

離れずらくなる相性、というのがあります。

例えば、「相手が浮気したから別れたいと思った」

しかし、実際には別れられないままに…

 

離れずらくなる理由は、互いの星が上手い具合に合致しているから。

離れるためには、かなり衝撃的な出来事が必要になると占います。

衝撃な出来事とは何?

ブログでは憚られるため、控えます。

 

『男と女は、くっつくことよりも別れることの方が大変』

私が若い頃、母がよく口にしていました。

算命学を習得して、あらためてよく分かりました。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

 

 

 

内村航平さん 離婚問題と天中殺・天将星とモラハラ

 

内村航平さん 1989年1月3日生まれ「子丑天中殺」

 

現在「天中殺」といって、不安定な運気です。

「天中殺」では、隠れていたことが表面化する可能性が高いです。

離婚で揉めていること、モラハラが報道されていますが

これらのことは、実際にあったのではないかと占います。

そう、「天中殺」で問題が浮上するといったことは

正に、「天中殺あるある」だからです。

(月ごとの運気でも1月は「天中殺」→「天中殺」の作用は強まる)

 

前回のブログでは、最大のエネルギーを持つ星「天将星」が存在すること。

「天将星」とは、字の通りリーダーやトップを示す星。

体操界で、レジェンドと言われる所まで登り詰めた。

この情熱を支えになったのは、「天将星」の存在です。

しかしながら、最強の星を持つことの弊害もあります。

家庭でも、レジェンドでいようとしたのであれば…

 

~注意~

「天将星」を持つ者すべてが、モラハラをすると言っているのではありません。

 

前回のブログでは、『体操選手に向いているとは言えない』と記述しました。

宿命からの姿と実際の生き方の違いは

本人にストレスを与え続けると算命学では考えます。

モラハラがストレスから来ているとしたら…

(内村さんをかばっているのではありません)

 

 

宿命からの姿としては、結婚していた方がいい宿命です。

更に、妻は「守護神」です。

これらのことから、自分から離婚を進めていくというのは

宿命からの姿と、実際の生き方が乖離しているためです。

加えて、乖離を強調しているのが「天中殺」での問題発覚。

 

「天中殺」でイメージダウンとなると、かなり引きずることに…

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

恋愛に不器用な人

 

ドラマ ファイトソングを観て書いています。

恋愛に不器用な宿命があります。

こういう宿命だからといって、恋愛に縁遠いというわけではありません。

(この反対に、恋愛に器用な宿命もあります)

 

どう、不器用なのかと言うと

一言でいうと、天然。

様々意味で、ありのまま 地のまま。。。

 

こういったことがダメなのではありません。

自分を変えようとするよりも

不器用な自分を受け留める努力をしてくれる相手を探すことです。

それが長続きするポイント。

すべてを理解するなんて、無理。

 

不器用な宿命の者は

同じく不器用な宿命を持つ相手との相性はNGです。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

内村航平さん「世界一の練習を積めなくなった」

 

内村航平さん 1989年1月3日生まれ「子丑天中殺」

 

引退会見では「世界一の練習を積めなくなった」

この言葉を聞いて、ブログにと思いました。

 

最大のエネルギーを持つ星「天将星」が存在します。

「天将星」が消化されると

自分の中に、てっぺんを目指す思いが強まります。

こういったモチベーションを長く持ち続けられるのは

まさに「天将星」の存在。

そのために備わっている最大のエネルギーですから。

 

宿命からは、体操選手に向いているとは言えません。

(この占術・見方については、後日noteで有料記事として掲載予定)

それでも、レジェンドと呼ばれる所まで登り詰めることは可能です。

こう聞くと、矛盾に思う人もいるでしょうか。

体操に向いていないのに、前人未到の結果を出せるのかと…

 

その道を極めることが、宿命からの姿と合致しているとは限らない。

算命学の基本的な考え方です。

 

自分の「年運天中殺」及び「月運天中殺」で、引退となりました。

引退を発表したのは、「天中殺日」。

引退試合の3月12日も「天中殺日」。

これらすべては、偶然の一致ではないと見ます。

 

内村航平さん 離婚問題と天中殺・天将星とモラハラ

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 


龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

     

     

     

    だいたひかるさん 現在大運天中殺 夫の星と子どもの星に

     

    だいたひかるさん 1975年5月25日生まれ「戌亥天中殺」

    小泉貴之さん 1977年8月14日生まれ「辰巳天中殺」

    ご長男さん 2022年1月14日生まれ「戌亥天中殺」

     

    だいたさんの全体的な運気の流れからは、44歳から始まって20年間は

    「大運天中殺」といって、不安定な運気です。

    「大運天中殺」では、「夫の星」が回っていることから

    夫との縁が薄くなること。

    その一つとして、自分から夫に頼らない生き方が求められます。

    (他にも留意点がありますが、割愛)

     

    いくつかの留意点は、結婚生活が続いている限り留めておくべきことで

    そうでないと、離婚の可能性が高くなると占います。

     

    「大運天中殺」の作用が「子どもの星」にも表れていることから

    子どもとの縁が薄くなります。

    しかし、それでも子どもは生まれます。

    この場合も、いくつかの留意点があります。

     

     

    小泉さんは、「大運天中殺」及び「天中殺」で結婚。

    「大運天中殺」では、「子どもの星」が回っていることから

    子どもとの縁が薄くなること。

    こちらの留意点も、結婚生活が続いている限り留めておくべきことです。

     

    家族三人の関係性からは、特徴的なことが表れています。

    それは、だいたさんと長男さんが一つのグループとなり

    小泉さんはそのグループに入らないこと。

    正確には、入れないと占います。

    つまり、小泉さんとしては子どもが生まれたことで

    家庭の中に居ると、どこか寂しさを感じるということ。

     

     

    今回、取り上げた理由は

    かなりむつかしいと思ったからです。

    むつかしさが積み重なるまでには、いくつかの要因が必要となります。

     

    それは、夫婦共に「大運天中殺」での結婚であり

    小泉さんは「天中殺」でもある。

    更に、小泉さんは「宿命中殺」が存在して「子どもの星」に作用→

    「子ども中殺」の宿命といって、子どもと縁が薄い宿命です。

    更に更に、高齢出産であること。

     

    「大運天中殺」や「天中殺」に見合う結婚生活でないと

    むつかしさは重なっていき、後になって現れると占います。

    そして、これらの根底に有るモノは、宿命の未消化です。

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

     

    家族鑑定 基本料金は、お一人様につき5000円~となります。

    詳細は下記のフォーマットよりお問い合わせください。

     

    龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

    龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

    スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

    にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

     

    鑑定の御案内

     

    個人鑑定はこちら

       

       

       

      子どもと縁が薄い宿命とは

       

       

      占術編「幸運に恵まれると消えたくなる宿命の見方」

       

      ~有料記事のお知らせ~

       

      幸運が続くと、本人としては素直に喜べない。

      むしろ、心に重みを抱えていくことになる。

      こういった宿命を持つ者がいます。

      こちらの宿命の見方を教示します。

       

      実在する人物(有名人)を挙げます。

      一人は、歴史上名を残していますが、自ら命を消してしまいました。

      もう一人は、現在40代半ばテレビでよく見る芸能人です。

      算命学の基本的な見方が分かる方に勧めます。

      (見方の詳細な説明あり)

       

      算命学に対して、共通の価値観を持つ方に提供したいという思いと

      学院への通学が叶わない方に向けて、有料記事としました。

       

      『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

       

      note 占術編「幸運に恵まれると消えたくなる宿命の見方」

       

      はてなブログはサブブログで、メインのブログはこちらです。

      占術編「両親に関することが 自分の家庭運にダイレクトに作用する宿命の見方」

       

      ~有料記事のお知らせ~

       

      両親に関することが表れている宿命と、そうでない宿命があります。

      1・このことが表れている宿命の見方

      2・両親と自分との関係と家庭運について

      この2点を記述しています。

       

      算命学が初心者の方にも理解しやすいと思います。

      本人の家庭運を占う際に、より深い鑑定が出来ます。

       

      「算命学」を独学で習得している方、特に他者を鑑定している方は、しっかりと学習されることがよろしいかと思います。

      他者の鑑定においては、正しい知識を踏まえた上での鑑定か否かが、ご自身の運勢に作用を及ぼすと算命学では考えるからです。

       

      『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

       

      note 占術編「両親に関することが自分の家庭運にダイレクトに作用する宿命の見方」

       

      佐野元春さん デビューは天中殺 現在大運天中殺

       

      佐野元春さん 1956年3月13日生まれ「申酉天中殺」

       

      算命学では、デビューした時の運気を重要視します。

      今の活動が続いている限り、当時の運気の作用を受けると考えるからです。

      デビューは「天中殺」といって、不安定な運気でした。

      当時の「天中殺」からは、伝えるといった意味合いの星が回っています。

      ここでの伝えるとは、音楽活動全般としてとらえます。

       

      この星が「天中殺」の作用を受けることで、音楽活動に異常性が出てくること。

      つまり、デビューと同時に人気急上昇となる。

      曲作りにおいては、実力以上の力を発揮出来る。

      これらの可能性が高くなると占います。

       

      今、思い出せるところでは、宇多田ヒカルさんと似ていますね。

      デビュー当時以上の結果を出すことは、非常に困難となる。

      「天中殺」で、運を使いすぎてしまった…

      自分に与えられた運は、有限です。

       

      今の全体的な運気の流れからは、「大運天中殺」といって

      こちらも不安定な運気です。

      「大運天中殺」は、48歳から始まって20年間続きます。

      (2022年1月現在65歳)

      今の年齢からは、かなり重要な時期に来ていると占います。

       

      宿命からは、自ら答えを出すといったことも多いにあり得ると占います。

      この作用がより強まるのは、今年の運気でもあります。

      今年の運気は、2月節分前まで。

      更に、今年の運気からは「宿命中殺」の或る作用が懸念されます。

       

      『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ