コロッケさん 庶民相手の商売に向く

 

コロッケさん 1960年3月13日生まれ「辰巳天中殺」

 

活動開始は「大運天中殺」であったこと

活動開始は1980年

当時の運気は「大運天中殺」といって、不安定な運気でした。

「大運天中殺」は、異常性を発揮出来る運気でもあります。

算命学が考える異常性とは、実力以上の力を発揮することでもあります。

人気の下支えとなっているのが「大運天中殺」であること。

このことは、今後においても見逃せないポイントです。

 

 「大運天中殺」から読み取れる心の隙間

当時の「大運天中殺」からは、満足感・達成感が自分にとって枠が無くなる状態。

このため、いくら良い仕事をしても

自分の満足感・達成感に繋がらないこと

同時に、自分が満足感・達成感を求めるほどに

それらは遠くに行ってしまう、と占います。

 

こういった思いは、今の仕事を続けている限り

ずっと抱えていくことに…

そういう作用を持つ運気で、活動開始したからです。

 

コロッケ屋さんオープン

今年2021年の運気は、新たな出発にとても適しています。

高級店よりも、庶民を相手にする商売に向いている宿命です。

 

「星の持つエネルギー」としては、弱い宿命ですから

肉体労働は出来るだけスタッフに任せた方がいいと思います。

 

星からは、稼ぐことが第一の目的と出ていることなどからは

フランチャイズを展開した場合

例えば、売り上げが未達の店舗は、少し様子を見ることはせず

即撤退すると占います。

 

初旬が「大運天中殺」であったこと

一番最初に回ってくる「大運」が「大運天中殺」です。

(大運天中殺とは、不安定な運気を意味する)

一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といいます。

初旬は、誰しも人生の中で最も影響を受ける運気であり

人生の基礎や土台が形成される運気です。

 

この「初旬」が「大運天中殺」である宿命です。

人生の基礎が形成される期間に「大運天中殺」が回る宿命の者は

多くを求めすぎると、望まない方向へ引っ張られる力がより強く働くと占います。

 

特に、「初旬」に「大運天中殺」が回る宿命の者は

人生全般において、求められる生き方・心の持ち方があります。

初旬が「大運天中殺」となっていることで

他にも押さえておくべき重要なことがあります。

 

同じく初旬が「大運天中殺」を持つ宿命(一部)

コロッケさん・岡村隆史さん・堀ちえみさん・あいみょんさん・浅野忠信さん・澁谷日向子選手・宮里藍さん・瑛太さん・仲邑菫さん

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

~鑑定で占術的な説明を希望される方へ~

占術的な説明や解説は、通常の宿命鑑定とは料金が異なります。

 

龍メイnote 「天中殺」の運気とコロナ禍について

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

算命学・お子さんがいる離婚再婚について

龍メイnote 結婚相手を見極める方法

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

ココナラ宿命鑑定 コロナ禍につき応援価格に変更しました

宿命鑑定 ベイス

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

保護猫活動をしています。 OFUSE

 

個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です