窪田正孝さん


窪田正孝さん 1988年8月6日生まれ


「宿命中殺」が存在する宿命


「宿命中殺」とは、表れている星の持つ本来の質に異常性が加わることを意味します。


算命学が考える異常性とは、類いまれな才能を発揮することも含まれます。


「宿命中殺」が存在する場合、どの星に作用が表れているのかを見ることが重要です。

(尚、異常性以外にも「宿命中殺」が及ぼす作用あり)


窪田さんの「宿命中殺」は、「仕事を示す星」に表れています。


このことが意味するのは


仕事に異常性=特殊な能力の発揮が可能であること。

(但し、このような能力を発揮するためには、本人が宿命中殺であることを活かしてきているかがポイント)


役そのものが、特殊な能力や才能を発揮する人物を演じること。


言うなれば、非常に個性的な役の方が合っています。


この点で、今のNHKドラマ エールの古山裕一役は、打ってつけだと思います。





カリスマ性を持つ宿命

☆「自分を示す星」が他に表れている星と合致して変化し、全く別の星になっています。


このことがカリスマ性を発揮することに繋がると捉えます。


更に、デビューした当時 2006年の運気も合わせて見ると


☆で申した「自分を示す星」が一度変化した後、更にまた別の星に変化していることからは

より強いカリスマ性の発揮に繋がっていきます。





どこか、掴みどころのない雰囲気を持つ星


「自分を示す星」と同じ質を持つ星が、全部で4つ表れています。

(自分を示す星は「攻撃本能の星」で、陰陽も含めて4つ存在)


「自分を示す星」を、主星といいます。


自分の中心となる星であり、図(算命学人体図)で示すと中心に座します。


この主星と同じ「攻撃本能の星」が中心以外の他の場所、3か所に表れています。


このことが意味するのは

主星があちこちに点在すること、つまり他者から見た場合に掴みどころのない人。


相手や状況によって、主星を使った質を出すか

それとも他に座している主星以外の星の質を出すか

(主星と同じ質を持つ星だからこそ出来る)


しかしながら、宿命からの姿として最も望ましいのは、主星を発揮することです。





子どもとの縁が薄い宿命


これは「宿命中殺」の作用からきています。


子ども運が犠牲になることで、自分の運勢が保たれるところがあります。


実際に子どもが生まれないということではありませんが

生まれないことで子ども運が犠牲になるという捉え方をします。

(このこと以外にも子ども運が犠牲になる現象があります)



鑑定の御案内




全体的な運気の流れから


今は31歳から始まって10年間続く運気にいます。

(2020年6月現在32歳)


安定を嫌う運気です。


不安定な状況下での方が、能力を発揮出来ること


自分の気持ちとしても、常に動きや波があると占います。


仕事でも結婚生活でも、常に不安定的要素があることで、むしろ心が満たされる

といった感じになります。


言い換えると

安定が続くと物足りなさや、自ら安定を壊すような衝動に駆られることも。


全体的な運気は10年間続き、この運気を「大運」といいます。


今の大運からは(31歳から始まって10年間続く)


「天将星」が回っています。


もともと宿命に「天将星」は存在しませんが、このように後から回ってくる運気で

「天将星」が回ります。(年ごとや月ごとの運気では、誰しも必ず回ってくる)


「天将星」とは、最大のエネルギーを有する星です。


特に、現実面における苦労を乗り越えていく力を備えています。

(実際に「天将星」を活かすかどうかは、本人によるところ)


妻である水川あさみさんは、もともと「天将星」を持っている宿命ですから


妻の持つ「天将星」に対応出来る運気にいると見ます。

(天将星を持たない宿命の者が、天将星を持つ宿命の者に対応するのは大変なこと)


窪田さんとしては「天将星」の女性に多少慣れているのでは?と思うところです


エール相手役 二階堂ふみさんも「天将星」を持つ宿命です。


自分の妻の持つ「天将星」が、他者の「天将星」を呼ぶ、といったことは珍しくありません。




次に始まる全体的な運気が大きな節目となっていること


次の全体的な運気=42歳から始まって10年間続きます。


この運気からは、かなり大きな節目となっています。


これを「二度運」といいます。


まるで二度の人生を歩むような大きな変化が起こる可能性を示唆します。


例えば、仕事や結婚で大きな転換期になるといったことです。





※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


鑑定の御案内

ロバミミ電話占い

ココナラ電話占い

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス 

天中殺鑑定 

大運天中殺鑑定


運を下げない生き方とは
運は上げることよりも、下げないことの方が大切 
結婚運とも無関係でないと考えます



算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄




NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

ツイッター 


個人鑑定はこちら

 

松下洸平さん 強いカリスマ性を発揮出来る


松下 洸平さん 1987年3月6日生まれ


「天将星」を持つ宿命であること


ウィキペディアからは、何度もオーディションに落ち続けていたとのこと。


それでも成りたいモノを諦めない粘り強さは


宿命から表れている「天将星」の存在かと。


「天将星」を持つことで


自分が一番になりたいという思いが強くなります。



「天将星」が二つ存在することからは


この星の持つ質を、より一層消化することが求められます。


更に「天禄星」という星も存在することからは


星の持つエネルギーとしては、最身強の宿命となります。


苦労の積み重ねによって、はじめて開花される宿命です。





全体的な運気の流れについて

11歳から20年間続く運気は「大運天中殺」でした。

(2019年12月現在32歳)


2018年の誕生日に「大運天中殺」は明けています。


当時の「大運天中殺」では、仕事や名誉の星が回っていました。


特に仕事に関しては、「大運天中殺」の間


どういったスタンスで仕事に取り組んでいたかということが


次回、初めて回る「天中殺」になると、顕著に現れます。


次の「天中殺」は来年再来年→「子丑天中殺」です。


次の「天中殺」でも、仕事や名誉の星が回ってきます。




少し前からNHKの連ドラに出演するようになって


注目度が上がってきていることと、今の運気の状態を鑑みると


来年再来年の「天中殺」では


今以上に人気が上がるのではないかと予想します。




今の「大運」といって、10年間続く運気からは


強烈なカリスマ性を発揮しやすいことが表れています。


(31歳から始まって10年間続く運気)


「自分を示す星」が二度も変化しており、別の星になっています。


このことが強いカリスマ性を発揮することに繋がると捉えます。


★ 前回の井上真樹夫さんが活動開始した時の運気と同じパターン。



~占術的な説明~

31歳からの「大運」の運気

・大運  己亥 

・年干支 丁卯

・月干支 癸卯

・日干支 甲寅


★日干 甲は、大運 己と干合して、戊と己に変化→これが一度目の変化。

★一度目の変化で戊となっている日干は、今度は月干の癸と干合して、丙に変化する→これが二度目の変化。


日干とは、自分を示す星ですが


いくらカリスマ性を発揮しやすい運気が回ってくるからといって


必ずしもカリスマ性を発揮出来るとは限りません。


本人の努力が必要になってきます。


言い換えると、努力によって強いカリスマ性を発揮出来る可能性が高い


そういった運気の作用がベースにあると見ます。


強いカリスマ性を発揮している場合


役者としては、その役に入りやすくなります。


このため評価も上がります。




但し、気をつけるべきことも出てきます。


カリスマ性とは、「実気」でなく「虚気」だからです。


つまり、自分本来の姿ではないこと。


自分以外の者に変身している姿であること。


このことを留めているか否かで


次の「大運」である41歳からの運気に入ってから


自分自身への見方・向き合い方が大きく違ってきます。


「虚気」の作用を受けることで最も怖いのは


自分自身が大きな勘違いモードになること。


自分に対して


周囲も、そして自身も過大評価をすることです。


変身していない自分→素のままの自分というのを


日頃からかなり意識して捉えることが望ましいです。


鑑定の御案内



☆おまけ☆

今の「大運」では、結婚の可能性も大。

電撃的な結婚もアリな運気。

秘密主義なところアリ。

「天中殺」になってから(月運では既に天中殺)

今まで明かさなかったことが露呈することも…



 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

運を下げない生き方とは
運は上げることよりも、下げないことの方が大切


算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄


堀ちえみさんの運勢

ロバミミ電話占い

宿命鑑定 ベイス  

天中殺鑑定 

大運天中殺鑑定

 

個人鑑定はこちら

井上真樹夫さん


井上真樹夫さん 1938年11月30日生


お亡くなりになった運気について


「年運天中殺」といって

12年間のうち2年間回ってくる「天中殺」


更に「月運天中殺」といって

12か月のうち2か月間回ってくる「天中殺」


これらのことは【自分としては、生き切った】と捉えます。




去年と今年の「年運天中殺」では「寿命を示す星」が回っていました。



「天中殺」では、病気に罹っている場合

回復を見せるか・否かのどちらかになりやすいです。



自分の寿命や健康に対する「答え」が出やすい運気でもあります。




「宿命中殺」が存在


「宿命中殺」の中でも、「寿命中殺」という宿命です。


健康面に不自然さが伴う→異常性が出やすい面を持つことになります。

(このことが病気がちになるということではありません)


「寿命中殺」の特徴を二つ挙げます。


1・自覚症状とは違う病気である場合が多いこと。


2・体力的に無理が効いてしまうこと。





活動開始当時の運気から見える声優としての特色について


「算命学」では物事が始まった時の運気を重要視します。


ウィキペディアからは声優活動は1960年からとなっています。


当時の全体的な運気の流れから合わせて鑑定すると


「自分を示す星」が二度変化しており、別の星になっています。


このことが強いカリスマ性を発揮することに繋がると捉えます。



~占術的な説明~

1960年の運気

・年運 庚子

・大運 乙丑→庚と乙が干合して、庚と辛に変化→①とする 

・年干支 戊寅

・月干支 癸亥

・日干支 丙寅


年干 戊は、月干 癸と干合して、丙と丁に変化→②とする


★日干 丙は①の辛と干合して、壬に変化する→これが一度目の変化となる。


★上記で変化した壬は②の丁と干合して、甲に変化→これが二度目の変化となる。




いくらカリスマ性を発揮しやすい運気だからといっても


必ずしもカリスマ性を発揮出来るとは限りません。


本人の努力が必要になってきます。


言い換えると、努力によって強いカリスマ性を発揮出来る可能性が高い


そういった運気の力がベースにあっての活動開始時期と見ます。


更にこのことと、先に申した「宿命中殺」を持つ宿命であることも


付け加えておかなければなりません。




陽占:人体図といって、


どの星がどの場所に座しているのかを示すモノからは


「伝達本能の星」である鳳閣星が孤立している状態で表れています。


人体図として見た時に


鳳凰星が表れているから「伝達本能」を発揮しやすいという解釈もアリですが


表われている状態として見た場合、更に見方が必要です。


◆「伝達本能」とは、人や周囲に自分の思いや考えを伝える本能。

声優業は、これに当てはまる。


鳳閣星が孤立していることからは


「伝達本能」を生業にすることは、物凄く大変なことです。


先に申した強いカリスマ性を発揮出来たとしても


このことは別の意味で大変な苦労を伴うと捉えます。


石川五右衛門、キャプテンハーロックといった


孤高とも言えるキャラクターにおいては


この鳳凰星が孤立している姿を持つ井上真樹夫氏にとって


妙な一体感を覚えた人物ではなかったかと思われます。


キャラクターの枠を超えて、演じる能力を与えられるのも


カリスマ性の強さでもあり


「宿命中殺」の成せる業でもあります。




宿命からの姿とは、或る意味不思議なもので


自分の宿命が、そのモノを引き寄せることが大いにあります。




今回の「天中殺」では


井上真樹夫氏にとって、この「伝達本能の星」が回っていました。


「伝えたい」「残したい」という御自身の強い思いが


「天中殺」での旅立ちに至ったと「算命学」では解釈します。


ご冥福をお祈り申し上げます。 

 

★ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


個人鑑定の御案内

徳井義実さん 実力以上の力を発揮した結果

徳井義実さん 1975年4月16日生


デビュー当時の運気は、カリスマ性が発揮される可能性大



算命学では、物事が始まった時の運気を重要視します。


デビュー当時の運気が、どういった運気であったのか


このことが芸能人でいる限り、永く影響してくると考えます。


デビュー当時の運気の持つ作用が


自分の実力以上の力を発揮させることになります。





その理由を占術的に申しますと


1・デビューした年に回っている星と


「自分を示す星」が合致しているために


いつでも自分が変化出来る状態・自分が変化している状態となる。



2・デビューした年に回っている星と


宿命から表れている星が大きく広がりを見せている。


このことが自分のワクを大きく越え、結果を出せる可能性大となる。




しかし、上記のような運気が回っていても


本人が努力をしなければ、自分のワクを越えることは出来ません。


ですから徳井さん自身、かなりの努力をしていたと思われます。




但し、こういった運気にデビューし、大きく伸びたこと


更に、本人が自分の実力と勘違いした過ごしてきたことが


今回の件のベースにあり、更に事態が大きくなったのですが・・・





カリスマ性が勘違いを招く


カリスマ性を発揮することは、本来の自分自身を見失っている姿でもあります。


カリスマ性を発揮するほど、成功と引き換えに、勘違いモードは拍車をかけていきます。


このことを示していると思われるのが下記の内容です。


【2009年に個人会社を設立してから、2018年までの9年間

一度も期限内に納税をしていない。

無申告を繰り返し、そのたび指摘を受けてからの申告であった】




先に述べた

1・デビューした年に回っている星と「自分を示す星」が合致しているため


自分がいつでも変化出来る状態・自分が変化している状態となる。


このことが、状況を気楽に捉える思考となります。


その場しのぎ的な、軽い考え方をします。





「財を示す星」が表れていない宿命であること


財をコントロールする能力に欠ける宿命です。


財=お金に関することは、慎重になるべき宿命なのです。


また、財にこだわることで、財を手にすることは出来ても


長い目で見た場合に、運勢としてはマイナスとなります。


特に、宿命に無い星というのは、取り扱い注意です。





財の星が回っている運気でデビュー


デビュー当時の全体的な運気からは「財の星」が回っています。


このことがお金に対する執着が増す要因となり


名よりも実を取ることに。



「財の星」が表れていない者が、「財の星」が回ってくることで


今まで以上に、財に対する関心が高まることと


実際に財に関する出来事が多くなります。




デビュー当時の「財の星」からは


自分の将来に備えるための財であることが表れています。
(人才人体図から表れているため)


2億円ともいわれるマンションを現金で購入とのことから


今回の脱税は、自身のずさんさではなく


自覚の上で、意図的に行ったと見ます。





今の全体的な運気の流れからは


24歳から始まって20年間は「財の星」が回っていました。


44歳の誕生日からは「未来を示す星」が回っています。

(2019年4月の誕生日から今の運気に切り替わっています)


これまで20年間続いてた「財の星」は終わりを迎え


全体的な運気の流れが大きく切り替わる時は


大きな変化時期となります。




今の全体的な運気からは「守護神の星」の星が回っています。


「守護神の星」が回ることで、宿命本来の姿に戻す力が働きます。


本人がこれ以上、良くないことを続けられない状況を作り出します。


今月の運気でも「守護神の星」が回っています。


「守護神の星」が重なる時に、発覚することは珍しくありません。





カリスマ性を発揮することの怖さ


カリスマ性と聞くと、スゴイとかいい感じといった印象があるかもしれませんが


履き違えると、大きな勘違いや思い上がりとなることも・・・


特に、カリスマ性を持つ宿命の者や


後から回ってくる運気でカリスマ性を発揮出来る場合

(この運気は誰しも回っていきます)



自分が勘違いモードになっていないか


調子に乗っていないか


我に返って立ち止まることです。





★ 宿命から表れている自分への審判 ★


自分を取り巻く事態が、もうどうにもならないと判断した場合


自分に対し、厳しい審判を下すことが宿命から表れています。


「厳しい判断」とは、具体的にどういったモノであるのか


ここでの表記は控えます。


★に関する占術的な教示は、個人レッスンにて承ります。
下記の問い合わせからお願いいたします。

鑑定の御案内

天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを

ロバミミ電話占い

ココナラ電話占い

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス 

天中殺鑑定 

大運天中殺鑑定


NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

ツイッター 




個人鑑定はこちら

 

ムロツヨシさん「大運天中殺」「天将星」「自分が変化しやすい星」



ムロツヨシさん 1976年1月23日生

現在「大運天中殺」


「大運天中殺」とは、不安定な運気です。

36歳から始まって20年間続き、56歳の誕生日に明けます。現在43歳。


「大運天中殺」であることが

全てダメ・よろしくないということではありません。


むしろ、自分自身の枠を超えて大きく伸びる可能性も秘めています。


しかしながら「大運天中殺」は

自分の欲望が絡んでくると、むつかしくなってきます。



「大運天中殺」で表れていること

今の前半10年間の「大運天中殺」からは

仕事・結婚・人間関係に作用が表れています。


仕事が伸びた場合は、自分自身の枠を超える可能性大。


結婚については、結婚そのものにこだわると失敗の可能性大。


結婚相手に相応しくない相手を選ぶ可能性大。


人間関係については、こだわりが強くなるほどに

自分が求めている関係性を構築することがむつかしくなること。


相手に対して自分から求めていかない方が望ましい、といった運気です。





自分自身が変化しやすい宿命


「自分を示す星」が他の星と合致して別の星に変化しています。

このために、もともと自分自身が変化しやすい宿命です。


(以前に取り上げたピエール瀧容疑者とこの点は共通しています。このことが必ずしも問題となって現れるのではありません。)


二つの星が合致して、別の星に変化することを「虚気」といいます。


「虚気」には、モノを生み出す作用があると考えます。


また「虚気」の持つ作用が、本来の自分の持つ実力以上の才能や能力を発揮することにもなります。


しかしながら、一方で本来の自分でないことに違和感を感じないといったことも出てきます。


自分自身が「虚気」であることを認識しているかどうかを

「算命学」ではとても重要に捉えます。




「天将星」の宿命であること

「天将星」とは、字の通り自分がトップに立ちたいという思いが強い星です。


この思いが若い頃の苦労の下支えともなります。
著名人・芸能人・スポーツ選手など、「天将星」を有するの宿命が多いです。



例えばですが、実際に地位を持ったり、そのことで自分自身が勘違いを起こすと

この「天将星」の持つ作用が陰転して現れてくることがあります。


陰転とは、本来その星が持つ反対の質が現われることです。

つまりは、偉そうな態度を取る・裸の王様になる、などです。


「天将星」が調子に乗ると、強気な性質であることから

とどまることを知らず、周りは手が付けられない状態となります。


ムロツヨシさんの宿命及び今の運気の状態からは

「大運天中殺」の運気であること・自分自身が変化しやすいこと

「天将星」を有することが、ちょっとしたことで足元を掬われることになるおそれアリと見ます。


特に、「大運天中殺」「天将星」であることは、事がとても大きくなる要素を持ちます。



「大運天中殺」という、自分の力の及ばないところがある運気の時に

俳優としての確たる地位を得られたのであれば


欲を出さずに、目の前のことを淡々とこなしていくことがよろしいかと思います。


「大運天中殺」の過ごし方が、「大運天中殺」が明けた後に大きく影響を及ぼします。



★ 占術に関する質問はお受けしておりません。


ココナラ電話占い https://coconala.com/pservices/503254


ロバミミ電話占い http://roba3.com/expert/id159 


あなたの宿命からの姿を鑑定 https://coconala.com/services/500829


「算命学」が考える結婚相手を見極める方法 https://coconala.com/services/513209


NPO法人 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/


NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN(キャピン) http://www.capinew.jp/


ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei