田村正和さん 宿命中殺 デビューは大運天中殺

 

田村正和さん 1943年8月1日生まれ「午未天中殺」

 

デビューは「大運天中殺

1961年 18歳の時、松竹大船と専属契約。

「大運天中殺」といって、不安定な運気でした。

あと1年先であれば「大運天中殺」は明けていました。

更に、この運気では「自分を示す星」が変化することで

カリスマ性を発揮出来ると占います。

俳優にとって、このことは強みになる→人気を押し上げます。

 

フリーになったのは、1966年で「天中殺」こちらも不安定な運気でした。

「天中殺」でフリーになることは

先の「大運天中殺」で、デビューが少なからず関係していると占います。

 

「大運天中殺」について

全体的な運気の流れを「大運」といいます。

「大運」は10年間続きます。

一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といいます。

この「初旬」が「大運天中殺」といって不安定な運気でした。

 

「初旬」とは、誰しも人生の中で最も影響を受ける大運です。

「初旬」においては、人生の基礎や土台が形成されます。

田村さんは、初旬が「大運天中殺」である宿命です。

 

「初旬」に「大運天中殺」が回る宿命の者は

多くを求めすぎると、望まない方向へ引っ張られる力がより強く働くと占います。

 

特に、「初旬」に「大運天中殺」が回る宿命の者は

人生全般において、求められる生き方・心の持ち方があります。

デビューが「大運天中殺」であったから、人気を得たとも占います。

 

初旬が「大運天中殺」となっていることで

他にも押さえておくべき重要なことがあります。

 

初旬が「大運天中殺」を持つ宿命(ごく一部)

森尾由美さん・紗栄子さん・あいみょんさん・岡村隆史さん・堀ちえみさん・ヒカキンさん・浅野忠信さん・澁野日向子さん・宮里藍さん・高見沢俊彦さん・高良健吾さん・前田敦子さん・神木隆之介さん・渡辺謙さん・瑛太さん・仲邑菫さん

 

偏りのある宿命であること

同じ星が宿命全体の6割を占めています。

割合としては、かなり多い方です。

このことだけでも、普通一般的な生き方は向かないと占います。

 

「宿命中殺」が存在する宿命

「宿命中殺」とは

表れている星がもともと不自然な状態を意味します。

田村さんの持つ「宿命中殺」のタイプからは

・決まったワクに収まることを嫌う

・これまで当たり前とされてきた考え方や、技法を越えることが出来る

・自分が伝えたいという思いが、非常に強くなるため

演技や役者としての生き方に強いこだわりを持つことになる

 

 

大きな転職時期が表れていたこと

全体的な運気の流れを「大運」といいます。

田村さんの場合は、59歳から大きな転換期が表れていました。

(59歳から始まって10年間続く運気)

このように「大運」から大きな転換期が表れている宿命は

これまでの人生とは、異なる生き方が求められます。

 

西城秀樹さんも同様のことが表れていました。

西城秀樹さん・その2

 

既にお墓を購入していたこと

生前に自身のお墓を購入していたとのこと。

これを「寿陵」と言うそうですが

このことは「宿命中殺」の作用によるところです。

「宿命中殺」の中でも「寿命中殺」を持つことで

自分の寿命や幕引きに対して、自身で形をつけておきたいという思いになるからです。

おそらく、身辺整理なども以前からされていたのではないかと占います。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


運勢が下降してくると「天中殺」に呼ばれることも… 自分の運勢を下げない生き方とは

 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    川口春奈さん デビューは天中殺+カリスマ性発揮の運気 宿命中殺

     

    川口春奈さん 1995年2月10日生まれ「戌亥天中殺」

     

    活動開始は「天中殺」

    「天中殺」は、不安定な運気を意味します。

    当時の「天中殺」からは「夫を示す星」に、近い星が回っています。

    夫運が犠牲になること→結婚相手及び結婚において或る条件が必要になること。

    もしくは、独身でいることで今の仕事運が保たれると占います。

    石田ゆり子さん 活動開始と事務所設立は天中殺 現在大運天中殺

     

    活動開始は、カリスマ性を発揮出来る星が回っていた

    活動開始の2007年の運気からは、自分が自分以外の者になれる運気

    これをカリスマ性を発揮出来る運気といって

    努力によっては、実力以上の力を発揮出来ると占います。

     

    「天中殺」と、カリスマ性を発揮出来る運気とが重なったこと

    これらが、川口春奈さんのベースにあること。

    このことは、今の仕事を続けている間は作用すると占います。

     

    大河ドラマ代役として

    沢尻エリカの代役として起用。時代劇は初挑戦で、大河ドラマ初出演。

    起用された年は「天中殺の年」及び「「天中殺の月」

    2019年12月3日撮影を開始。

    2019年己亥年は、「天中殺の年」

    12月は、月ごとの運気で「天中殺の月」

    3日は、日ごとの運気で「天中殺の日」

    細かく記載したのは

    デビューした年が「天中殺」で、後に運勢が稼働し始めると

    その後も、繰り返し「天中殺」が絡んでくることが多いからです。

    実際の鑑定でも、こういったケースは稀ではありません。

     

    「宿命中殺」が存在する

    「宿命中殺」が存在することで、表れている星が不自然な状態となります。

    或る星が「宿命中殺」の作用を受けているため

    本来の自分自身を出したくても、上手く出せなくなります。

    このことが高じると、感情の起伏となって現われます。

     

    星同士のぶつかり合いが多い

    星が互いにぶつかり合っている姿が目立ちます。

    このことが意味するのは、心の葛藤です。

    感情が露になって、表に出ること。

    更に、「自分を示す星」は、高いプライドを意味する星であることと

    このプライドの星が6割も占めることから

    自身のプライドを保つことは、とても大変であると占います。

    このことがよろしくないと、言っているのではありません。

    こういった宿命からの姿を、自分自身が消化していくことが重要です。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


    運勢が下降してくると「天中殺」に呼ばれることも… 自分の運勢を下げない生き方とは

     算命学が考える子どもがいない結婚について

    スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

     

    鑑定の御案内

    ココナラ宿命鑑定

    宿命鑑定 ベイス

    天中殺鑑定

    大運天中殺鑑定

     

    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

    NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

    ツイッター

    このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


    個人鑑定はこちら

      佐藤健さん 戦いの神の星 結婚が重要

       

      佐藤健さん 1989年3月21日生まれ「戌亥天中殺」

       

      活動開始の運気からは、カリスマ性を発揮出来ること

      こういった運気が、活動のベースになっていると占います。

       

      「自分を示す星」は、【戦いの神】と言われる星で

      この星は、男性の方が消化しやすい星です。

      時代劇の立ち回りや、アクションに向いていると思います。

       

      「パートナーを示す星」からは

      母性を感じられる女性や、しっかりした女性に惹かれやすいと占います。

      また、母親が気に入る相手であるかどうかもポイントに。

       

      パートナーに対しては、自分を合わせようとする人と占います。

      このことが良いするのは

      様々意味で、妻からの影響を受けるところが大きくなること。

      結婚した方が運勢が上がる宿命です。

       

      全体的な運気の流れからは、結婚しやすいと占います。

      (26歳から始まって、20年間続く運気で鑑定しています)

      しかしながら、結婚を勧められる運気ではありません。

      (結婚しやすい運気が、結婚に適しているとは限りません)

       

      何かを行う時や決める際には、強引なやり方はしない人

      ソフトなやり方をする人と占います。

       

      財を求める生き方よりも

      名誉を守る生き方が宿命からの姿です。

      名誉をしっかりとしたモノにするためには

      結婚が必要となる宿命です。

       

      『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

      ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

       

      スタンドエフエム始めました 音声配信

      note 結婚相手を選ぶ際に重要なこと

       

      NPO法人 犬と猫のためのライフボート

      NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

      ツイッター

       

      この記事が参考になった方へ

      龍メイOFUSE


      個人鑑定はこちら

        関口雄飛さん 天将星ダブル カリスマ性 宿命中殺 来年から天中殺

         

        関口雄飛さん  レーシングドライバー

        1987年12月29日生まれ「寅卯天中殺」

         

        「天将星」といって、最大のエネルギーを持つ宿命。

        性格的に非常に強い面を持ちます。

         

        「天将星」が二つも存在することからは

        相当な気の強さ、物凄い粘り強さが出ると同時に

        自分が置かれた立場によっては、ビッグマウスにもなると占います。

        「俺、凄いな違うな」

        「誰にも負ける気がしない」

        アグレッシブな走りと言われているとのこと。

        イケイケ男と呼ばれていることも頷けます。

         

        「天将星」は、一つ存在するだけでも消化が大変です。

        二つも存在することで、もともと備わっている大量のエネルギーを

        どのように消化していくのかが、生涯において重要になります。

        普通一般的な生き方では、エネルギーは消化しきれません。

        エネルギーが強ければ強いほど、エネルギーの消化が求められます。

         

         

        ~実際の鑑定から~

        「天将星」を持つ御依頼者様ですと

        こちらも、それ相応のエネルギーを必要とされます。

        いかにエネルギーの消化がむつかしいかということを

        鑑定を通じて、多々感じられます。

         

        強いカリスマ性を発揮出来る可能性があります。

        カリスマ性を持つことで、虚像になれる

        自分以外の者になれる可能性を意味します。

        このことと「天将星」が重なることで

        「俺、違うな凄いな」という言葉に、更に強さが加わり

        テレビ取材に臆面もなく出てきます。

        表れている星を見る面白さが、感じられる瞬間です。

         

        女が天将星を持つということ

         

        「宿命中殺」が存在する宿命です。

        この「宿命中殺」を持つと、人に使われることに強い抵抗を感じます。

        更に、「天将星」ダブルですから、尚更です。

         

        来年と再来年は「天中殺」。

        (寅卯天中殺 2022年2月節分から2年間)

        まだ先と、思われる方もいるかもしれませんが

        来年から「天中殺」であると

        既に、このくらいの時期から話題に乗ることが多くなります。

         

        藤井フミヤさん 宿命中殺 来年から天中殺

         

        『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

        ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

         

        スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

        龍メイnote 遺産相続について

        鑑定の御案内

        算命学お悩み相談

         

        NPO法人 犬と猫のためのライフボート

        NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

        ツイッター

         

        このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

        保護猫活動をしています。 OFUSE


        個人鑑定はこちら

          吉岡里帆さん デビューは天中殺で夫を示す星が

           

          吉岡里帆さん 1993年1月15日生まれ「辰巳天中殺」

           

          落ち着いた雰囲気を持つ星が表れています。

          表面的な自分と、内面的な自分をしっかりセパレート出来る人。

           

          星の状態からは「自分を示す星」を取り囲むように

          同じ質を持つ星が、パーティションを作っている姿です。

          このことが見せる自分と見せない自分とを、完全に演出出来ると占います。

           

          パーティションとなっている星というのは

          「攻撃本能・陽の星」といって、男性的な質を持つ星で

          負けず嫌いでプライドがとても高く、ハッキリした性質を見せます。

           

          デビューした2013年は、「天中殺」で「仕事を示す星」が回っていました。

          更に、「天中殺」で回っている星は、「夫を示す星」でもあります。

           

          全体的な運気の流れからは

          自分が自分以外の者になれる→虚像になれる運気でもありました。

           

          虚像になれる運気とは、本人の努力によってはカリスマ性の発揮に繋がること

          このことが、ワクを越えるように人気を押し上げていくとも占います。

          虚像になれる宿命

           

          これらの運気の作用が

          今の吉岡里帆さんのベースにある、ということです。

           

          当時の「天中殺」からは、結婚と仕事運の両方が取れないこと。

          結婚については、夫らしい夫ではむつかしいと占います。

           

          言い換えると、夫らしくない夫であれば、話は違ってくること。

          夫運をしっかりさせたいのであれば、女優を引退することです。

           

          今年の運気からは、「パートナーを示す星」が回っています。

          星の状態からは、結婚してもおかしくない運気と占います。

           

          『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

          ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

           

          スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

          龍メイnote 天将星+日座中殺+生年中殺を持つ宿命とは

          鑑定の御案内

          算命学お悩み相談

           

          NPO法人 犬と猫のためのライフボート

          NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

          ツイッター

           

          このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

          保護猫活動をしています。 OFUSE


          個人鑑定はこちら

            藤原弘治氏 みずほ銀行頭取 宿命中殺

             

            藤原弘治氏 1961年6月29日生まれ「午未天中殺」

             

            「宿命中殺」が存在する宿命です。

            「宿命中殺」には、いくつかの種類がありますが

            藤原氏の「宿命中殺」には、改革といった意味合いがあります。

             

            企業や組織の改革には、手腕を発揮出来る「宿命中殺」です。

            言い換えると、企業にとって大きな改革が迫られていることで

            こういった「宿命中殺」を持つ者が、重要ポストに就くとも言えます。

             

            2月28日のシステム障害から言えるのは

            必要な改善がなされていないことは、周知のことですが

            1つ目の着目点は、当日は藤原氏の「天中殺の日」であったことです。

            2月28日の日運は丁未日。(午未天中殺)

            丁は藤原氏にとって「財を示す星」です。

            銀行で扱うモノはお金=財。

            単純に言うと、お金の取り扱いの弱点が露呈した。

            ニュースでは、全国の約80パーセントのATMが利用出来ないという

            稀にみる大規模な事態に至ったことも、「天中殺日」と切り離せないところがあります。

            「天中殺」の運気というのは、異常性を運んできます。

            日ごとの「天中殺」も侮れないところがあります。

            ★3月11日も「天中殺日」戊午日→海外送金のトラブルとのこと

             

            2つ目の着目点は

            藤原氏の全体的な運気である大運からは

            「社会を示す星」に、衝撃が表れていることです。

            大運で回る星と「社会を示す星」の激しいぶつかり合いを意味します。

            このことが衝撃的な出来事を招くおそれがあると占います。

             

            藤原氏の今の大運からは、虚像になれる状態が表れています。

            このことが意味することを2つ挙げますと

            ・問題解決などに力を発揮出来る

            ・相手や物事に対して気楽に考えすぎる

             

            虚像になれる宿命

             

            こういった問題は、まずは企業のトップの宿命から鑑定します。

            藤原氏の「宿命中殺」は、もともと「財を示す星」にも作用が表れています。

            今回の件からも鑑みると

            今後、システム障害を改善するには、かなりの労力と資金が掛かると占います。

             

            月ごとの「天中殺」は、6月と7月。

            まだ問題の根が残っている場合は、「天中殺月」に再び芽を出す可能性が高いと占います。

             

            藤原氏と同じ「宿命中殺」を持つ者が、経営陣に多くいる場合

            その企業を現状のまま存続させることは、むつかしいと占います。

             

            『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

            ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

             

            スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

            龍メイnote 遺産相続について

            鑑定の御案内

            算命学お悩み相談

             

            NPO法人 犬と猫のためのライフボート

            NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

            ツイッター

             

            このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

            保護猫活動をしています。 OFUSE


            個人鑑定はこちら

              山田真貴子氏 大運天中殺 月運天中殺 虚像になれる運気

               

              山田真貴子氏 1960年9月13日生まれ「寅卯天中殺」

               

              現在「大運天中殺」であること

              「大運天中殺」といって、不安定な運気。

              「大運天中殺」は52歳から始まっており、20年間続きます。

              (2021年2月現在60歳)

              2013年11月 女性で初の内閣総理大臣秘書官に就任

              「大運天中殺」に入った翌年でした。

              2015年7月 総務省情報通信国際戦略局長

              2016年6月 総務省大臣官房長

              2017年7月 総務省情報流通行政局長

              2019年7月 女性として初めて総務省次官級ポストの総務審議官(国際担当)に就任

              「大運天中殺」に入ってから、程なくして大きく伸びるという典型例です。

              伸びた場合、まず求められるのは調子に乗らないこと。

               

              今の「大運天中殺」から

              今の60歳から始まり、10年間続く「大運天中殺」からは

              「虚像になれる星」が回っています。

              更に、「大運天中殺」と重なることで

              いとも簡単に、虚像を作り出せることに…

              虚像は、自分自身を勘違いさせることにも繋がります。

              更に、「大運天中殺」であることからは

              より一層、脇が甘くなります。

              虚像になれる宿命

               

              今は「月運天中殺」でもある

              2月と3月は、月ごとの運気で「天中殺」です。

              2月の「月運天中殺」では、「仕事の星」が回っており

              3月では、「名誉の星」が回っています。

              これまでにおいて、仕事や名誉に関することで問題があると

              「天中殺」では、そのことが浮き彫りになってきます。

              今の仕事やポジションに対して、固執するほどに

              結果として名誉は遠ざかると占います。

              侮れない月運天中殺

               

              来年と再来年が「天中殺」ですが

              今の「月運天中殺」で、問題が起こることは

              来年からの「天中殺」の予兆でもあること。

              『天中殺は、留意した方がいい』という

              お知らせサインでもあります。

              そういったサインを受け取れるか否かで

              運勢は大きく違いを見せます。

               

              『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

              ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

               

              スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

              龍メイnote 遺産相続について

              鑑定の御案内

              算命学お悩み相談

               

              NPO法人 犬と猫のためのライフボート

              NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

              ツイッター

               

              このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

              保護猫活動をしています。 OFUSE

               


              個人鑑定はこちら

                高見沢俊彦さん 宿命中殺 初旬大運天中殺

                 

                高見沢俊彦さん 1954年4月17日生まれ「辰巳天中殺」

                 

                妻と子どもとの縁が薄い宿命です。

                (他にも縁が薄い人物がいます)

                実際に、結婚していないことで妻と子どもとの縁が薄いことが

                消化されることになる→宿命からの姿であると捉えます。

                 

                更に、実家との縁も薄い宿命ですから

                実家を離れ、実家を頼らず

                実家とは関連のない生き方をすること

                このことも宿命からの姿となります。

                 

                もし、結婚して妻と子どもがいて、家庭に恵まれていたら…

                このことは高見沢さんの宿命にとっては無理が掛かる

                つまり、運勢のダメージになると占います。

                 

                算命学はこのような捉え方をします。

                世間一般の常識は、当てはめません。

                 

                高見沢さんの音楽の原動力は

                強い心の葛藤であることが表れています。

                葛藤が強い宿命の者は、自身の葛藤に潰されてしまうことも…

                 

                全体的な運気の流れを「大運」といいます。

                一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といいます。

                この「初旬」が「大運天中殺」です。

                 

                「初旬」とは、誰しも人生の中で最も影響を受ける大運です。

                誰しも子どもの頃に回ってくることからは

                「初旬」においては、人生の基礎や土台が形成されます。

                高見沢さんは初旬が「大運天中殺」である宿命です。

                このことが、今後の人生において或る重要な意味を持つことや

                求められる生き方や考え方というモノがあります。

                 

                同じく初旬が「大運天中殺」を持つ宿命人(ごく一部)

                あいみょん・岡村隆史・堀ちえみ・ヒカキン・浅野忠信・澁谷日向子・宮里藍

                 

                高見沢さんは、虚像になれる宿命でもあります。

                 

                『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

                ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

                 

                ~鑑定について~

                占い鑑定に対して、慰めや癒しを求めている方には添えません。

                客観的な見方が必要となる鑑定です。

                御依頼様の気付きへと繋がる鑑定を意識し、気持ちを向けております。

                 

                龍メイnote 「天中殺」の運気とコロナ禍について

                女が「天将星」を持つということ

                「天将星」を持つ女性が妻になると

                算命学・お子さんがいる離婚再婚について

                 

                龍メイnote 結婚相手を見極める方法

                スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

                鑑定の御案内

                算命学お悩み相談

                 

                ココナラ宿命鑑定

                宿命鑑定 ベイス

                NPO法人 犬と猫のためのライフボート

                NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

                ツイッター

                 

                このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

                保護猫活動をしています。 OFUSE

                 

                個人鑑定はこちら

                  虚像になれる宿命

                   

                  虚像になれる宿命の者がいます。

                  誰しも、虚像になれる質は持ってはいますが

                  この宿命を持つ者は、虚像を作り出せる能力に長けており

                  このことが能力発揮に繋がる宿命です。

                   

                  宿命の特徴としては

                  ・問題解決などに力を発揮出来る

                  ・相手との交渉力がある

                  ・カリスマ性を発揮出来る

                  ・自分の実力以上の力を発揮出来る

                  但し、これらの力を発揮するには努力が必要です。

                   

                  注意点として

                  ・本来の自分と虚像の自分との区別がつかなくなることがある

                  ・能力を発揮した場合、自分の実力のみと勘違いする

                  ・相手や物事に対して気楽に考えすぎる

                   

                  更に、この宿命には2つのパターンがあります。

                  自分が虚像であることに気が付く者と、気付かない者。

                  後者の者は気付かないため

                  調子に乗ると、止まらなくなるおそれがあります。

                   

                  能力の発揮の仕方やタイミング、今の運気によっては

                  運勢が上がることもあれば、この反対も然りです。

                  虚像が進み過ぎることでのリスクがあると

                  算命学では考えます。

                   

                   

                  ~鑑定ボヤキ~

                  虚像になれる宿命を持つ御依頼者で

                  電話鑑定終了後、メールにて

                  「〇〇が△なのは、どういうことか。」

                  「聞き取れなかったので教えて欲しい」と。

                  私「電話鑑定ですので、再度の御依頼をお願いします」と断りました。

                  何せ、気楽に考える星の持ち主なので最初が肝心。。。

                   

                  『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

                  ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

                   

                  スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

                  龍メイnote 遺産相続について

                  鑑定の御案内

                  算命学お悩み相談

                   

                  NPO法人 犬と猫のためのライフボート

                  NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

                  ツイッター

                   

                  このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

                  保護猫活動をしています。 OFUSE


                  個人鑑定はこちら

                     

                     

                     

                    LiSAさん 宿命中殺 天将星アリ カリスマ性を発揮出来る運気

                    LiSAさん  1987年6月24日生まれ「寅卯天中殺」

                     

                    「宿命中殺」が存在する宿命

                    2008年当時21歳、母親の反対を押し切って岐阜から東京へ上京。

                    このことがLiSAさんの持つ「宿命中殺」の消化が始まることになります。

                    「宿命中殺」の中でも、両親との関係性に作用が現れる「宿命中殺」で

                    このタイプの「宿命中殺」を「親中殺」といって

                    LiSAさんから見た場合に、両親との縁が薄くなります。

                    このことを消化するベストな形は、両親の元から離れて生きていくことです。

                     

                    上京するまでにも苦労があり、上京してからも布団があるだけで

                    冷蔵庫も洗濯機も無い生活だったようです。

                    両親の元から離れて生きていくことは、現実的にも精神的にも頼らないこと。

                    このことがLiSAさんの持つ「宿命中殺」を活かすことになります。

                    更には、「天将星」の消化にも繋がります。

                     

                     

                    「天将星」を持つ宿命であること

                    ブレイクする前は、かなりの苦労があったと記事がありました。

                    朝から夜まで3つのアルバイトを掛け持ちし、空いた時間に音楽活動に取り組んでいたとのこと。

                    寝る間も惜しんで、自分の目指すモノに対してエネルギーを注ぐ姿は

                    正に「天将星」を持つ宿命であり、「天将星」の持つ強いエネルギーが消化されます。

                     

                    苦労の分だけしっかりと根付き

                    年月を経て、大きな花を咲かせるのが「天将星」の姿。

                    「天将星」には、どうしても苦労が必要になるのです。

                    (例外となるケースもあります)

                     

                     

                    メジャーデビューは「天中殺」

                    2010年 庚寅年 LiSAとしてメジャーデビューを果たす。

                    当時の「天中殺」からは「仕事を示す星」が回っています。

                    LiSAさんの強い想いが「天中殺」からは読み取れます。

                    理由は「天中殺」の運気というのは

                    これまで自分が強く願っていたことが、現実として叶ってしまう。

                    そういった作用を持つ運気だからです。

                     

                    しかしながら、「天中殺」であることに変わりはなく

                    『LiSA』として活動していくのであれば、このことを消化していくことが求められます。

                    その一つとして、調子に乗らないことです。

                    (他にもあります)

                     

                     

                    「宿命中殺」から表れている人間関係

                    友人・仲間との縁が薄いことが表れています。

                    (他にも縁が薄い相手がいます)

                    これは、LiSAさんから見た場合に言えることです。

                    LiSAさんとしては、友人や仲間とは一線を置いて関係を持つこと。

                    そういったスタンスでいることが宿命からの姿。

                    このことで、寂しさや苦労があったとしても、クリアしていくことが

                    「宿命中殺」を消化することになります。

                     

                    このタイプの「宿命中殺」が消化されていると

                    周囲との人間関係をセパレートすることに抵抗を感じない

                    むしろ、弧を楽しむ気持ちが生まれてくるのではないかと思います。

                     

                    【鑑定小話】

                    同じ「宿命中殺」を持つ依頼者から『私は、孤独になるのですか?』と尋ねられることがありますが

                    おそらく、鑑定を受けても「宿命中殺」であることを受け止めきれない。という感がします。

                    鑑定をしていて、とても残念に思うことです…

                     

                    カリスマ性を発揮しやすい運気にいること

                    全体的な運気である「大運」→10年間ごとに回る運気からは

                    自分の努力によって、強いカリスマ性が発揮されると占います。

                    (この「大運」は25歳の誕生日から始まって10年間→35歳の誕生日まで 現在33歳)

                     

                     

                    パートナー 鈴木達央さん 1983年11月11日生まれ「辰巳天中殺」

                    「天将星」が二つも存在する宿命です。

                    二つもと言うのは、「天将星」は一つでも消化するのが大変な星だからです。

                    強すぎるエネルギーと、生涯どう向き合っていくのか。

                    このことが大変である最大の理由です。

                    鈴木達央さんも「天将星」を持つことで、LiSAさんの「天将星」に対応出来ると思いますが

                    夫婦で「天将星」アリは、同時にぶつかることも…

                    もしも、互いにぶつかった場合

                    その時のエネルギーは、凄まじいモノになると見ます。

                    夫婦揃っての「天将星」については、次の機会に取り上げます。

                     

                    今年2020年1月に結婚。

                    LiSAさんから見た場合に、結婚はお勧め出来ない運気でした。

                     

                    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

                     

                    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

                    女が「天将星」を持つということ

                    「天将星」を持つ女性が妻になると

                    算命学・お子さんがいる離婚再婚について

                    龍メイnote 結婚相手を見極める方法

                    スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

                     

                    鑑定の御案内

                    算命学お悩み相談

                    ココナラ宿命鑑定

                    宿命鑑定 ベイス

                     

                    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

                    NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

                    ツイッター

                     

                    ブログをお読みくださりありがとうございます。

                    このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE

                     

                    個人鑑定はこちら