「寅卯天中殺」が明ける直前に

 

算命学では、明日からが2024年の始まり。

本日までは「寅卯天中殺」だった者が「天中殺」で

明日から新たな年運が始まり

「辰巳天中殺」の者が「天中殺」に入ります。

 

 

例えば

『自分は、今考えると「寅卯天中殺」だったから

この2年間、何かと良くない事が多かったのか』

と思い返している人がいるとします。

 

では、この人は「天中殺」が明けたら

もう、良くない事は起きないのでしょうか?

むしろ、運が上がる?

 

もし、そうなら

「寅卯天中殺」だった者、みんなが

明日以降、一斉に運勢が上がります。

 

 

運勢がダメージを受けることを、怪我に喩えて

「天中殺」の時に、骨折した場合と

「天中殺」でない時に、骨折した場合。

治りが良くないのが、「天中殺」。

(単純に「天中殺」であるか、ないかを比較しただけ)

 

 

運勢も同じ。

「天中殺」が明けたからといって

即、何かが良くなるわけではない。

 

もしも、「天中殺」で“怪我”をしていたら=運勢を下げていたら

明日になって「天中殺」が明けたら

怪我するの前の状態に、完全に戻れるのか?

 

「天中殺」で“怪我”をした人は

それなりに、リカバリーが大変になると占います。

 

「年運天中殺」は、再び12年後に

「月運天中殺」は、1年間のうち2カ月間

「日運天中殺」は、12日間のうち2日間

みな、同じように回ってきます。

 

算命学は、先のリスクを知り

個々の「天中殺」に見合う

回避方法をお伝えする占い鑑定です。

 

 

こちらの記事をご参照ください。

運勢が下がっている人ほど

「天中殺」で病気に罹ることが意味するモノとは

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

note 掲載

番外編:久しぶりにInstagramを更新した 或る男性芸能人の命式から

運勢が下がっている人ほど

「天中殺」で病気に罹ることが意味するモノとは

 

自分の大運天中殺が 相手の大運天中殺を呼ぶ

龍メイnote 運勢を下げない生き方とは

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

 

 

個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です