受け身でいることを良しとする宿命

 

「受け身でいること」

算命学では、流れや相手に任せるスタンスと捉えます。

こういった生き方が合う宿命の者がいます。

実際に様々な分野で

名をはせている人が大勢います。

 

 

ひとことで「受け身」といっても

どこまでが受け身で

どこまでが受け身でないのか。

実際の鑑定で、伝える際に難しいところです。

 

自分が生きていく上でどうしても削れないモノまで

失うことは、受け身ではない。

宿命にとって必要なモノを諦めることは受け身ではない。

これらのことをベースに伝えています。

 

それともう一つ、重要とされるスタンスがあります。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

 

算命学・宿命からの姿を鑑定・プレミアム版となります 自分の宿命に見合う生き方が、運勢をしっかりさせることに

 

 

占術編「吐き出すモノがないと生き辛くなる宿命の見方」

 

占術編「人体図にある星が消化されているかどうかが分かる運気」とは

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です