玉置浩二さん 同じ星が多く存在 カリスマ性を持つ宿命

 

玉置浩二さん 1958年9月13日生まれ「午未天中殺」

 

非常に偏っている宿命

宿命から表れている星に、偏りが見られます。

偏りとは、同じ種類の星ばかり多く存在することです。

星の種類は、全部で5種類あります。

宿命によっては、5種類表れる・3種類表れるといった感じに。

玉置さんは2種類しか表れません。

かなり偏りのある宿命、と捉えます。

 

この偏りを持つことが意味するのは

普通一般的な生き方では、宿命の消化はむつかしいこと。

偏った生き方をすることで、宿命は消化されますが

それでも消化していくには、相当の苦労を伴うこと。

ウィキペディアを眺めて、妙に納得しました。

 

カリスマ性を発揮しやすい宿命

算命学が考えるカリスマ性を発揮するとは、自分以外の者に成ること。

それは、自分のワクを超越すること。

実力以上の力を発揮すること。

 

ただ、そこには本来の自分の姿とは、違う自分が存在します。

そう、自分が自分のワクを越えているからです。

この差異に、生涯向き合い続けることになるのが

カリスマ性を発揮することです。

 

カリスマ性を強く発揮すればするほどに、本来の自分の姿から遠ざかります。

このことが意味するモノとは・・・

 

 

今年2021年の運気から(2021年の運気は 2022年2月3日まで)

自分の未来に対する想いが強まることと

これから音楽や歌で、どう伝えるかといったことに再び意識が向くと占います。

~補足~

算命学が考える未来とは、自分の将来的なことだけでなく

健康面や、自分の思いや考えを伝えることも含まれます。

 

宿命からの姿は

音楽活動が、ビジネス重視になることを嫌います。

音楽は、自身の尊厳を保つため。

派手なパフォーマンスが合う宿命です。

オーケストラとの共演は、派手さを出すには最高と思います。

そういったスタンスが合っている宿命です。

 

オーケストラと接点を持ったのは、6年前とのこと。

2015年は「天中殺」でした。

「天中殺」で持った接点は、自分にとって衝撃的なことになる可能性大。

そのことにこだわりが強くなるのも、分かります。

 

ただ、今後として見た場合に、自分がそのこととどう向き合っていくのか。

一つ言えるのは、無理はしないことです。

 

 

未来のことを歌っている歌よりも、過去に光をあてた歌の方が

玉置さんご自身は、しっくりくるのではないでしょうか。

玉置さんの歌詞からは、過去を置きざりにしないといった思いが感じられます。

それは、過去型の宿命だからです。

 

 

ディマシュ・クダイベルゲンさんの宿命と、玉置浩二さんの宿命には

大きな共通点があります。

互いが接点を持つこと・気が合うといったことは

そういった共通となる星が、モノを言います。

つまりは、共通点があるから互いを引き寄せるということです。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です