鑑定ボヤキ 普通の仕事に向かないことを伝えると

 

普通の仕事に向かない宿命を持つ者がいます。

特殊な能力を必要とされる仕事に向きます。

 

このことを依頼者に伝えると

「〇〇県に(地方に)住んでいるから、そんな特殊な仕事はありません。」

この言葉が耳に入った瞬間、私の中ではエンドマークが付いていました。

 

それ以降もやり取りは続きましたが、依頼者が一旦壁を作ってしまうと

壁を越えてこちらに寄って来ることは、まずありません。

 

これまでの自分の人生を否定されたと感じて、壁を作ったことは分かっています。

しかし、それでは算命学の占い鑑定を受ける意味がない。

自分の選択が、宿命から見て正しかったのであれば

50歳後半にもなって、仕事が定まらないことは無いと思うのです。

 

また、こういう宿命を持つ人に多く見られるのが

【経験を積み重ねていく生き方】が求められる宿命。

依頼者の命式を見て、妙に納得がいきます。

 

こんな時のワタシのボヤキ

「宿命からの姿→経験を積み重ねている生き方ではないですね。」とまでは、言えません…

ブログなので、書かせてもらいました。。。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』龍メイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です