岩崎宏美さん 大運天中殺を振り返る 結婚運NG 天将星アリ

 

岩崎宏美さん 1958年11月12日生まれ「午未天中殺」

 

過去に「大運天中殺」といって、不安定な運気がありました。

32歳から始まって20年間→1990年から20年間(52歳の誕生日まで)

(2021年6月現在62歳)

当時の「大運天中殺」からは

「パートナーの星」と「仕事の星」が回っていました。

 

「大運天中殺」で、再婚をしています。

「大運天中殺」でない時の再婚よりも、我慢が必要になると占います。

 

結婚運に関することを少し…(大運天中殺での再婚とは別に)

もともと結婚運としては、よろしくない宿命であることと

「天将星」といって、最大のエネルギーを持つ星が存在します。

女性が「天将星」を持つことで一つ言うと

結婚生活においては、全てのことを自分がコントロールしたい思いが非常に強くなります。

(実際にコントロールするか否かは別として)

 

こういった場合、これらのことを本人がどこまで自覚しているか。

更には、パートナーとなる男性自身の持つ意識も重要となります。

 

過去のブログ・女が天将星を持つということ

 

結婚運がよろしくないことに加えて、再婚は「大運天中殺」であったこと。

しかも、「大運天中殺」では「仕事の星」も回っていたことからは

結婚運と仕事運の両方は取れないと占います。

 

「大運天中殺」においては

2001年(43歳になる年)ポリープによる喉の不調により、摘出手術を受ける

2001年から甲状線疾患であるバセドー病と橋本病を併発

 

「大運天中殺」であるからといって、病気に罹りやすいということではありません。

ただ、「大運天中殺」でない時と、「大運天中殺」である時を比較すると

実際に病気に罹った場合、厄介なのは「大運天中殺」の方です。

更に、岩崎さんは「或る星」の存在により、病気に罹ると面倒になると占います。

 

もしも、自分自身が窮地に追い込まれた時

逃げ場を失いやすい宿命です。

こちらについての詳細は、ブログでの表記は控えます。

 

この見方・占術については、個人鑑定にて承ります。

☆ 人体図の基本的な見方が分かる方

☆ 多少、人体図の見方が分かるが習得したいという方に教示します。

(具体的な人物の宿命も合わせてお伝えします)

下記のフォーマットからお知らせください。

 

月ごとの運気からは、6月と7月は「天中殺月」。

今年の「月運天中殺」からは、健康運が回っています。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

note 女が「天将星」を持つということ

note「天将星」を持つ女性が妻になると…

夫や子どもに対してどういった感じになるのか

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター


個人鑑定はこちら

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です