田村正和さん 宿命中殺 デビューは大運天中殺

 

田村正和さん 1943年8月1日生まれ「午未天中殺」

 

デビューは「大運天中殺

1961年 18歳の時、松竹大船と専属契約。

「大運天中殺」といって、不安定な運気でした。

あと1年先であれば「大運天中殺」は明けていました。

更に、この運気では「自分を示す星」が変化することで

カリスマ性を発揮出来ると占います。

俳優にとって、このことは強みになる→人気を押し上げます。

 

フリーになったのは、1966年で「天中殺」こちらも不安定な運気でした。

「天中殺」でフリーになることは

先の「大運天中殺」で、デビューが少なからず関係していると占います。

 

「大運天中殺」について

全体的な運気の流れを「大運」といいます。

「大運」は10年間続きます。

一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といいます。

この「初旬」が「大運天中殺」といって不安定な運気でした。

 

「初旬」とは、誰しも人生の中で最も影響を受ける大運です。

「初旬」においては、人生の基礎や土台が形成されます。

田村さんは、初旬が「大運天中殺」である宿命です。

 

「初旬」に「大運天中殺」が回る宿命の者は

多くを求めすぎると、望まない方向へ引っ張られる力がより強く働くと占います。

 

特に、「初旬」に「大運天中殺」が回る宿命の者は

人生全般において、求められる生き方・心の持ち方があります。

デビューが「大運天中殺」であったから、人気を得たとも占います。

 

初旬が「大運天中殺」となっていることで

他にも押さえておくべき重要なことがあります。

 

初旬が「大運天中殺」を持つ宿命(ごく一部)

森尾由美さん・紗栄子さん・あいみょんさん・岡村隆史さん・堀ちえみさん・ヒカキンさん・浅野忠信さん・澁野日向子さん・宮里藍さん・高見沢俊彦さん・高良健吾さん・前田敦子さん・神木隆之介さん・渡辺謙さん・瑛太さん・仲邑菫さん

 

偏りのある宿命であること

同じ星が宿命全体の6割を占めています。

割合としては、かなり多い方です。

このことだけでも、普通一般的な生き方は向かないと占います。

 

「宿命中殺」が存在する宿命

「宿命中殺」とは

表れている星がもともと不自然な状態を意味します。

田村さんの持つ「宿命中殺」のタイプからは

・決まったワクに収まることを嫌う

・これまで当たり前とされてきた考え方や、技法を越えることが出来る

・自分が伝えたいという思いが、非常に強くなるため

演技や役者としての生き方に強いこだわりを持つことになる

 

 

大きな転職時期が表れていたこと

全体的な運気の流れを「大運」といいます。

田村さんの場合は、59歳から大きな転換期が表れていました。

(59歳から始まって10年間続く運気)

このように「大運」から大きな転換期が表れている宿命は

これまでの人生とは、異なる生き方が求められます。

 

西城秀樹さんも同様のことが表れていました。

西城秀樹さん・その2

 

既にお墓を購入していたこと

生前に自身のお墓を購入していたとのこと。

これを「寿陵」と言うそうですが

このことは「宿命中殺」の作用によるところです。

「宿命中殺」の中でも「寿命中殺」を持つことで

自分の寿命や幕引きに対して、自身で形をつけておきたいという思いになるからです。

おそらく、身辺整理なども以前からされていたのではないかと占います。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


運勢が下降してくると「天中殺」に呼ばれることも… 自分の運勢を下げない生き方とは

 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です