川口春奈さん デビューは天中殺+カリスマ性発揮の運気 宿命中殺

 

川口春奈さん 1995年2月10日生まれ「戌亥天中殺」

 

活動開始は「天中殺」

「天中殺」は、不安定な運気を意味します。

当時の「天中殺」からは「夫を示す星」に、近い星が回っています。

夫運が犠牲になること→結婚相手及び結婚において或る条件が必要になること。

もしくは、独身でいることで今の仕事運が保たれると占います。

石田ゆり子さん 活動開始と事務所設立は天中殺 現在大運天中殺

 

活動開始は、カリスマ性を発揮出来る星が回っていた

活動開始の2007年の運気からは、自分が自分以外の者になれる運気

これをカリスマ性を発揮出来る運気といって

努力によっては、実力以上の力を発揮出来ると占います。

 

「天中殺」と、カリスマ性を発揮出来る運気とが重なったこと

これらが、川口春奈さんのベースにあること。

このことは、今の仕事を続けている間は作用すると占います。

 

大河ドラマ代役として

沢尻エリカの代役として起用。時代劇は初挑戦で、大河ドラマ初出演。

起用された年は「天中殺の年」及び「「天中殺の月」

2019年12月3日撮影を開始。

2019年己亥年は、「天中殺の年」

12月は、月ごとの運気で「天中殺の月」

3日は、日ごとの運気で「天中殺の日」

細かく記載したのは

デビューした年が「天中殺」で、後に運勢が稼働し始めると

その後も、繰り返し「天中殺」が絡んでくることが多いからです。

実際の鑑定でも、こういったケースは稀ではありません。

 

「宿命中殺」が存在する

「宿命中殺」が存在することで、表れている星が不自然な状態となります。

或る星が「宿命中殺」の作用を受けているため

本来の自分自身を出したくても、上手く出せなくなります。

このことが高じると、感情の起伏となって現われます。

 

星同士のぶつかり合いが多い

星が互いにぶつかり合っている姿が目立ちます。

このことが意味するのは、心の葛藤です。

感情が露になって、表に出ること。

更に、「自分を示す星」は、高いプライドを意味する星であることと

このプライドの星が6割も占めることから

自身のプライドを保つことは、とても大変であると占います。

このことがよろしくないと、言っているのではありません。

こういった宿命からの姿を、自分自身が消化していくことが重要です。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


運勢が下降してくると「天中殺」に呼ばれることも… 自分の運勢を下げない生き方とは

 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です