濱口優さん 宿命中殺 子どもと縁が薄い宿命

 

濱口優さん 1972年1月29日生まれ「子丑天中殺」

 

子どもと縁が薄い宿命

「宿命中殺」が存在します。

「宿命中殺」は、いくつかの種類がありますが

その中でも子どもとの縁が薄い「生月中殺」です。

(生月中殺の他にも、子ども縁が薄くなるケースがあります)

 

子どもと縁が薄い宿命でも、実際に子どもは生まれます。

(必ず生まれると申しているのではありません)

子育てにおいては、相当苦労すると占います。

子育てに苦労は当たり前、と言われる以上の苦労です。

 

 

「生月中殺」であること

このことが子育てにおいても様々なことが求められます。

その一つとして

自分の子ども、という意識を強く持たないことです。

 

野村萬斎さん 宿命中殺(生月中殺) 子どもとの関係

 

 

宿命から表れている不安定さ

「子どもを示す星」と「子どもの場所」が不安定となっています。

このことも、また子育ての苦労を意味します。

ここでの苦労とは、親の立場からだけのことを言っているのではありません。

(ブログではここまでの表記とします)

 

 

「天中殺」で生まれる子どもについて

自分の「天中殺」に、父親になった場合

こちらも濱口さんから見た時に、更に子どもとの縁が薄くなると占います。

「天中殺子」の子育ては

親である自分の物差しが、全くもって通用しないところが出てきます。

これは、子育ての時期を過ぎても当てはまります。

(自分の「天中殺」で子どもが生まれることには、或る理由があります

こちらについては、後日note有料記事での掲載予定)

 

自分の「天中殺」を知ることの意味

子どもが生まれたことに限らず

今の「天中殺」がどういった意味を持つ「天中殺」であるのかが

今後を占う際に、とても重要になってきます。

 

算命学が考える父親になる年齢

『高齢出産』は、女性に当てはまることですが

若い年齢で父親になることと、そうでないことの違いを

算命学では、かなり重要に捉えるところがあります。

 

 

「生月中殺」の深い内容につきましては

ココナラやベイスではお伝え出来ないところがあります。(サイトの規約上)

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

 

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です