有吉弘行さん 大運天中殺が子どもの星に…こういった運気での結婚

 

有吉弘行さん1974年5月31日生まれ「戌亥天中殺」

 

今は「大運天中殺」といって、不安定な運気です。

42歳から始まって、20年間続きます。

(2021年4月現在46歳)

 

「大運天中殺」での結婚と、そうでない時の結婚の違いは

これから始まる結婚生活で、乗り越えていかなければならない

ハードルの高さと、その数です。

 

46歳での結婚については

「大運天中殺」が始まる前の方が、運勢的には良かったことと

「大運天中殺」が始まってからの結婚となったことには

或る、理由が存在すること…

 

このことは、有吉さんに限って言っているのではありません。

主に、30代後半から40代にかけて「大運天中殺」が回っている宿命を持つ人で

実際に、「大運天中殺」に入る前に結婚に至らなかった人の

すべてに当てはまることです。

 

過ぎたことを取り上げても、仕方ないと思われる方もいるかもしれませんが

上記のことは、まだ間に合う年代の方へのメッセージです。

 

「大運天中殺」が回るかどうかを鑑定します。

 

「大運天中殺」では「子どもの星」が回っています。

このため、子どもとの縁が薄くなると占います。

このことが、必ずしも子どもが生まれない、と言っているのではありません。

子ども運が犠牲になることで、結婚運が安定する。

そういった運気での結婚と占います。

このことは、今の結婚生活が続いている間は、ずっと作用します。

子どもと縁が薄い宿命について

 

更に、「大運天中殺」では、健康・寿命といった星も回っているために

健康運がダメージを受けるおそれのある運気での結婚、と占います。

 

「大運天中殺」においては、「大運天中殺」に見合う生き方が求められます。

このことは、「大運天中殺」が回ってくる者すべてに当てはまります。

主夫・妻が年上であること

 

~実際の鑑定~

宿命鑑定の依頼者様の中に、多く見られるのが

今が「大運天中殺」・今年が「天中殺」

来年から「天中殺」・今が「月運天中殺」

この中のどれかが当てはまるケース。

こういった運気となることで、不安になり依頼に至る…

今、自分に差している運気を、感じ取っている証でもあります。

 

 

大運と年運からは、結婚運としては厳しいと占います。

(大運とは10年間続く運気。年運とは1年ごとの運気)

 

有吉さんと夏目さんの来年2022年の運気からは

「自分を示す星」とは、正反対の星が回ってきます。

 

このことが意味するのは

自分たちに差す「気」が味方をしないこと。

結婚早々に、二人にとって試練が回ってくると占います。

この運気を二人でどう乗り越えていくかが、気になるところです。

(厳密には、再来年もやや当てはまる)

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

天中殺の運気とコロナ禍について

「天中殺」の運気でコロナに罹った場合に言えることを記載しております。

この記事を有料としたのは、算命学に対してご理解頂ける方に提供したいと思ったからです。

noteにて販売しております。

 

コロナと同一「天中殺」について

主夫・妻が年上であること

自分の運勢を下げない生き方とは

算命学・お子さんがいる離婚再婚について

 結婚相手を見極める方法

 

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

保護猫活動をしています。 OFUSE

 

個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です