中村芝翫さん 天中殺で再び…

中村芝翫さん 1965年8月31日生まれ「子丑天中殺」
三田寛子さん 1966年1月27日生まれ「午未天中殺」

 

中村芝翫さん現在「天中殺」

現在「天中殺」といって不安定な運気で

更に、月ごとの運気でも「天中殺」です。

(子丑天中殺→2020年2月節分から始まって2年間)

(月運天中殺→毎年1月と12月)

 

2020年9月にも取り上げましたが

結婚の運気からは、三田さんが「天中殺」であり

当時の「天中殺」では「夫を示す星」が回っていました。

これを「夫中殺」での結婚といいます。

 

このことが意味するのは

三田さんから見た場合に、夫の運勢がダメージを受けることで自分の運勢が救われる。

自分の運勢と、夫の運勢の両方は取れない運気での結婚と占います。

(結婚した時の運気は、結婚が続いている限りずっと作用すると考えます)

 

「天中殺」で結婚をする理由と「天中殺」で結婚した場合に求められることとは

自分の結婚運と相手の結婚運はリンクする

 

芝翫さんの今年の運気

芝翫さんの今年の運気からは、妻以外の女性を示す星が回っています。

更にこの星が示すことは、色情に関する問題です。

 

このことと「天中殺」が重なっていることから、今回の女性問題はより厄介なことになると占います。

「天中殺」の運気は、起こった問題を大きくさせます。

(月ごとの運気でも「天中殺」であることも大きくさせる要因となる)

 

理由は、「天中殺」が様々な意味で読めない運気だからです。

「天中殺」で起こした問題は、自分の運勢にダメージを与えることに…

前回の時とは異なり、復活するにはかなりの時間と労力が掛かると占います。

 

同じ不倫問題でも、本人のその時の運気の状態によって、世間に与える影響は違ってきます。

(もちろん本人の宿命にもよるところもありますが)

 

芝翫さんは「天将星」が二つ

前回のブログでも記載しましたが、芝翫さんは「天将星」が二つも存在する宿命です。

(天将星とは、最大のエネルギーを持つ星で、性格的にとても強いモノを持つことになる)

 

「天将星」は、一つ持つだけでも消化が大変な星であるのに、二つも持っている宿命。

このことと、今回の件は無関係でないと捉えます。

理由は、二つの「天将星」を消化していくことは、非常に困難だからです。

この困難が本人にとってストレスとなり、不倫へと向かうことにもなりかねません。

 

中村芝翫さん 三田寛子さんの影に隠れるとは

 

天中殺の運気とコロナ禍について

「天中殺」の運気でコロナに罹った場合に言えることを記載しております。

この記事を有料としたのは、算命学に対してご理解頂ける方に提供したいと思ったからです。

この続きはnoteにて販売しております。

コロナと同一「天中殺」について

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

 

龍メイnote 「天中殺」の運気とコロナ禍について

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

算命学・お子さんがいる離婚再婚について

龍メイnote 結婚相手を見極める方法

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

保護猫活動をしています。 OFUSE

 

個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です