新庄剛志さん 天将星 天中殺 宿命中殺

 

新庄剛志さん 1972年1月28日生まれ「子丑天中殺」

 

トライアウトから見えてくるモノとは

「天将星」といって、最大のエネルギーを有する星が存在する宿命。

この星を持つことで、粘り強さや違う言い方をすれば、諦めの悪さが出てきます。

過去に似たようなケースで、マツチナ・ナブラチロワさんが引退後に現役復帰しました。

彼女も「天将星」を持つ宿命です。

 

 

「天将星」の持つ強みでもあると同時に、この星の消化には苦労を伴うことに。

『自分が心から納得出来ないと前に進めない』という質が

自分自身を駆り立てるのだと思います。

(前回の加藤茶さんと同様に、新庄さんもマイルドな方の「天将星」)

 

 

 

今年と来年は「天中殺」といって不安定な運気

今回の「天中殺」からは、「未来を示す星」が回っています。

この星が回ることで、未来に向けてより一層の意気込みを見せると占います。

 

記事からは「1年前から現役を目指す」と宣言していたとのこと。

「天中殺」の運気は今年2月節分から入っていますが、前倒しで入ることも多々あるため

故に、去年から「天中殺」の作用を受けていたと思われます。

だからこそ、こだわり続けることが出来たのかもしれません。

 

 

「宿命中殺」の中でも「生月中殺」であること

「宿命中殺」とは、表れている星が普通でなくなることを意味します。

このタイプの「宿命中殺」は、身体能力において異常性を発揮することがあります。

 

例えば、普通では考えられないような意表を突くプレー・独特のフォームを確立するなどです。

(錦織圭選手も同様の「宿命中殺」を持ちます)

 

 

「宿命中殺」から表れていることの一つとして

自己顕示欲の強さを示す星が表れているのですが、この星が「宿命中殺」の作用を受けることで

新庄劇場と言われるパフォーマンスに繋がっていったと思われます。

つまり、自己顕示欲プラス「宿命中殺」→自己顕示において異常性が出てくるということです。

 

 

月ごとの運気から

12月と来年1月の月運からは

「自分を示す星」とは「正反対の星」が回っています。

このことが意味するのは、ズバリ変化です。

これまでの生き方を変える必要がある場合、ストップが掛かるような出来事が起こると占います。

(この作用は、特に12月に強く表れており、来年1月にも表れています)

「正反対の星」が回ることについては、MISIAさんのときにも取り上げています。

MISIAさん 今年の運気と今月の運気から

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 


龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

サポートをお願い出来ますでしょうか。保護猫活動をしております。

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。