宮崎謙介さん金子恵美さん 結婚運が良くない宿命

宮崎謙介さん 1981年1月17日生まれ「辰巳天中殺」

金子恵美さん 1978年2月27日生まれ「子丑天中殺」

 

二人共に結婚運が良くない宿命

 

結婚運が良くないことを消化していくことが求められる宿命です。

このことと、夫の不倫は無関係でないと捉えます。

(宮崎謙介さんのことをかばっているのではありません)

結婚生活が上手くいかない場合、そのことを相手に非があると思ってしまうと

結婚運が良くないことは、いつまで経っても消化されません。

消化されない場合、形を変えて消化していくことになると占います。

 

【自分が結婚運が良くない宿命であることで、結婚運が良くない宿命の者と結婚する】

これは、特に稀なケースではありません。

なぜ、そういう相手を選ぶのか。

それには、算命学としての或る理由があります。(こちらは個人鑑定にて)

 

宮崎謙介さん「大運天中殺」

政界入りも結婚も「大運天中殺」といって、不安定な運気です。

更に、経営コンサルティング会社も起業。

政治家としては失敗ですから

「大運天中殺」で、自分の運勢にダメージを与えたことに。

 

結婚については、大人しくしていることが望ましいところです。

不倫問題も、運勢にとってはダメージです。

「大運天中殺」が明けるまで、あと6年と少し。

今後も、文春さんが喜ぶ出来事を提供してくれるのではないでしょうか。

 

金子恵美さんから見た 宮崎謙介さん

金子さんの宿命から表れている星が、宮崎さんの宿命の中に表れています。

このことが意味するのは

金子さんからすると、宮崎さんに自分の星が取り込まれている状態。

金子さんは、宮崎さんに自分を掴まれている。

つまり、金子さんは宮崎さんの言動について、大抵のことは許せてしまう。

そういった見方をします。

 

宮崎謙介さんから見た 金子恵美さん

「パートナーを示す星」となって表れている星が、金子さんの宿命から表れています。

具体的には、金子さんの宿命から見た「自分を示す星」です。

このことが意味するのは

宮崎さんからすると、金子さんは自分のパートナーだと強く感じる。

つまり、宮崎さんにとっては離れられないことに…

 

それなのになぜ?と思われるでしょうが

理由の一つは、女性の星が沢山存在するからです。

金子さんがいても、他の女性に目が向いてしまう。

他にも理由があり、それは金子さんの宿命から表れていることです。

更に、宮崎さんが「大運天中殺」であることもスルー出来ません。

 

金子恵美さん現在「天中殺」

今年と来年が「天中殺」「子丑天中殺」。

離婚はしないとのことですが、その方が賢明に思います。

「天中殺」で起こった問題であることからは

自身が受ける精神的なダメージは、相当なモノと思われます。

更に、お子さんが受けるダメージも、今年の「天中殺」からは強くなることが表れています。

(その時の年運によって、受けるダメージの強弱も違ってきます)

 

浮気や不倫については、本人の宿命が抱えているモノ以外に

相手の宿命からの作用も見ていく必要があります。

 

不倫をする原因は、何なのか?

当人だけの問題ではないところがある、というのが算命学としての見解です。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

算命学・お子さんがいる離婚再婚について

龍メイnote 結婚相手を見極める方法

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

ココナラ電話占い

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。OFUSE

 

個人鑑定はこちら

     

     

     

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です