スティーブジョブズ氏は精神タイプの宿命だった 精神性を示す星・現実性を示す星 


星には、精神性を示す星と現実性を示す星があります。


精神性を示す星が多い宿命の者は

ざっくり言うと目に見えないモノに惹かれる傾向があります。

精神性を活かす生き方が適している宿命であり

見えないモノに心惹かれ、価値を見出していくことが宿命として自然な姿です。



現実性を示す星が多い宿命の者は

ざっくり言うと、目に見えるモノに惹かれる傾向があります。

現実性を活かす生き方が適している宿命であり

見えるモノを手にしようとすることが宿命として自然な姿です。




現実性を示す星を多く持つ方が良いとか、優れているということではありません。




例:精神性タイプの宿命が、精神性を活かすことに倹約する生き方は

仮に預金は出来ても、運勢は切り詰められると考えます。


例:現実性タイプの宿命が、精神性を活かすことばかりに重点を置く生き方は

長い目で見た場合に、運勢としては下がると見ます。




また、その年に回ってくる星によっても変化が起こります。


例:もともと現実性タイプの宿命の場合。

その年に回ってくる星が、自分にとって精神性を示す星であるならば

精神性タイプの宿命の生き方をすることが望ましいです。


更に、全体的な運気の流れ(大運といって10年間続く運気)によっても変化してきます。


回ってくる星がもたらす変化によって、より精神性を活かす方がいいのか。

それとも、少し現実性を活かす方にシフトチェンジした方がいいのか。




精神性タイプの宿命か 現実性タイプの宿命か、それを知ると同時に

今の自分の運気の流れを知ることが、運勢を下げないために必要な情報です。



全体的な運気の流れが不安定となっている→

特に「天中殺」や「大運天中殺」である場合は

シフトチェンジの操作ミスを起こす可能性が高くなります。


鑑定の御案内


最もよろしくないのは

宿命に合わない活かし方で結果を出すこと。出し続けていくことです。

このような場合、人生の途中で大きなストップが掛かることがあります。

むしろ早い時期にストップが掛かった方が

これ以上の運勢の下降を食い止められるのですが。

 



この世は現実であり、目で見えるモノで動いているところが大きい

という考え方もあると思います。


実際問題、お金で解決出来ることも多いかと。



しかしながら、お金で全てをコントロール出来ないのが

人の運勢です。

運勢とは、健康運・仕事運・財運・結婚運・子ども運です。



スティーブジョブズ氏の宿命からは

すべて精神性を示す星が表れています。

このことと56歳で他界されたことを切り離して考えることは

算命学では出来ません。

鑑定の御案内


今回のタイトルから逸れますが

ipad発売 2010年1月は「天中殺」の運気で、スティーブジョブズ氏にとって

健康運が回っていました。

健康運と引き換えに、ipadは全世界に送り出されることになったと見ます。



『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ



個人鑑定はこちら




 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です