さくらももこ先生 デビューは「天中殺」

 

さくらももこ先生  1965年5月8日生まれ「子丑天中殺」

 

デビューは1984年 「天中殺」の運気です。

「子丑天中殺」で、子年と丑年が「天中殺」。

「天中殺」とは、不安定な運気を意味します。

 

「天中殺」では、或る意味で読めない部分を作り出す作用や

物凄く大きく伸びる可能性を持つ運気でもあります。

 

 

算命学では、物事が始まった時の運気というのを重要視します。

 

デビューが「天中殺」であることは、その仕事に携わっている限り

「天中殺」の作用を受け続けていくことになると占います。

 

 

「天中殺」で始めることの危うさとは

大きな成果を出すことで

場合によっては、その分だけ

見返りを求められると占います。

 

 

さくらももこ先生の当時の「天中殺」からは

「未来を示す星」が回っていました。

 

「未来を示す星」とは

自分にとっての未来→将来的なことももちろんですが

自身の健康や寿命も含めて捉えます。

 

 

デビューした時の運気が

健康運と仕事運が互いに引っ張り合う状態。

 

つまり、仕事で結果を出すほど、特に欲を出してしまうと

その分、自身の健康や寿命は

大きなダメージを受けると占います。

 

 

 

これまでにも「天中殺」「大運天中殺」に関することを挙げてきました。

同じような内容になっていますが

これから起業を考えている人・結果を追求している人に

「天中殺」「大運天中殺」の持つ意味を伝えたい思いがあります。

 

 

さくらももこ先生の宿命からは、「天中殺」でのデビュー以外に

「宿命が抱えるむつかしさ」というモノが存在しています。

 

 

さくらももこ先生のご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。