立派な男性には魅力を感じない女性

 

立派な男性に惹かれるというのは、一般論。

立派でない男性、ダメな男性

ダメンズを好きになる女性。

“或る星の作用”から見て取れることです。

 

男性を見る目がない。

 

 

誰が見ても申し分ない男性を見て

「カッコつけてるだけじゃない」とか

いちゃもんばかり言い出す。

 

「あの人、いい人だから仲良くなったら?」

なんて、周りから勧められたりすると

余計に跳ね返したりする。

 

自分の思いと行動が一致しない。

 

 

他にもありますが

この辺りにしておきますか…

 

 

こういう命式を持つ女性と結婚する男性は

どのようになると思いますか?

 

続きは、今後のメンバーシップで。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

 

 

宮田笙子選手 “無い星”を活かさなければならなかった

 

宮田 笙子選手 2005年9月24日生まれ「寅卯天中殺」

 

スポーツ選手に向いているとされる星

車騎星・牽牛星が存在しません。

こちらは陽占→人体図から見ています。

 

更には、陰占からも表れません。

陰占から表れないことが

今回のテーマのポイント。

 

 

車騎星・牽牛星とは

「名誉を示す星」でもありますが

【自分の果たすべき役割】という意味合いもあります。

 

宮田選手としては

自分の置かれた立場への理解というのが

おそらく出来ていなかったと捉えます。

 

自分の宿命に“無い星”が示していることを

一般常識として知ることは出来ても

心で理解することは、極めてむつかしい。

 

 

今回の占術に当てはまる話は

特に、珍しいケースではありません。

過去の政治家や著名人で

車騎星・牽牛星が無いことで

大失態をした人たちがいます。

 

 

宮田選手のように

オリンピック出場を決め

更には、体操女子主将という名誉を与えられ

自分の宿命に“無い星”を活かさなければならない時

計り知れないプレッシャーに

絶えず襲われ続けると占います。

 

算命学的な言い方をすると

【宿命に無理が掛かった結果が招いたこと】

(宮田選手を擁護しているのではありません)

 

 

宿命に“無い星”を活かす生き方よりも

“有る星”を活かす生き方を勧めます。

ただ、本人がそれを望むかどうかは別ですが。

 

 

2022年の「天中殺」で、二つのメダル奪取。

当時の「天中殺」では

「カラダに関する星」が回っていたことから

身体能力に異常性を発揮する可能性アリと占います。

つまり、自分の身体能力を超えた結果を出せる可能性がある。

結果、このこともプレッシャーを増すことに加担したのですが。

 

「天中殺」で出した成果というのは

後になってから、非情な結末を引き寄せることがあります。

 

 

“無い星”で成功している人は、沢山います。

ただ成功した姿だけを見て、判断してほしくない

そういう思いからもここで発信をしています。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

江上敬子さん ご長男出産は「天中殺」

 

江上敬子さん 1984年9月17日生まれ「子丑天中殺」

 

2020年 庚子年 ご長男を出産。

「天中殺」でした。

 

今回取り上げたのは、ヤフーニュースを見て。

ニッチェ 江上敬子さん

3歳息子が『足が痛い』『歩けない』『立つことも出来ない』 診断結果明かす

 

結論から言うと

「天中殺」で生まれた子どもは

何かと問題を抱えることが多いと占います。

常に、イレギュラー状態。

 

子育てに苦労は付き物。

ちょっとしたことで体調を崩す。

休診日に限って熱を出す。

挙げたらきりがありません。

 

そういった子育ての苦労よりも

もっともっと、多くの苦労を強いられる。

これが「天中殺子」。

(「天中殺子」以外にもある)

 

 

今回、伝えたいのは

なぜ「天中殺」で、子どもが生まれたのか?

「天中殺」で、生むことになったのか?

 

 

江上さんの背景からは

ご長男を授かるにあたり

34歳で不妊治療を始めたとのこと。

その約2年後に妊娠。

 

これらの中に、既に

「天中殺」で子どもを生むことになった理由が存在します。

ブログなので明言は控えます。

知りたい方は御依頼にて承ります。

 

 

 

子ども自身が

親の「天中殺」を選んで生まれてくることの意味。

 

その背景を作り出している親。

では、なぜそういった背景が作り出されたのか?

 

背景や起こった出来事

これらはすべて繋がっています。

そして、長く繋がっていきます。

 

「自分は、そういう運命だった」

それで片付けてほしくないことがあります。

 

 

~江上さんの宿命から~

仕事と子育ての両立について

こちらの見方も、今後のメンバーシップに掲載します。

 

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

プライドに敏感な宿命

 

タイトルに当てはまる宿命とは

「プライドを示す星」が

或る状態になっている者を指します。

 

 

誰しも、本能としてプライドを持ちますが

宿命によっては「プライドを示す星」が

表れる者と、そうでない者。

また、その表れ方は宿命によって様々です。

 

 

例えば

プライドに敏感な宿命の者が

妻からプライドを傷つけられるような

言葉を放たれると

それだけで、即離婚になることも…

(喩え、遠回しに言われたとしても)

 

妻としては、そこまでの思いでなかったが

受け取った夫にしてみたら

それは“終了”を意味します。

 

 

「プライドの星」に限らず

“自分の宿命から表れない星”のことは

苦手と言いますか

失敗も多くなると思います。

 

どうしてダメだったのか。

なぜ、理解してもらえなかったのか。

 

失敗を失敗で終わらせたくない人は

是非とも、算命学の扉を開けてみてください。

 

 

プライドを保てないと ダメな宿命

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

今回のテーマの占術も

追ってメンバーシップに取り上げます。

 

 

運勢のダメージをリカバリー

 

運勢が下がった時

下がってしまった運勢を

自分だけの力でリカバリー出来ればいいのですが…

 

 

自分と家族との間でも

常に、運勢の引っ張り合いは起こっています。

 

運勢とは

家族みんなで仲良く平等には

分け合うことが出来ないモノ。

そこに、互いの運勢の摩擦が生じてきます。

 

 

目に見えない運勢ですが

自分自身とは、どうしたって切り離せない存在。

 

とうに過ぎてしまった過去の出来事から

長く、運勢のダメージを受け続けていることもあります。

 

 

話が逸れ掛かってきましたが

自分の運勢が下がった場合

どうすること・どうなることで

リカバリーが出来るのか。

 

よく見聞きする出来事を例に挙げ

今月のメンバーシップで掲載します。

 

ブログ更新のお知らせはnoteから

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

強く願わない方がいい運気

 

多くの人が

何かしらの願いを持っているでしょうか。

 

その願いは

願わくば…という思いや

揺るぎない強い願望であったり…

 

 

運気の流れの例を二つ挙げると

強気でいってもいい運気と

そうでない運気。

 

 

強く願わない方がいい運気に

実際、その願いが叶うことが意味するモノとは?

その先にあるモノは?

 

 

 

今回の詳細な見方も

noteメンバーシップに掲載中。

noteメンバーシップ 参加費用1か月3000円

掲載記事は当月のみ。

翌月以降はマガジンに掲載。4000円

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

きれいな水として生きるべき者

 

清流や湧き水。

飲めるようなきれいな水。

これが宿命からの姿となる者がいます。

 

こういった水に

土が混じると

きれいな水ではなくなります。

 

宿命によっては

土が多く存在することも…

 

これが意味するのは、苦労であり

生き辛さでもある。

 

 

女命で

きれいな水の宿命の者は

特に、土を嫌います。

 

この土は

女性が“或る状態”となることで

カンタンに存在してしまいます。

 

自分では

何気なく行っていたことが

みずからの手で運勢を下げていく。

 

 

 

算命学を習得して

自分の運勢を下げるのは

ほんの些細なことと、知りました。

 

 

ブログで全てのことを記述しないのは

算命学の学びを与えてくれた朱学院への

私なりのリスペクトでもあります。

 

今回の詳細な見方は

noteメンバーシップに掲載中。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

 

子どもの運勢を親が食う

 

タイトルを見て

物騒と思われた人もいるでしょうか。

 

「子どもの運勢を親が落とす」

意味合いとしては、どちらも同じです。

 

 

算命学をある程度、習得すると

タイトルに当てはまる命式であったり

当てはまる親子関係が解ります。

 

更に、そこから

“望ましいとされる対処法”を見い出せます。        

 

 

重要なのは

客観的な見方。

感情が勝る捉え方の人には

算命学は向かないと思います。

 

 

 

自分の子どもの運勢が必要となる

親の生き方、というのがあります。

 

 

子ども自身の運勢を落とすことで

その分、親の運勢が伸びるとされる

宿命の者がいます。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』龍メイ

 

【鑑定の御案内】

一部、内容を追記しました。(質問に関する事柄)

 

「天中殺」での後始末

 

「天中殺」だから

すべてがダメ

問題ばかり起こる

なんだか、ずっとスッキリしない

ということではありません。

 

例えば

「天中殺」になってから

自分としては、やりたくないことが回ってきた。

 

それは、今までスルーしてきたことや

以前から分かっていながら、目をつぶってきたこと

そういったことの再来、の可能性大と占います。

(姿形を変えての再来もアリ)

 

今回ばかりは(「天中殺」では)

逃げずに受けた方がいいと占います。

 

理由は

「天中殺」では

受け身でいることが望ましいから。

 

 

自分が、やらかしたことの後始末も

受け身の姿勢と捉えます。

 

最もよろしくないのは

「天中殺」での悪あがき。

水原容疑者にもお知らせしたいところです。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

 

~2024年4月メンバーシップ掲載記事(一部)~

複数人で同じ目的を達成しやすくなるのは?(実例鑑定・或る競技選手2人と指導者の見方)

 

「子どもの星」の見方(高度な技法)前編と後編

 

もうその年代で、終活を始めることが意味するモノとは(或る番組を観て)

 

 

 

辛さの感じ方は 宿命によりけり

 

結論から言うと

辛さに強い宿命・弱い宿命。

どちらがいい・ダメの問題ではない。

 

みなと同じ状況下に置かれても

その人が感じる

辛さや、しんどさが違うのは

持っている星が違うから。

 

 

そのことを頑張り抜けない宿命の者が

無理して頑張る生き方を続けると

どうなるのか?

 

この反対も然りで

そのことに頑張れる宿命の者が

諦める生き方を続けると

どうなるのか?

 

 

その辛さとは

現実面からの辛さなのか。

精神的な辛さなのか。

両方、同じくらいなのか。

 

 

その宿命によっては

現実面での辛さには、強さを発揮出来るが

精神的な辛さには、厳しいとされる者も。

 

 

どういった環境で

どういう苦労を消化していくべきなのか。

 

 

自分が経験すること全てに意味がある、と

算命学では考えません。

背負わなくてもいい苦労もあります。

 

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

苦手克服しなくていい宿命

「寅卯天中殺」が明ける直前に

インプットが先で アウトプットが後→こちらが通常ですが

健康意識が高まる運気・もともと健康意識が高い人

飼い犬に手を嚙まれやすい宿命

水原一平さん解雇

その苦労は結婚が起因していることも

【有料記事のお知らせ】


noteメンバーシップ
メンバー様限定にて記事を公開