実際の鑑定① 鑑定結果を聞いた御依頼者の反応

 

実際の鑑定で

「宿命からは苦労を伴うこと、消化していくことがむつかしい」と伝えると

妙に納得する人・受け入れようとする人・やや不機嫌な感じとなる人

全く拒絶反応を示す人と、様々です。

 

この中でも特に拒絶反応を示す人は、宿命を見て納得出来ることが多々あります。

そういった宿命の例を挙げると

・むつかしさが表れている宿命→むつかしさとは宿命を消化することにより苦労を伴うことが表れている宿命

・星の持つエネルギーの強い宿命

 

更に、今の運気の状態というのもあてはまります。

運気としては現在、「天中殺」もしくは「大運天中殺」が圧倒的に多いです。

 

また、占い対して励ましや癒しを求めている

客観的な見方が出来ない・依存が強い依頼者にもあてはまります。

占いに対して、自分が何を求めるのかによって

占い師を選ぶ必要があると思います。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

辺見えみりさん 天将星・夫に財を求めるが

辺見えみりさん 1976年12月16日生まれ


 最大のエネルギーを有する星→「天将星」が存在する宿命


「天将星」を持つことで、家庭内でもエネルギーの強さを発揮します。


エネルギーの強さを発揮することで


全てのことを自分がコントロールしたいといった思いが強くなります。



パートナーや配偶者が「天将星」を持つ場合は


特に「天将星」の特徴を知ることがよろしいかと思います。


本人が「天将星」という星の持つ質をしっかりと消化しているかが重要となるからです。




夫を示す星には「財の星」が表れている


夫を示す星は「財の星」が表れているため、夫に稼ぎを求める思いが強まります。


 言い換えると、財力がない夫には魅力を感じなくなるということです。


更に、「天将星」という最大のエネルギーを有する星が加わることと

夫を示す星の状態から鑑みると

夫の稼ぎも自分がコントロールしたいという気持ちになること。


夫のお金も自分がコントロール出来ない場合


結婚生活が続けられなくなると占います。






もう一つ表れている「財の星」が中殺されている


宿命からは「財の星」が二つ表れています。


一つの「財の星」は、宿命中殺の作用を受けているため


「財の星」が中殺されることに。


このため「財の星」が不自然とか、不安定といったことが起こります。


ですから財に執着するほど、結果として財は思うように入らなくなります。


お金に対しては、地味に大人しくしている方が賢明な宿命です。



財を手に入れる際、かなり強引な手法を用いることが表れています。 





離婚歴があること


親の離婚は、子どもの恋愛運・結婚運に対しても


或る作用を及ぼすと「算命学」では考えます。 




親の離婚が子供の恋愛運・結婚運に及ぼす作用とは?

お子さんがいる場合の再婚についてお伝えします 親の離婚・再婚は、子どもの運勢にも作用すると考えます。




★ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。




算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄

鑑定の御案内

ロバミミ電話占い

ココナラ電話占い

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス 

天中殺鑑定 

大運天中殺鑑定


NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

ツイッター 


個人鑑定はこちら

     

    藤井聡太棋士 「宿命異常」「 宿命中殺」「天将星」

     

    藤井聡太棋士 2002年7月19日生まれ「午未天中殺」

     

    「宿命異常」を持つ宿命

    「宿命異常」の宿命は

    特殊な能力を発揮出来る可能性を持ちます。

     しかし「宿命異常」を持つ宿命の者すべてが

    特殊な能力を発揮出来るわけではありません。

    本人の生き方・本人を取り巻く環境

    両親の宿命なども影響します。

     


    「宿命異常」を持ちながら

    普通一般的な生き方であることや

    置かれた環境が「宿命異常」と合致していない場合

    特殊な能力が発揮されることは、まずないと占います。





    宿命異常となる条件の一つ「宿命中殺」が存在すること

    「宿命中殺」とは、宿命から表れている星が不自然な状態です。


    このことを喩えると

    星型がどこか欠けているとか、一か所が飛び出しているといった感じ。

     

    生まれながらにして、宿命として整っていないのが「宿命中殺」。


    このため、普通一般的な生き方であると

    宿命を活かすことがむつかしくなってきます。

     



    「宿命中殺」は、自分を取り巻く人物にも作用します。

    自分から見た場合に、縁の薄いが存在することに。


    藤井棋士の場合

    両親・きょうだい・友人・仲間・恩師・上司・先輩・目下・子ども

    これらの人たちとの縁が薄くなります。

    (宿命中殺は、前回の辻一弘氏でも取り上げています)


    藤井棋士の場合、父親か母親が棋士ではなかったこと

    将棋を始めたきっかけが両親でなかったことが

    藤井棋士の「宿命中殺」にとっては、都合が良かったと占います。

     


    更に、恩師とも縁が薄いことから

    恩師に恵まれない方が、むしろ本人の運勢にとっては望ましいです。


    自分の持つ宿命からの姿と、置かれた環境が合致した時に

    本人の宿命に備わっている能力は、最大限に発揮されます





    全体的な運気の流れからの特徴

    10年ごとに回ってくる運気を「大運」といいます。

    最初に回ってくる「大運」が大きく展開しています。


    喩えると、自分と運気が合致して

    更に、大きな姿になっているとお考えください。


    このことが子どもながらも大物に見られることになり

    自然と周囲からの期待を集める、といった状況になってきます。


    また、本人にとってこのことが

    俄然やる気や活力にも繋がってきます。

    しかしながらそれ故に、こういった前進力の強さが高じて

    ただ前に進むことしか出来ない、といった生き方になることも…


    つまり、もしも挫折した場合に

    考え方を変える・一時休戦・撤退という思考は

    一切、浮かばないということです。

     


    猪突猛進であり続けることが

    結果として、余りにも…

    (ここでの表記は控えます)



    宿命からの特徴

    表れている星同士が

    互いにぶつかり合う状態が目立ちます。


    このため、心の葛藤が激しくなります。


    自分の中から生じる葛藤とどう向き合っていくか

    葛藤をバネに出来るかが重要です。

     

    算命学・あなたの宿命からの姿を鑑定します 持って生まれた宿命を活かすことが、運勢をしっかりさせます。




    「天将星」の宿命であること

    「星の持つエネルギー」というのが、非常に強い宿命です。

    (辻一弘氏・大杉漣さんも「天将星」あり)


    本人の性格的には、とても気が強くしっかりしたモノを持つことに。

    粘り強さ・執着心・諦めないといった性質は、相当に強いです。

     


    「天将星」を消化するためには、自分がこれと思ったモノに対して

    徹底してどこまでも突っ込んでいく生き方です。


    自分を納得させられないままでは、いつまでたっても

    本当の意味で前に進めない。

    これが「天将星」だからです。

     

    こういった質を前面に出していくことが、宿命からの姿であり

    宿命として備わっている強いエネルギーを

    最大限に燃焼させていくべき宿命。

     



    長時間に及ぶ対局・移動時間・学業との両立

    これらをこなせるのも「天将星」を持つ宿命だから。

    (天将星の者が暇をしていると、コンディションに支障をきたす)

     



    今後としては、学業にもしっかりと取り組みながら

    棋士と両立させていくことが望ましいです。

     


    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

     

    ココナラ電話占い

    ココナラ宿命鑑定

    宿命鑑定 ベイス 

    天中殺鑑定 

    大運天中殺鑑定


    NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

     

    note 運を下げない生き方とは
    運は上げることよりも、下げないことの方が大切 
    結婚運とも無関係でないと考えます



    算命学・結婚における重要な事柄

    生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄

     

    鑑定の御案内

     

    個人鑑定はこちら 

      辻一弘氏 「天将星」「宿命中殺」

       

      辻一弘氏 1969年5月25日生まれ「辰巳天中殺」

       


      最大のエネルギーを有する星→「天将星」が存在する宿命
       

      「天将星」を持つことで

      自分が目指すモノに対して

      全力で、惜しみなく

      エネルギーを注ぐことが出来ます。 

      (「天将星」を持つ宿命の者が、みなこういう生き方を選ぶとは限らない)

       


      18歳の時、アメリカの特殊メイクの巨匠ディック・スミス氏に

      手紙を送り、アドバイスを受けながら独学で学んだとのことです。 


      当時はメールもなく、手紙で英語のやり取りであることから

      それだけでも大変だったと思います。 



      目指すモノを簡単には諦めない・しつこいくらいの粘り強さで取り組むことに


      惜しみなく、強いエネルギーを注げるのが「天将星」の強み。 


      現実面のむつかしさに思い切りぶつかりながら、一つずつ答えを出し


      自分自身の納得のいく生き方をすることが

      「天将星」を消化していくことになると占います。





      「宿命中殺」が存在


      宿命から表れている星が、もともと不自然な状態であることを

      「宿命中殺」といいます。

       



      辻一弘氏の「宿命中殺」は


      普通一般的な生き方であると

      宿命として、活かすことはむつかしいところが出てきます。 


      理由は、「社会の場所」が「宿命中殺」の作用を受けているからです。 


      「社会の場所」が不完全な状態であるために 

      型に嵌まらない生き方

      会社や企業からの見返りを求めないスタンスが合っています。

       




      辻一弘氏曰く


      『受賞よりも自分で作りたいものを作って、評価される方が喜びははるかに大きいし、価値もある。』


      賞を取ることは、名誉を手にすることですが

      宿命から「名誉の星」が存在しています。 


      しかし、「名誉の星」は「宿命中殺」の作用を受けています。

      このために「名誉の星」が不完全な状態となる→

      名誉名声に拘らない生き方が宿命からの姿です。 


      組織にしがらみを感じ

      自分が本当に作りたいモノを作れない虚無感が

      ハリウッド映画での仕事

      地位やキャリアを捨てる道を選ばせたのではないでしょうか。



      算命学・あなたの宿命からの姿を鑑定します 持って生まれた宿命を活かすことが、運勢をしっかりさせます。

       




      「宿命中殺」が「子どもの星」にも作用している


      子どもとの縁が薄いことを意味し、実際に子どもがいないことで

      この「宿命中殺」を消化している姿と捉えます。


      言い換えると

      子ども運が犠牲になることで

      自分の運勢が保たれるところがあります。



      映画製作の仕事からは離れ、美術の仕事をしていて

      ゲイリーオールドマン氏からの強いオファーで

      再び、映画の仕事に戻ったとのこと。


      このことは、辻一弘さんの「宿命中殺」を活かすことになります。 



      星が不完全な状態であることからこそ

      仕事や生き方のスタンスも、或る程度相手を受け入れ

      状況の変化を恐れないことが「宿命中殺」を消化することになります。

       

      特に、辻一弘氏と同じタイプの「宿命中殺」を持つ宿命の者は

      モノの感覚が普通一般的でなくなる傾向があります。

       

      普通一般的に良しとされることが

      全くもってあてはまらないのが「宿命中殺」。


      最初から不完全な星の形であることが

      人とは違った感覚

      感性を生み出す能力に繋がる可能性を持つ宿命です。 



      宿命の持つ「不完全な星から与えられた力」を発揮している人だと

      算命学を通じて、つくづく感じさせられます。

       

       

      今回の記述にあたり、こちらの記事を参照させて頂きました。

      辻一弘の作品や経歴が凄い!嫁&彼女や出身高校を調査!

       

      『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

       

      ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

       


      鑑定の御案内

       

      ココナラ電話占い

      ココナラ宿命鑑定

      宿命鑑定 ベイス 

      天中殺鑑定 

      大運天中殺鑑定

       

      NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

       


      個人鑑定はこちら

        大杉漣さん 「天中殺」で亡くなったこと 「天将星」アリ

         

        大杉漣さん 1951年9月27日生まれ「戌亥天中殺」

         

        「天中殺」の運気に亡くなるとは

        「天中殺」だから亡くなることが多い

        といった解釈はしません。




        「天中殺」とは、不自然かつ読めない運気。

        つまり、全く読めない亡くなり方をする。

        可能性としては、非常に高いと占います。




        宿命からの特徴である

        最大のエネルギーを有する星である「天将星」が存在する


        役者として遅咲きだったことと

        「天将星」を持つ宿命であることは、大いに関係してきます。

         


        「天将星」というのは

        自分を納得させるまでに

        かなりの時間を要する宿命だからです。


        エネルギーの強さが

        粘り強さとなり、ひいては諦めない生き方に繋がる。


        ただ、この粘り強さが

        自分の人生に折り合いを付けていくことを困難にさせます。



        「天将星」を有する宿命だからこそ

        長い下積み時代を乗り越えられ

        遅咲きの役者人生へと繋がっていったとも言えるのです。

         



        『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

         

        ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


        天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを

        ココナラ電話占い

        ココナラ宿命鑑定

        宿命鑑定 ベイス 

        天中殺鑑定 

        大運天中殺鑑定

        NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

         

         

        個人鑑定はこちら

          小室哲哉さん「大運天中殺」が作り出した天才

           

          小室哲哉さん 1958年11月27日生まれ「寅卯天中殺」



          「大運天中殺」は24歳から始まって20年間続き

          44歳の誕生日となるまで続きました。

          (1982年11月27日から2002年11月27日まで)



          「大運天中殺」とは、不安定な運気を意味します。


          当時を振り返ると…

          ・1986年 渡辺美里へ提供した「My Revolution」日本レコード大賞金賞

          ・1987年 「Get Wild」で一躍人気バンド、1988年NHK紅白出場

          ・1994年から1999年の間に数々のミリオンセラーやヒット曲を打ち立て
          「小室ファミリー」「小室サウンド」と呼ばれるようになる

          ・1995年から4年連続でプロデュースした曲が日本レコード大賞を受賞

          ・1996年4月 オリコンシングルチャートでプロデュース曲がトップ5を独占

          ・1996年と1997年 2年連続で高額納税者4位

           



          「大運天中殺」で、大きく成果を出すことは

          次の最初に回ってくる「天中殺」の運気にも

          作用をもたらす可能性が非常に高くなります。



          「天中殺」は1998年と1999年で

          このあたりからブームに翳りが現れたとウィキペディアに記載

          (天中殺は寅年と卯年・月運天中殺は毎年2月と3月)



          更にポイントになるのは、「大運天中殺」が明ける直前の運気で

          2001年1月 ソニー・ミュージックとの専属プロデューサー契約を解除


          この時は「大運天中殺」が明ける1年前で

          最も「大運天中殺」の作用としては

          強く現れても、おかしくない運気です。





          「大運天中殺」の運気というのは、自分で事を起こすことを嫌います。

          ・2001年5月 ASAMIさんと結婚。2002年3月に離婚

          ・2002年11月 Keikoさんと再婚→「大運天中殺」が明ける5日前

          Keikoさんが倒れたのは、2011年10月で小室さんの「天中殺」



          天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを

          鑑定の御案内



          「大運天中殺」の運気で大きく成功した場合

          「大運天中殺」に見合うスタンスでいないと

          後に大きなリバウンドとなって、訪れるおそれアリと占います。

           


          リバウンドとは、運勢がダメージを受けること。

          小室さんの場合、自分だけ運勢のダメージでは足りなかったため

          パートナーの運勢をも奪うことになりました。

          病気や事故に遭うことは、運勢のダメージ。

           


          Keikoさんが倒れた時は、小室さんの「天中殺」であった。

          このことが、それを裏付けています。

           



          自分の「大運天中殺」のリバウンドと

          その後の「天中殺」の犠牲となってくれたパートナーの存在を

          生涯、しっかりと心に刻み付けていくことが

          小室さんに求められる生き方と考えます。





          もしも仮にですが

          Keikoさんに対して、不義理をするような生き方は

          小室さんの生末は

          より一層、「大運天中殺」「天中殺」のツケを払うことになると占います。

           


          今までの経緯から鑑みて

          次の「天中殺」である寅年と卯年にかけて

          再び、注目を浴びるのではないかと予想します。

          (次の寅卯天中殺→2022年2月節分から2023年2月節分まで)


           

          「大運天中殺」が作り出した天才


          「大運天中殺」で発揮された能力は

          算命学では、本人の持つ本来の能力とは捉えません。


          「大運天中殺」の運気の持つ異常性が働いたからです。


          最も恐るべきことは

          「大運天中殺」の時の自分が

          本来の自分の姿であると勘違いをすること。

          このことが結果として、大きく階段を踏み外すことになります。

          ・2004年 約70億円の株式評価損が生じる

          ・2006年 5億円詐欺事件

           

           

          「大運天中殺」というのは

          期間限定の天才を生み出すことがあるのです。



           

          『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

          ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

           


          鑑定の御案内



          算命学・結婚における重要な事柄

          生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄

           



          個人鑑定はこちら

            宮里藍さん 初旬大運天中殺

             

            宮里藍さん 1985年6月19日生まれ「午未天中殺」

             

            最初に回ってくる運気の状態が示すこと


            宮里藍さんの全体的な運気の流れからは、次の特徴が表れています。


            一番最初に回ってくる「大運」が「大運天中殺」となっていることです。

            「大運」とは、運気の流れを10年間ごとに区切ったモノで


            「大運天中殺」とは、不安定な運気を意味します。

             



            一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といいます。


            「初旬」は、誰しも人生の中で最も影響を受ける運気であり


            人生の基礎や土台が形成される運気です。

            (初旬は、6歳から始まって10年間)



            『小学生でコースデビューをし、その2年後に初のホールインワンを経験した』


            「初旬」が「大運天中殺」となっている宿命の者が、実際にこの運気で強烈な体験をして

            更に、そのことを仕事にして成果を出していくことは


            長い目で見た場合に、自分の運勢にとって望ましくありません。

            (兄の聖志さんも初旬が大運天中殺ですから、上記のことがあてはまる)

             





            プロデビューは「天中殺」 このことが後々に作用してくること


            プロデビューした時の運気というのは

            プロとしている限り、ずっと付いて回ると考えます。

            「天中殺」とは、不安定な運気です。


            「天中殺」で始めたことというのは

            総じて、良いかよろしくないかのどちらか極端になりやすいです。


            宮里藍さんの場合は、前者になりますが

            「天中殺」で出した成果や結果というのは

            自分の実力ではないところがある→実力以上の力を発揮した

            つまり、ミラクルが起こったという捉え方をします。

             

             


            「初旬大運天中殺」であり、プロデビューも「天中殺」であること


            このことが結果、長くゴルフを続けられなくなる状況を作り上げたと見ます。


            もしも、このまま現役を続けて、まずまずの成績を出していったとしたならば


            今後、運勢により大きなダメージを与えることになったのではないかと占います。


            もしくは、宮里藍さんの運勢の支えとなるモノ

            犠牲となってくれるモノが生じるのではなかったかと…




            「初旬大運天中殺」とプロデビューが「天中殺」の時には

            共通して「父親を示す星」が回っています。

            このことから、宮里藍さんの出した成績から考えた場合

            今後、父親の運勢がダメージを受ける可能性が高いと占います。

             

            初旬が「大運天中殺」となっていることで

            他にも押さえておくべき重要なことがあります。





            きょうだいとの縁が薄い宿命

            きょうだいとの縁が薄いことが表れています。

            自分ときょうだいの間で、運勢がシーソーの状態となることを意味します。


            例えば、宮里藍さんの運勢が上がると、きょうだいの運勢が下がる。

            宮里藍さんの運勢が下がると、きょうだいの運勢が上がる。といった具合です。


            宮里藍さんが引退することで

            今度は、兄の聖志さんと優作さんの運勢が上がると見ます。


            このようにきょうだいの中にきょうだいとの縁が薄い宿命の者がいると

            特に、きょうだいが同じ職業に就くことで

             

            互いの運勢の引っ張りが起こります。

            (但し、聖志さんについては先ほど申したように、初旬大運天中殺であることと
            これまでの成績から鑑みて、今後大きな伸びは期待出来ない。仮に伸びたとしても、一時的なモノと占います)

             



            算命学・あなたの宿命からの姿を鑑定します 持って生まれた宿命を活かすことが、運勢をしっかりさせます。




            ~補足~

            兄の聖志さんも「初旬大運天中殺」であり

            プロデビューも「大運天中殺」でした。

            (天中殺や大運天中殺のデビューは、意味合いとしては近いモノがある)


            三人のきょうだいがいて

            その中の二人も、子どもの頃に不安定な運気が回ってくることは


            両親それぞれの宿命(宿命を活かしてきたかも含め)・相性・結婚時期


            そういったことが関連しているのではないかと考察します。

             


            親子・きょうだいであることが


            それぞれの宿命や運勢に作用を与えたり

            また、与えられたりしもます。

             

             

            『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

             

            ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

             

             

            ~個人鑑定で占術的な説明を希望される方へ~

            占術的な説明や解説は、通常の宿命鑑定とは料金が異なります。

             

            算命学・結婚における重要な事柄

            生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄

             

            個人鑑定はこちら

               

              るろうに剣心 和月伸宏容疑者 デビューは「天中殺」

               

              和月伸宏容疑者 1970年5月26日生まれ「寅卯天中殺」

               

              デビューした1987年は「天中殺」。  

              (寅卯天中殺→寅年と卯年が天中殺 12年間のうち2年間回る)

              (月ごとの運気の天中殺→毎年2月と3月)

               


              「天中殺」とは、不安定な運気。

              算命学では、物事が始まった時の運気を重要視します。


              仕事であれば

              その仕事に就いた時の運気がどういう運気なのか。

              更に、今の仕事に携わっている限り

              仕事に就いた時の運気の作用というのを

              ずっと受け続けることになると占います。

               


              「天中殺」で始めたことが、結果として大きく伸びた場合

              そのことにあぐらをかくと、途端に足元を掬われることに…

               




              和月伸宏容疑者のデビュー当時の「天中殺」を鑑定

              ① 「幸福感・満足感・達成感」といった意味合いの星が

              「天中殺」の作用を受けています。


              このために成功するほど、結果を出すほどに

              本人としては幸福感が得られなくなる状態に

              かえって、出した結果に対して

              満たされない・虚しい気持ちになっていくと占います。


              それでも、そういった思いを受け止めていくことです。

               



              ② 「財を示す星」が「天中殺」の作用を受けています。

              成功してお金を手にするほどに

              心から嬉しい、といった実感が得られないと占います。

               


              「天中殺」で手にした財というのは、お金に対して異常性を出すことに…

              つまり、使うべきところは使わず、使うべきでないところに大金を使う

              といった状態を招きます。


              自分でお金の管理は…

               



              ③ 「人間関係・きょうだい・同僚・仲間」といった意味合いの星が

              「天中殺」の作用を受けることによって

              これらの人たちとの関係がスムーズにいかなくなることが多々起こると占います。


              自分からこれらの人たちに頼ったり、力を借りてしまうと

              本人の運勢にとっては、望ましくありません。

               

               


              製作において

              スタッフとのコミュニケーションは必須だと思いますが


              極力、自分の力で取り組むこと

              スタッフと仲良しクラブ的な関わり方をしないことです。


              孤独になることをおそれないことが求められる運気です。

               




              カリスマ性を持つ宿命

              カリスマ性を持つ宿命というのは

              自分の姿が、実際よりも存在感を増し

              同時に、実力以上の力を発揮出来る能力を持つことを意味します。


              算命学では、ありのままの姿を「実気」といい

              カリスマ性を持つことなどで変化した姿を「虚気」と言います。

               

               

              特に、和月伸宏容疑者がデビューした運気からは

              カリスマ性が更に強まっていることが表れています。


              更に、「天中殺」という異常性を持つ運気の作用が働くことにより

              「虚気」が更なる「虚気」となり、もはや「実気」に戻れない→

              本来の自分自身が分からない、といった状態に陥ると占います。

               

              こうなってしまうと

              本来の自分を取り戻すためには

              かなり衝撃的な出来事が必要と占います。

               




              現在の運気の流れ

              44歳から始まって10年間続く運気にいます。

              (2017年11月現在・47歳) 


              今の10年間の運気からは

              「自分を示す星」が大きく展開している姿。


              このため、自分を取り巻く状況も、大きく展開すること。

              もしも、問題が起こった場合は、事が大きくなると占います。

               

               

              『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

               

              ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

               


              龍メイnote

              鑑定の御案内

              算命学お悩み相談

              天中殺鑑定 

              大運天中殺鑑定


              NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

               


              個人鑑定はこちら

                 

                清水良太郎被告と清水アキラさんの関係

                 

                清水良太郎被告 1988年8月15日生まれ「辰巳天中殺」

                清水アキラさん 1954年6月29日生まれ「子丑天中殺」

                 



                良太郎被告は親中殺の宿命


                良太郎被告の宿命からは、両親との縁が薄いことが表れています。


                これを「親中殺の宿命」といいます。 

                 


                両親との縁が薄い宿命であることは、


                自分の親が成功している道と同じ道を進むことに無理が出てきます。


                両親との縁が薄い宿命の者は、自分から両親に頼る生き方はよろしくありません。


                親と同じ道を進むことで、実際に上手くいったり成功しても、

                長い目で見た場合に、自分自身の運勢にとってはマイナスとなるからです。


                両親との縁が薄い宿命であることが、よろしくないのではなくて、

                自分から両親に頼らずとも生きていかれる宿命であることを、活かすかどうかが重要となります。


                このことが自分の運勢に影響してくると「算命学」では考えます。

                 




                アキラさんの「天中殺」で生まれた子ども


                自分の「天中殺」で生まれた子どもは

                アキラさんから見た場合

                良太郎被告と縁が薄いと占います。


                アキラさんとしては

                自分の子どもであっても、子どもでないような育て方


                自分は自分・子どもは子どもといったように

                セパレートした関係性が求められていました。




                アキラさん 53歳から始まって20年間続く運気は「大運天中殺」

                (2017年11月現在・63歳)


                「大運天中殺」も

                「天中殺」と同様に不安定な運気です。


                「大運天中殺」の運気で起こるかもしれない運勢のマイナス面を

                良太郎被告が身代わりとなったと「算命学」では考えます。

                 


                「大運天中殺」に起こった出来事というのは

                良い意味でも、そうでない意味でも

                枠がなくなります。

                 


                更にアキラさんの「大運天中殺」と他の星の絡みからは

                事が起こった場合

                より事態が大きくなる可能性が表れています。

                 


                また「大運天中殺」で受けたダメージという点からは

                こちらもダメージの枠がなくなる→非常に強いダメージになると占います。

                 

                 

                『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

                ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

                 

                 

                鑑定の御案内

                算命学お悩み相談

                子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定

                 

                 

                個人鑑定・お問い合わせ 

                  安倍晋三夫妻 現在天中殺

                   

                  安倍晋三氏 1954年9月24日生まれ「申酉天中殺」  

                  昭恵夫人 1962年6月10日生まれ「申酉天中殺」

                   

                   

                  「天中殺」とは

                  誰しも12年間のうち2年間回ってきます。


                  「天中殺」では、自分に差す「気」の流れが通常でなくなります。


                  このため状況としては、想像を遥かに超える・状況が思いも寄らない展開を見せる

                  隠れていたことが露呈するといったことなどが起こります。



                  更に、それらのことが大きく広がりを見せることや

                  問題の根が深くなることなどから

                  或る意味、侮れない運気です。



                  安倍首相夫妻は、2016年と2017年が「天中殺」。

                  (申酉天中殺:2016年2月節分から2018年2月節分まで)

                   


                  夫婦共に同じ「天中殺」であることは、運勢の波動がお互いに連動してきます。


                  例えば、夫が運勢的に上がると、妻もそれにつられて上がるのですが

                  夫が下がると、妻も下がるという具合です。
                  (この反対もあてはまる)

                   



                  一度下がり始めた運勢というのは、途中で止めることがむつかしいです。


                  更に「天中殺」という、或る意味コントロールが効かない運気であることも

                  運勢の下降を強めることに加担します。


                  今の立場を維持出来ているからといって、運勢が保たれているとは捉えません。




                  今回の安倍首相の「天中殺」からは


                  「仕事の星」や「名誉にあたる星」が「天中殺」となっています。

                  (申酉天中殺:2016年2月節分から2018年2月節分まで)

                   


                  仕事や名誉に関することでこれまでに問題があったとすると

                  そのことが更にクローズアップされるのが

                  今回の「天中殺」の特徴でもあります。


                  特に今年の「天中殺」は「名誉にあたる星」が回っていますから

                  名誉に対する理解や自身の振る舞いに問題があると

                  途端にそのことが表沙汰になります。

                   


                  更には、過去においても仕事への取り組み方や名誉に関する問題があると

                  「天中殺」の作用が現れる→問題が表沙汰となります。

                   



                   

                  生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄


                  個人鑑定はこちら