★石原さとみさん 天将星 パートナーの星が両サイドに(加筆)

 

石原さとみさん 1986年12月24日生まれ

宿命からは、誰しも「パートナーを示す星」が表れるのですが

石原さんの場合、「パートナーを示す星」が複数存在していることと

この星の状態から合わせて鑑みると、恋愛事情が派手になると占います。

噂となった男性はかなり多かったようですが、星からは頷けるところです…

 

石原さんの「パートナーを示す星」の表れ方を「両手に花」といいます。

つまり、自分の両サイドにパートナーがいる状態です。

この「両手に花」の宿命の場合、次のように占います。

 

それは、パートナーである彼や夫に対して、求めるモノが多くなること。

ちょっとしたお願いなども含めて、です。

 

実際にパートナーが、自分のそういったお願いに、応えてくれないと

お願いをした自分が悪いのではなく

応えてくれない相手が悪いという、気持ちになります

 

更にこのことが進むと、お願いを聞いてくれる男性に目が向く

つまり、心変わりです。

 

最初にお話した、恋愛事情が派手になることに繋がってきます。

 

親思いであることが表れています。

このため、親の反対する結婚はしないと占います。

 

最大のエネルギーを持つ星である「天将星」が存在することについては

性格的には、非常に強い面を持つことになり

自分が心から納得出来ないことに対しては、本当の意味で前に進めないところがあります。

結婚相手のことを一切明かさないことも、この「天将星」が絡んでいると占います。

「天将星」を持つことで、『自分は特別』という意識を持った場合に

その思いは、相当強くなると考えるためです。

『他者に明かす必要がない』といった思考になりやすいのが「天将星」です。

 

 

こういった気の強さを、パートナーがどれだけ理解しようとしてくれる人なのか。

今後の結婚生活を占う際において、かなり重要です。

 

「天将星」を持つ女性が妻になると…

 

 

女性が「天将星」を持つことについては、ブログでも記載していますが

1年近く過ぎた今でも、アクセス数が常に上位にきています。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

★占いとしての占術ではなく、算命学の持つ考え方を学びたい方へ

コーチングいたします。鑑定の御案内からフォーマットにお進みください。

 

スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

龍メイnote お子さんがいる場合の離婚再婚について

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

あなた様のサポートをお願い出来ますでしょうか。

今後のブログ更新のために使わせて頂きます。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    ★瀬戸大也選手 パートナーを示す星は訳アリ(加筆アリ)

    瀬戸大也選手 1994年5月24日生まれ ★文末に加筆アリ

    「パートナーを示す星」について

    宿命からは誰しも「パートナーを示す星」が表れます。

    瀬戸選手の「パートナーを示す星」からは、或る特徴的なことが表れています。

    ここから占術的な説明が入ります。

    「パートナーを示す星」には相手がいる状態です。

    ズバリ、結論から言うと

    自分以外の相手男性がいる女性に惹かれるということです。

    つまり、どこか男性の影を感じるような女性

    モテる感じの女性に惹かれる・・・

     

    更に、このことが意味するのは

    略奪愛や略奪婚です。

     

    瀬戸選手の現在の状況から鑑みると

    家庭的に落ち着いた妻に対して、満足出来ないところが出てくる。

    そういった見方をします。

    ※これらのことは、瀬戸選手をかばっているのではありません。

    (こういった宿命そのものが、非常に珍しいということではありません)

     

     

    全般的な運気の流れからは

    人体図といって、どういった星がどの場所に表れているかを示す図からは

    「セックスを示す星」が表れていません。

     

    次に、全般的な運気の流れを示す→10年間続く運気=「大運」というのですが

    今の「大運」からは「セックスを示す星」が回っています。

    こちらは25歳から始まって10年間と、35歳から始まって10年間です。

     

    これらのことが意味するのは

    人体図に表れない星→人体図に無い星が

    全体的な運気=大運から回ってくることは、要注意なのです。

    つまり、【取り扱い注意の星】です。

    本人が、もともとその星の扱いに慣れていないということです。

     

    「大運」で「セックスを示す星」は、25歳から回っていますが

    現在26歳。(2020年9月現在)

    こういう「大運」が回ってくることで言えるのは

    セックスに対する思いや関心が、これまでとは違ってきても、おかしくないということです。

     

    今回の件が露呈したのが、「天中殺」でなかったことが、一つ救いだったかもしれません。

    「天中殺」で表沙汰になると、非常に厄介だからです。

     

    次の「天中殺」は「寅卯天中殺」で、2022年2月から2年間です。

    次回の「天中殺」からは

    「セックスを示す星」と「健康や寿命を示す星」が回っています。

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

     

    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

     

    龍メイnote 「子どものいない結婚について」

    スタンドエフエム始めました #算命学を学びはじめたきっかけ

    鑑定の御案内

    算命学お悩み相談

    子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定

    ココナラ電話占い

    ココナラ宿命鑑定

    宿命鑑定 ベイス

    天中殺鑑定

    大運天中殺鑑定

    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

    NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

    ツイッター


    個人鑑定はこちら

      女命と異性関係について

      女の持つ宿命で、異性関係が多くならない方がいい

      このことが自分の運勢を安定させる宿命の者がいます。

       

      ここから占術的な説明が入ります。

      「自分を示す星」が水性・陰の星であることと

      更に、或る状態が星から表れている宿命です。

      星には陰と陽があり、水性は水の質を持つこと

      陰であることは、小さい水→湧き水や飲み水です。

      (大きい水は、海や大河)

       

      この宿命の場合、相手男性は土性となります。

      (これは干合という見方で、どういった相手男性であっても土性になる)

       

      この女性は小さい水の質を持ち、相手男性は土の質を持つ。

      (どういった相手男性であっても、相手男性は土となる)

       

      湧水や飲み水に、土が混ざるとどうなるでしょうか?

      水は濁り、湧き水や飲み水としては役に立たなくなります。

      つまり、このことが自分の運勢にダメージを与えると考えます。

       

      運勢を下げることは、或る意味カンタンなことです。

      しかし、運勢は一度下がってしまうと

      元の状態に戻すことは非常に困難です。

       

      どこか気楽に考えていた男性関係が

      自分の運勢を下げているとは…

       

      実際の鑑定で多く見られるケースを挙げると

      ・お付き合いは出来ても、なかなか結婚にたどり着かない

      ・相性の良くない相手男性ばかりを選ぶ

      ・結婚が決まりそうな時は、自分が「天中殺」など向かない運気

      ・結婚したいと思った時は、お相手が「天中殺」など

       

      運勢にダメージを与えるかどうか

      これは、自身の行動や思考によるところがあります。

       

      『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

       

      ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

       

      スタンドエフエム始めました #算命学を学びはじめたきっかけ

      龍メイnote

      鑑定の御案内

      算命学お悩み相談


      天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを

      ロバミミ電話占い

      ココナラ電話占い

      ココナラ宿命鑑定

      宿命鑑定 ベイス

      NPO法人 犬と猫のためのライフボート

      NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

      ツイッター


      個人鑑定はこちら

        パートナーを示す星について①

         

        宿命からは誰しも「パートナーを示す星」が表れます。


        「パートナーを示す星」がどのように表れているか、について取り上げます。



        1・「パートナーを示す星」が多く存在している宿命


        基本的に恋愛の機会としては、多くなると占います。


        考えられることの一つとして、同時に複数の相手と関係を持つことです。


        実際にそのような関係を持った場合、本人としては余り抵抗を感じません。




        2・「パートナーを示す星」が二つ存在し、その状態に或る作用が表れている場合


        同時に二人の異性の間で自分自身が揺れ動く→どちらを選べばいいのか非常に迷う


        実際に片方のお相手を選んだとしても、後になってから選ばなかった相手に対しても想いを残すことになる


        つまりは、いつまでも心残りを抱えていくようになると占います。




        3・自分の両サイドに「パートナーを示す星」が二つ存在している場合


        パートナーに対して、最初から求めるモノが多くなる。


        ちょっとしたお願いも含めて、パートナーがキチンと聞き入れてくれることを強く望みます。


        実際にパートナーが対応してくれない場合は、お願いした自分がいけないのではなく

        聞いてくれないパートナーに非があると感じます。



        4・「自分を示す星」と「パートナーを示す星」が最初から合致している場合


        結婚願望としては、かなり強くなります。


        相手とは、会いたい時に会えるような関係でいたいと思うこと

        つまり、遠距離恋愛は続かないと占います。




        他にもいくつかありますが、また機会があれば取り上げたいと思います。




        ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

         

        運を下げない生き方とは
        運は上げることよりも、下げないことの方が大切 
        結婚運とも無関係でないと考えます



        算命学・結婚における重要な事柄

        生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄

        鑑定の御案内

         

        個人鑑定はこちら 

           

          配偶者の星の表れ方 ①

           

          「配偶者の星」がストレートに表れてくる宿命の者と


          ストレートに表れない宿命の者がいます。




          どちらの方が良い・よろしくない、ということではありません。



          この違いは、配偶者に対する理解の仕方の違いとなってきます。




          ストレートに表れてくる人は

          夫や妻を自分の感覚や心で理解が出来る宿命。



          ストレートに表れてこない人は

          夫や妻を一般常識や頭での理解となる宿命。




          自分や相手は、どのタイプかを知ることに意味があると考えます。


          この差異は、互いの結婚への思い入れの違いにもなってきます。


          結婚相性としては、同じタイプが良いです。





          ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


          鑑定の御案内


          ★「配偶者の星」を鑑定します★

          お伝えする鑑定結果は

          「ストレートに表れている」「ストレートに表れていない」の

          いづれかとなります。

          鑑定料金 500円

          下記のフォーマットより御依頼ください。

           

          個人鑑定はこちら

            男性でセックスレスになりやすい宿命とは

             
            男性の宿命から見た場合、誰しも「妻を示す星」が表れてきます。


            「妻の星」が男性本人にとって「母親の星」と同じ星となる宿命の者がいます。


            こういった場合、結婚した途端にセックスレスとなる可能性が高いです。


            結婚によって「妻の星」イコール「母親の星」となるからです。


            妻が女性でなく、家族となってしまうのです。


            この本人の持つ感覚は、おそらく妻には理解されないと思います。


            本人の宿命から表れていることですから

            本人や妻の努力云々で変わるという問題ではないと考えます。


            ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


            龍メイnote

            鑑定の御案内




            個人鑑定はこちら