尾上菊之助さん 宿命中殺 生月中殺

尾上菊之助さん 1977年8月1日生まれ「午未天中殺」

 

「生月中殺」であること

「宿命中殺」は、いくつかの種類がありますが

その中でも家系との縁が薄い「生月中殺」です。

長く続いてきた家系に、この「宿命中殺」を持つ者が生まれます。

(野村萬斎さんと同じ種類の「宿命中殺」です)

野村萬斎さん 宿命中殺(生月中殺) 子どもとの関係

 

長く続いてきた家系を、大木に喩えると

大木は枝打ちが必要であり、この枝打ちされた枝にあたるのが

「宿命中殺」→「生月中殺」(せいげつちゅうさつ)です。

「生月中殺」とは、家系から離れて生きていくことが求められる宿命です。

 

代々続いている歌舞伎界で生きていくこと、更に成功をすること。

これらのことは「生月中殺」の消化にはならないと捉えます。

 

母親と子どもとの縁が薄い宿命

「宿命中殺」の作用が、母親・妻・子どもに表れています。

(他にも表れていますが割愛します)

これらのことを、母親中殺・妻中殺・子ども中殺といいます。

相手が中殺されることで、菊之助さんから見た場合、母親・妻・子どもとの縁が薄くなります。

よって、縁が薄いなりの関係性でいることが望ましいです。

 

中殺される相手と自分との間に、運勢の引っ張り合いが起こります。

自分の運勢が上がると、相手の運勢が下がる。この反対も然りです。

同じ家族であっても、運勢のバランスが取れなくなる一つの例です。

 

「生月中殺」の消化は、むつかしいところがあります。

ズバリ、家系は継げない宿命です。

但し、或る状況下においては継ぐことも可能です。

しかしながら、尾上家の状況から鑑みた場合

「生月中殺」の者が継ぐことは、いづれ無理が生じてくると占います。

 

このことの表れとして、現状で言えるのは

二人のお子さんも「宿命中殺」を持って生まれていることです。

しかも、二人のお子さん共に父親中殺で、父親の運勢に影響を及ぼすと占います。

宿命にもDNAがあり、親自身の宿命の未消化が子どもの宿命に表れます。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

 

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

サポートをお願い出来ますでしょうか。

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    中村芝翫さん 三田寛子さんの影に隠れるとは

    中村芝翫さん 1965年8月31日生まれ
    三田寛子さん 1966年1月27日生まれ

    (以前、ライブドアブログで記載していた内容)

     

    お二人の主星といって「自分を示す星」は、共に火性。

    中村芝翫さんは「火性の陰の星」で、三田寛子さんは「火性の陽の星」。

    火性に限っては、夫婦・きょうだい・親しい友人などの関係において

    「火性の陰の星」は「火性の陽の星」よりも、劣ってしまうと考えます。

     

    ここでの劣るとは

    「火性の陰の星」とは、ロウソクや懐中電灯などの灯り

    「火性の陽の星」とは、太陽や大きなライトなどといった大きな明かり

    この二つが並ぶことで→夫婦関係となることで

    「火性の陰の星」は「火性の陽の星」の影となってしまいます。

    (算命学では、このことを或る言い方で表現します)

     

    互いに同じ質を持つことが、必ずしも良いとは言い切れない場合があります。

     

    芝翫さんから見た場合、三田さんと結婚したことで

    自分よりも強い火の影響を受けると見なし、次のことが言えます。

    ・自分の存在感が薄くなる

    ・実力があっても認められないといったことが起こる

     

     

    三田さんにとって「天中殺」での結婚

    三田さんから見た場合「天中殺」での結婚であると同時に

    「夫を示す星」が回っている時の「天中殺」でした。

    これを「夫中殺での結婚」といいます。

     

    このことが意味するのは

    三田さんから見た場合に、夫との縁が薄くなることです。

    このために三田さんとしては、自分から夫に頼れない、実際に頼ろうとしても結果として頼りにならない

    自分の思いが夫に通じにくい、などということが起こります。

    更に言うと、夫が運勢的にダメージを受けることによって

    三田さんの運勢は、救われると占います。

     

    これとは反対に「夫中殺での結婚」で、自分と夫との関係が良好であると

    自分の方が運勢的にダメージを受ける占います。

    自分の持つ宿命や、結婚した時の運気が、相手の行動の陰に潜むことがあります。

     

     

    芝翫さんは、「天将星」が二つも存在している

    『二つも』という表現をしているのは

    「天将星」は、一つ存在しているだけでも消化が困難な星だからです。

    (天将星とは、最大のエネルギーを有する星であるため、物事全般において自分の思うようにならないと、自分に折り合いを付けることが非常にむつかしい面を持つことに)

     

     

    不倫報道から見る

    「天将星」・夫婦間の火性問題・芝翫さんのパートナーを示す星

    このブログの掲載は、2016年9月

    ブログ掲載のきっかけは、当時の中村橋之助さんの不倫報道でした。

     

    冒頭での

    芝翫さんは「火性の陰の星」 三田さんは「火性の陽の星」

    この火性に限って言えるのは、夫婦関係において

    「火性の陰の星」である芝翫さんは

    「火性の陽の星」である三田さんの影に隠れてしまうところがある。

     

    つまりは、芝翫さんから見た場合に、三田さんの運勢の持つ力に引っ張られると占います。

     

    更に、「天将星」が二つ存在することも合わせて鑑みると

    当時の不倫においては、相手女性との関係に、ただただ癒しを求めていったのではないかと…

    (芝翫さんのことをかばっているのではありません)

     

    また、不倫関係としては相当長く続いていたものと占います。

    一つ目の理由は

    「天将星」を持つことで、かなり責められないと話さないところがある。

    エネルギーが非常に強いことから、黙ってい続けることが出来るため。

     

    二つ目の理由は

    芝翫さんの「パートナーを示す星」は、自分の両サイドにそれぞれ表れていること。

    妻がいて、更に妻以外の女性がいてもおかしくない状態→自分としては、余り違和感を感じないため。

     

     

    芝翫さん現在「天中殺」

    ふと思い立って、今回再び掲載しましたが

    芝翫さんは「子丑天中殺」です。

    (2020年2月節分から始まって2年間続く天中殺)

     

    「天中殺」では、これまで影を潜めていたことが表沙汰になることがあります。

    更に、自分の運勢の弱さが顕著に現れることがあります。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

     

    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

     

    スタンドエフエム始めました #算命学を学びはじめたきっかけ

    龍メイnote 運を下げない生き方 遺産相続について

    鑑定の御案内

    算命学お悩み相談

    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

    NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

    ツイッター


    個人鑑定はこちら