坂本龍一さん12月にピアノソロコンサート配信

 

坂本龍一さん 1952年1月17日生まれ 「子丑天中殺」

 

「宿命中殺」が存在する宿命。

「宿命中殺」には、いくつかの種類がありますが

このタイプの「宿命中殺」は

或る意味で、特殊な面を持ちます。

 

このことを裏付けているのが

「この形式での演奏を見ていただくのは、これが最後になるかもしれない」

という言葉に現れています。

 

つまり、自分自身の

先が見えてしまうというか

嫌でも感じ取ってしまうというか…

 

この「宿命中殺」を持つ者が

そういった言葉を発するのは

決して大袈裟でなく、的外れでないと占います。

 

 

なぜ、今年9月に収録して配信は12月12日なのか。

まず、9月の月ごとの運気からは

「名誉を示す星」が回っています。

自分の名誉に賭けた思いが伺えます。

 

 

12月の月ごとの運気からは

「天中殺」であること。

更に「自分を示す星」と

「幸福感・満足感・達成感」といった星が回っています。

配信にあたり、自分自身の強い意志と

幸福感・満足感を求めている思い。

 

更に、12月12日の日ごとの運気からは

「仕事の星」が回っています。

音楽に対する自分の責任を果たしたい

といった思いが伺えます。

 

 

宿命からの姿は

精神性を重んじる生き方。

 

音楽を完全にビジネスと捉え

自分が作りたい音楽よりも、売れる音楽。

そういったスタンスを嫌う宿命。

音楽への強過ぎるこだわりも嫌います。

 

 

宿命からの姿と、実像が違ってしまうと

そこに「開き」が生じます。

たとえ5度でも角度が付き、そのまま進む→人生が進むと

その「開き」、広がり過ぎた「開き」は

埋めることが出来なくなります。

算命学では、そういった考え方をします。

 

 

立派な人 優れた人 素晴らしい人 世界に誇れる人

これらを手にすることで、失うものがあります。

自分自身で何とか出来る場合と

そうでない場合があります。

 

 

坂本龍一さんの今年の運気からは

より、自分に対して意識が向く。

自分の存在意義を求める想い。

自分自身をアピールしたい。(大きく見せたい)

強いカリスマ性を発揮。

様々意味で、大きく広がる。

ここでの広がるとは

自分にとって、辛い状況が広がることも意味します。

 

 

「健康・寿命を示す星」が回っています。

このことが意味するのは

健康・寿命に関することが、クローズアップされると同時に

実際の生き方と、宿命からの姿とのギャップがある場合には

自身の健康・寿命にダイレクトに現れる。

【74歳の壁】と占います。

 

更に、今年と来年は「守護神の星」とは反対

「忌神の星」が回っています。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

 

坂本龍一さん 自分の「天中殺」に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椎名林檎さん アイデアコピーに抵抗を感じない星「宿命中殺」「大運天中殺」で「知恵の星」が。「財中殺」の日に…

 

椎名林檎さん 1978年11月25日生まれ「午未天中殺」

 

「自分を示す星」が、他の星からの作用を受けて

変化しやすい宿命。

 

「自分が変化しやすい星」については、何度が取り上げていますが

こういった宿命を持つ者は、特に珍しくありません。

 

 

「自分を示す星」が変化をしやすい宿命と

今回の騒動を合わせて考えた場合・・・

自分が他の者になりやすい。

変化した自分が、本来の自分であると勘違いしたまま行ってしまう。

 

当初は、他者のアイデアと認識していても

やがて、その認識は薄れ

自分のモノとしてアップさせても大丈夫、という思いに…

(この命式を持つ方との接点は、より注意を払っています)

 

 

「宿命中殺」を持つ宿命。

「宿命中殺」が「知恵の星」に作用しています。

 

このことが意味するのは

知恵は働くのですが、場合によっては

「よろしくない知恵」も働くということ。

 

このカギを握る人物が表れています。

この人物の存在→関係性がどうであったかが

生涯において、本人の判断能力に繋がると占います。

 

 

 

現在は「大運天中殺」といって

不安定かつ読めない運気。

36歳から始まって、20年間続きます。

(2022年10月現在43歳)

 

この「大運天中殺」では

先の「知恵の星」が回っています。

 

「大運天中殺」であるから

必ずしも問題を起こす

運勢が下がるとは、決まっていません。

 

「大運天中殺」に見合う身の処し方が重要。

更には、これまでの宿命の消化…

 

 

もしも、椎名さんが「大運天中殺」の作用を強く受けていると仮定。

「知恵の星」が不安定になると

どういうことが考えられるでしょうか?

 

ー問題となるようなことを引き起こします。

理由は、単純

正しい判断が出来なくなるからです。

 

このことに加えて、冒頭の

「自分を示す星」が変化しやすい宿命。

 

 

アイデアコピーは、いろいろ存在すると思いますが

実際に他者のアイデアを真似たとしたとして

収益に繋げようとしたならば

仮に、収益は上がったとしても

それは「大運天中殺」の禍を大きくする行い。

 

 

今年の運気からは

健康運が回っています。

 

今年に問題を起こすことは

今後の健康運への作用が懸念されます。

(ただ健康運が回っていることで判断していません)

 

~おまけ~

10月8日と9日は「天中殺日」で

「財の星」が回っていますから

「財中殺」の日。

算命学あるあるです。。。

(問題が浮上した時の運気は重要)

 

 

 

「自分を示す星」が変化しない宿命でも

後から回ってくる運気によっては、成立します。

 

後から回る運気とは

・10年間ごとに回る運気

・1年間ごとに回る運気

・月ごとに回る運気

・日ごとに回る運気

 

実際に回るタイミングも重要ですが

誰しも、少なからず今回のテーマに近い気持ちになる

可能性は持っているということです。

 

 

「守護神」が回っていると

(守護神が作用する状態で回っていると)

後からこの運気が回ってきても、実際に手を出さない

手を出したとしても、大ごとにならないと占います。

 

 

情報が溢れている今、入手しやすいですが

その出処を知っておくこと

私自身は、今回のテーマに当てはまる情報やモノとは

接点を持たない、買わない主義です。

理由は、自分の〇〇を削りたくないから。

 

 

noteにて有料記事としてアップしているのは

算命学を学んだ学院や、同様の学院などへのリスペクト。

本当に知りたい方に手にしてもらいたい

という思いからです。

 

 

もし、ご自身がヘルプマークを持って生活していたら。

自分のアイデアがコピーされたら。

情報を売る立場だったら、どう思いますか?

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

 

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

 

個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

     

     

    高杢禎彦さん「天中殺」「大運天中殺」「宿命中殺」「天将星」

     

    高杢禎彦さん 1962年9月9日生まれ「寅卯天中殺」

     

    胃がんが発症したのは、2002年秋(当時40歳)

    当時の大運→全体的な運気からは

    「健康運を示す星」が回っていました。

     

    手術は8時間にも及び、食道を半分と胃、胆のう脾臓(ひぞう)を全摘出

    胃の周りにあるリンパ節68個を摘出とのこと。

     

    こういった大手術になる→事が大ごとになるのは

    「天将星」の存在と、無関係でないと占います。

    (天将星を持つ宿命の者、すべてに当てはまるわけではない)

     

     

    50歳から始まって20年間は「大運天中殺」。

    (2022年9月26日現在 60歳)

    2022年2月節分から2年間は「天中殺」。

     

    「天中殺」「大運天中殺」共に

    不安定かつ読めない運気。

     

     

    最初の胃がんを発症した当時は、「健康運」が回っていましたが

    宿命からの姿から鑑みた場合

    この運気での病気発症というのは

    宿命の未消化があると見ます。

    (「健康運」が回っているから、病気になると言っているのではありません)

     

     

     

    今年と来年の「天中殺」でも、「健康運」が回っており

    「天中殺」プラス「健康運」であることから

    健康→カラダ(メンタル面も含めて)に関することで

    私としては、思うところがあって取り上げました。

     

     

    今年と来年の運気からは

    「自分の〇〇〇に、●●●を感じてしまう」

    (〇や●は、3文字とは限らない)

    そういった思いが、心の中を占めてくると占います。

    ブログなので詳細は控えます。

    (今年と来年の「天中殺」だけでなく

    これまでの経緯と、宿命からの姿を見て占っています)

     

     

     

    チェッカーズで一緒だった

    藤井フミヤさんとは「自分を示す星」が同じ。

     

    藤井フミヤさんも、今年と来年は「天中殺」。

    もしも、フミヤさんが運勢的に伸びた場合

    その分、高杢さんは割を食うところがあると占います。

     

     

    既に、グループは解散しており

    仕事上の接点を持っていないのであれば

    今は二人の運勢的な繋がりは、さほど強くないと占いますが

    それでも過去に、チェッカーズとして共に活動していたことから

    この二人に、運勢的な繋がりが全く無いとは見ません。

     

     

     

    「宿命中殺」が存在する宿命。

    (この「宿命中殺」が、どういった作用を及ぼすのかを見る必要あり)

     

    「健康運」に関しては

    ガンでいうと、病巣が見つかった時には

    既に広範囲となっている可能性大、と占います。

    (このタイプの「宿命中殺」の者、すべてがガンになると言っているのではありません)

     

    もしくは、別の病気に罹っていて

    そこから、たまたまガンが見つかるという可能性も大です。

     

     

    違ったケースでは

    なんとなく体調が優れないことが続いたり

    実際に病気に罹ることで

    むしろ、健康体となる可能性も秘めているのが

    このタイプの「宿命中殺」です。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

     

    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

     

    藤井フミヤさん 今回の天中殺は重要 宿命中殺アリ 子どもと縁が薄い

     

    スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

     

    龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

    龍メイnote 遺産相続について

     

    鑑定の御案内

    算命学お悩み相談

     

    個人鑑定はこちら


      ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

      大谷翔平選手

       

      大谷翔平選手 1994年7月5日生まれ「午未天中殺」

       

      快挙を達成しましたね。

      現地の暦では、8月9日(火)甲午日。

      「天中殺の日」でした。

       

       

      大谷選手にとって、甲と乙の付く日は

      「健康・寿命・未来」といった意味合いが回る日。

      これに「天中殺」がプラスされると占います。

       

       

      「天中殺」は、年だけではありません。

      月や日ごとの運気でも当てはまります。

       

       

      特に、自分の思いが強いと

      「天中殺」が回ってきた時に

      その願いが叶うことがあります。

       

      出来れば、叶わない方がいいのですが…

       

       

      もしも、「天中殺」で

      自分が願って叶うことは

      『大きな借り』を作るようなモノだからです。

       

       

       

      特に、「天中殺」で手にしたモノを

      維持していくのは大変と占います。

       

      渋野日向子選手 現在天中殺 ベースには大運天中殺

       

       

       

      大谷選手の持つ「宿命中殺」というのは

      無理に無理を重ねることが出来てしまうからこそ

      こういった偉業を成し遂げられるとも言えるのですが…

       

       

      ヒトのカラダは そんなに都合よく出来ていない

       

       

       

      『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

       

      ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

       

       

      龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

      算命学・お子さんがいる離婚再婚について

      龍メイnote 結婚相手を見極める方法

      スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

       

      鑑定の御案内

      算命学お悩み相談

      宿命鑑定 ベイス

       

      NPO法人 犬と猫のためのライフボート

       

       

      ブログをお読みくださりありがとうございます。

      このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです 

      OFUSE

       

      個人鑑定はこちら


        ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

         

         

        上島竜兵さん「寅卯天中殺」「初旬大運天中殺」

         

        上島竜兵さん 1961年1月20日生まれ「寅卯天中殺」

        ※客観的な捉え方が出来ない・自信がない方は

        読み進めない方がいいと思います。

         

        上島さんは現在「天中殺」でした

         

        渡辺裕之さんと同じく「寅卯天中殺」。

        渡辺さんの記事と重複しますが

        「天中殺」は、今年2月節分から始まって2年間。

         

        「天中殺」は、不安定な運気ではありますが

        こういった運気が自分に差すことで

        【自ら幕を閉じることになる】といった解釈はしないので

        くれぐれも誤解のないようにお願いいたします。

         

         

        ただ、結果として自分の「天中殺」において

        今回のような亡くなり方をすることは

         

        自分の持っている全てのエネルギーを使い果たしてしまった。

         

        自分の人生に、ほとほと疲れてしまった。

         

        算命学では、このように捉えます。

         

         

        渡辺裕之さん「寅卯天中殺」原日出子さん「大運天中殺」に夫の星が…追記アリ

         

         

        宿命からの姿としては、芸人には向いていないと占います。

        ブログで何度となく書いてきましたが

        宿命からの姿と異なる生き方をしても

        人気は出るし、成功することも多いにあり得ます。

        ただ、その成功が自分の宿命が求めているモノであるかどうか…

         

         

        ウィキペディアからは

        「人をさげすんだ笑いはイヤ」とのことですが

         

        これは宿命からの姿である

        非常に高いプライドが備わっていたからではないかと。

        他者のプライドを傷つけることで得られる笑いに

        上島さんとしては、意味や価値を感じられなかったのでは・・・

         

         

        別の捉え方をすると

        ご自身のプライドも大切にすることが、宿命からの姿です。

         

         

        上島さんの2022年5月の月ごとの運気からは

        「未来を示す星」が回っていました。

        未来とは

        自分の先行きのことももちろんですが、心と身体の健康も含まれます。

         

        11日の日ごとの運気からは

        こちらも「未来を示す星」が回っていました。

        5月11日は甲子日で、妻 広川ひかるさんの「天中殺日」

        更には、リーダー肥後さんの「天中殺日」

         

        「星が回る」とは

        その星が意味するモノが、気がかりになることを暗示しています。

         

        大切な人の「大運天中殺」や「天中殺」で亡くなることの意味とは

         

         

        「初旬」に「大運天中殺」が回り、活動開始も「大運天中殺」

         

        「初旬」に「大運天中殺」が回る者は

        人生全般において、求められる生き方や心の持ち方があります。

         

        活動開始も「大運天中殺」ですから

        より一層、むつかしいところがあると捉えます。

         

        前田亘輝さん 初旬大運天中殺 天将星 来年から天中殺「寅卯天中殺」

         

        初旬が「大運天中殺」を持つ宿命(ごく一部・敬称略)

        横澤夏子・紗栄子・あいみょん・岡村隆史・堀ちえみ・ヒカキン・浅野忠信・澁野日向子・宮里藍・高見沢俊彦・高良健吾・前田敦子・神木隆之介・渡辺謙・瑛太・仲邑菫

         

         

        知ることで、人生を違った視点から捉えられる。

        知ること・客観的に捉えることの意味を会得出来たこと

        算命学の学院には感謝です。

         

        桑野信義さん「寅卯天中殺」初旬大運天中殺 生月中殺アリ 天将星アリ

         

         

        自ら幕を閉じるとは、どういうことなのか。

        算命学としての捉え方を教示します。

         

        自分や大切な人の運気

        「未来を示す星」が回る運気をお伝えします。

        今年と来年の月ごとの運気を鑑定。

         

        ご希望の方は、下記のお問い合わせからお願いいたします。

         

        『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

         

        ブログ更新のお知らせは noteから発信しています。

         

        龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

        龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

        スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

        にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

         

         

        鑑定の御案内

        ココナラ宿命鑑定

        宿命鑑定 ベイス

        天中殺鑑定

        大運天中殺鑑定

         

         

        お問い合わせ・個人鑑定はこちら


          ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

           

           

          自分が未来へ何かを残すことのひとつとして

           

          「未来を示す星」があります。

          この星が宿命から表れている者・そうでない者がいて

          表れている者は、より未来を意識した生き方が求められます。

           

           

          表れていない者は、後から回ってくる運気で

          「未来を示す星」が回ってきた時に、この星を活かす生き方をすること。

           

           

          未来を意識する生き方の一つとして

          【未来に何かを残すこと】

          その一つが【命の継承】

          動物保護も当てはまります。

          (但し、ご自身の無理のない範囲で)

           

           

          未来へ残すことは

          自身の寿命とも関係してくるところがあると算命学では考えます。

           

          『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

           

           

          大迫傑さん 初旬大運天中殺 宿命中殺アリ

           

          大迫傑さん 1991年5月23日生まれ「午未天中殺」

           

          「大運天中殺」が子どもの頃に回っている宿命

          「大運天中殺」とは、不安定かつ読めない運気を意味します。

          「大運天中殺」が、子どもの頃から回っていました。

          読めない部分が大きい運気だからこそ、伸びしろも大きくなる。

          中学生から既に頭角を現していたことと、無関係でないと占います。

           

          「初旬」が「大運天中殺」だった

          全体的な運気の流れを「大運」といいます。

          ひとつの「大運」は、10年間続きます。

          一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といって

          「初旬」が「大運天中殺」である宿命です。

           

          「初旬」とは、誰しも人生の中で最も影響を受ける大運です。

          「初旬」は、子どもの頃に回ってくることから

          「初旬」においては、人生の基礎や土台が形成されます。

           

          大迫さんは、「初旬」と次の大運も「大運天中殺」であり

          この運気の時に、陸上競技を始めて結果を出していることが

          更に、退けなくなる可能性を高くすると占います。

           

          初旬が「大運天中殺」を持つ宿命(ごく一部・敬称略)

          横澤夏子・紗栄子・あいみょん・岡村隆史・堀ちえみ・ヒカキン・浅野忠信・澁野日向子・宮里藍・高見沢俊彦・高良健吾・前田敦子・神木隆之介・渡辺謙・瑛太・仲邑菫

           

          「大運天中殺」では、健康運が回っていました。

          健康面において、読めないところが出てくると占います。

          その一つとして、体力的に無理がきいてしまうことです。

          ここは非常に重要です。

           

          更に、「大運天中殺」では「子どもの星」も回っていました。

          このことが意味するのは、子どもと縁が薄くなること。

          実際に、二人のお子さんがいます。

          このことが本人の運勢にとって、どういうことを意味するのか。

           

          特に、「初旬」に「大運天中殺」が回る宿命の者は

          人生全般において、求められる生き方や心の持ち方があります。

           

           

          「宿命中殺」が存在

          大迫さんの「宿命中殺」は、スポーツ選手である場合に

          高い身体能力を発揮する可能性を持つと占います。

          ただ、選手として見た場合

          指導者やコーチ泣かせだったのでは?と占います。

          しかし、実際にその方が本人の運勢には有難いのですが…

           

          『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

          ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

           

          保護犬・猫の活動をされている方のリンクをシェアします。

          サイトはこちら

           

          龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

          龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

          スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

           

          にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

           

          鑑定の御案内

          大運天中殺鑑定

          NPO法人 犬と猫のためのライフボート

          NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

           

          このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


          個人鑑定はこちら


            ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

             

            加藤登紀子さん 宿命中殺 生月中殺

             

            加藤登紀子さん 1943年12月27日生まれ「子丑天中殺」

             

            宿命からは、パートナーとの縁が薄いことが表れています。

            これは、「宿命中殺」の中でも「生月中殺」が存在する宿命だからです。

            更に、全体的な運気の流れからも、ややパートナーと縁が薄いです。

             

            こういった宿命を持つ女性は

            悲恋の想いを抱えて生きていくことが多いです。

            自分から相手を求めるほど、相手は遠くに行ってしまう。

            そういった傾向があると占います。

            しかし、選ぶ相手によっては上手くいくことも…

             

            ウィキペディアによると、結婚は1972年から2002年まで。

            それ以降は独身でいるようです。

            ひとりでいることによって、自分の運勢が守られる宿命。

            理由は、冒頭の夫・パートナーとの縁が薄い宿命だからです。

            (他にも縁が薄い人物がいる)

             

            パートナーと縁が薄い宿命の女性が

            「私は、心の底から愛する男でなければ、共に生きることは出来ない」

            実際に、そういう生き方を選ぶ人もいるでしょう。

            自分自身の想いが絶対であり、妥協なんてあり得ないと…

            むしろ、そういう女性が多いのでは?

            しかしながら、運勢にとっては。。。

             

            加藤登紀子さんの宿命からは

            いつも、自分と相手は強く繋がっていたい。

            そう思うことが表れています。

            ただ、相手との繋がりを強く持つ生き方は

            パートナーと縁が薄いことの消化にはなりません。

             

            「宿命からは」、と言っているのになぜ?と思われる方へ

            「宿命中殺」を合わせて見る必要があるからです。

            トータルで見ていくのが算命学です。

             

             

            去年と今年は「天中殺」で、12月と1月は月ごとの「天中殺」。

            いづれも「未来を示す星」が回っています。

            「未来を示す星」とは、健康・寿命の星でもあります。

             

            「天中殺」だから、健康運がダメージを受けると決まっているのではありません。

            今の運勢の状態が、「天中殺」になると顕著に現れてきます。

             

            『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

            ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

             

            保護犬・猫の活動をされている方のリンクをシェアします。

            サイトはこちら


            龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

            龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

            スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

             

            鑑定の御案内

            ココナラ宿命鑑定

            宿命鑑定 ベイス

            天中殺鑑定

            大運天中殺鑑定

             

            NPO法人 犬と猫のためのライフボート

            NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

            ツイッター

             

            ブログをお読みくださりありがとうございます。

            このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE

             


            個人鑑定はこちら


              ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

               

               

               

              その人物からの影響を受けやすいとは?

               

              相手からの影響を受けることの要因として

              その人の持つ宿命と、自分の持つ宿命に共通点がある場合です。

               

              例を挙げると

              ・「宿命中殺」を持つ宿命であること(特に、同じ種類の宿命中殺)

              ・「天中殺」が同じであること

              (他にもあるが割愛)

               

              その人と自分とは、生き方も境遇も全く異なるけれども

              ・なぜか気になる。

              ・むしろ気になって仕方がない。もっと言うならば、妙に心がざわつく…

              ・自分の生き方を深く見つめ直すきっかけになった…

              これらの心境になってもおかしくないと、算命学では考えます。

               

              『どうしてもどうしても、自らに決着をつけなければならなかった。』

              それでも算命学は、こういった幕引きを許容しません。

              許容しないのには、理由があります。

               

              その年の運気から「未来を示す星」が回ってくると

              自分の未来→このまま生きていったら自分はどうなるのか?といったように

              その人によっては、自分の未来に対して強く憂う気持ちになります。

               

              一方で、自分の未来予想図を描き、希望に満ちあふれる。

              といった思いになる人もいます。

              (年の運気に限らず、10年ごとの運気・月ごと・日ごとの運気でも当てはまる)

               

              この違いをひと言で言うならば

              宿命からの姿と、実際の生き方とのギャップがあること。

              更には、自分の宿命や生き方以外の問題ということもあります。

               

              このブログを見て、自分自身に問いを立ててもらいたい。

              そういった思いからも綴っています。

               

              『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

               

               

               

              神田沙也加さん 宿命中殺 生月中殺

               

              神田沙也加さん 1986年10月1日生まれ「申酉天中殺」

               

              今、分かっている情報から鑑定しました。

              今年の運気からは、「寿命を示す星」が回っています。

              こういった星は、誰しも回ってきます。

              健康・寿命を示す星→算命学が考えるところの「未来を示す星」です。

               

              「未来を示す星」は、去年と今年に回っており

              更に、月ごとの運気→12月と来年1月と

              12月18日と19日も、日ごとの運気で回っています。

              つまり、年と月と日で回っている。

              同じ星が、年と月と日にも重なって回ることで

              その星の持つ作用も、二倍三倍になります。

               

              これらのことと、宿命から表れている星と、今回の件を鑑みると

              自分の宿命の持つ作用が「未来を示す星」に対して、警告を出していること。

              ブログではここまでの表記とします。

               

              お亡くなりになりましたが

              「宿命中殺」の中でも、「生月中殺」を持つ宿命の者が

              みな神田沙也加さんと、同じような生き方になるとは言っていません。

               

              ただ「生月中殺」に関しては

              【或る意味での危うさ】のようなモノを備えています。

              「生月中殺」を持つ宿命については

              これまでにもいくつか取り上げてきましたが、今後も記載します。

               

              今回の記事の内容を更に習得したい方は、個人鑑定にて教示いたします。

              ココナラやベイスでは、お受けしていません。

               

              松田聖子さん 来年から天中殺 若さの秘訣は宿命中殺に

              この記事で沙也加さんのことに少し触れています。

               

              『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

              ただ今、多くの御依頼を頂いているため、年内の鑑定受付は終了します。