広末涼子さん 鳥羽周作さん

 

広末涼子さん  1980年7月18日生まれ「午未天中殺」

鳥羽周作さん  1978年5月5日生まれ「戌亥天中殺」

 

 

お二人の相性からは

肉体関係が生じやすい相性と占います。

(日干同士が干合することを指しているのではありません)

(こちらの占術については、今月のメンバーシップ「レッスン1」に掲載中)

 

 

広末さんは、現在月ごとの運気で「天中殺」。

今月と来月の月運からは「仕事運」が回っており

「天中殺」の作用を受けています。

こういった運気で仕事を失うことは、かなり痛手

今後、運勢的ダメージが大きいと占います。

 

 

「月運天中殺」で、仕事の星が回っていて

「仕事運」にダメージを受けるのは

宿命からの姿と、実際の仕事・仕事へのスタンスのズレ。

仕事だけに限らず、自分の果たすべきことへの問題等…

 

 

 

広末さんは、或る「宿命中殺」が存在する宿命。

広末さんの持つ「宿命中殺」の特徴的なことについては

メンバーシップ 宿命中殺に生まれ、宿命中殺を生きる」に掲載中)

 

 

広末涼子さん、CM全4社すべて降板と発表

運勢のダメージは、〇〇で回復できると占います。

 

ブログ更新のお知らせは note

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

ココナラ電話占い

ココナラ宿命鑑定

ベイス宿命鑑定

鑑定の御案内

 


個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

    LiSAさん「天中殺」で母親になる「天将星」の子育て・カリスマ発揮の運気は明けて

     

    LiSAさん  1987年6月24日生まれ「寅卯天中殺」

     

    「天中殺」で生まれた子どもは

    自分とは、縁が無い子どもです。

     

    縁が無い子どもとして

    生涯、接していくことが求められると占います。

     

    自分と縁が無い子どもであっても

    これは本人の宿命から見たことであって

    子ども自身の宿命から見たことは、別です。

     

    去年と今年が「天中殺」で

    特に、今年の「天中殺」からは

    「母親を示す星」が回っていることからは

    自身が母親となった時に、母親になりきれないと占います。

    このような星回りの「天中殺」で

    実際に、母親になることはどういうことなのか?

    どういうスタンスが求められるのか?

     

    過去の「天中殺」からは

    2010年 庚寅年 LiSAとしてメジャーデビューを果たす。

    今回の出産からは、「天中殺」のクセが付いているかもしれませんね。

     

     

    以前のブログでも取り上げましたが

    LiSAさんは「天将星」が存在します。

    「天将星」を持つことで、性格的にかなり強くなること

    子育てにおいては、強いエネルギーを注ぐと占います。

    注がれた子どもは、どうなるでしょうか?

    (子ども自身の宿命にもよるところがありますが…)

     

     

    こちらも以前のブログで

    当時33歳の時、全体的な運気の流れからは

    「カリスマ性を発揮出来る運気」でした。

    この運気は、2022年6月の誕生日で明けています。

     

    カリスマ性を発揮出来る運気に、実際にカリスマ性を発揮した場合

    自身としては、アフターフォローが大変です。

    この大変さの後押しをしているのが、〇〇星の存在でもあります。

     

    カリスマという

    本来の自分ではないレベルに達していたことに、本人が気付くか

    更には、今の通常モードになっている自分自身とどう向き合うか。

     

    自分に差している運気を知ることで、客観的な捉え方が出来ます。

    これは相手に関することも同じ。

     

     

    LiSAさんの「宿命中殺」については

    noteメンバーシップ「宿命中殺に生まれ、宿命中殺を生きる」

    こちらに掲載しています。

     

    中川翔子さん「天中殺」で結婚となった要因のひとつに…

    メンバーシップ掲載記事は、当月のみ。後日マガジンにて販売。

    (価格は、メンバー様を優遇)

     

    あなたの知りたいことの価値は?

     

    LiSAさん 「宿命中殺」「 天将星」 今はカリスマ性を発揮出来る運気

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

    メンバーシップ開設【宿命中殺に生まれ、宿命中殺を生きる】

     

    あらたにメンバーシップを開設しました。

     

    当月に掲載した記事は、当月のみ閲覧できます。

    その後は、有料記事もしくは有料マガジンとして再掲載します。

     

    メンバー様を優遇したいので

    有料記事・有料マガジンは、割増料金となります。

     

    メンバー様を募ります。よろしくお願いいたします。

     

    【宿命中殺に生まれ、宿命中殺を生きる】

    「夫中殺」を消化していないと…

     

    「夫中殺」とは

    夫と縁が無いことを意味します。

    それでも結婚は出来ますが

    条件をクリアすることが求められます。

    それは、「夫中殺」に見合う結婚をすること。

     

    その一つとして

    まず、結婚や結婚相手に対する理想を捨てることです。

    ハッキリした物言いですが

    結婚相手にこだわらないこと。

     

     

    もし、「夫中殺」を消化していないと→条件やこだわりを持って結婚した場合

    離婚の可能性が高くなると占います。

    紗栄子さんがこの命式です。

     

     

    「夫中殺」を持つ宿命であっても

    必ずしも、これを消化する生き方をするのではありません。

     

    結婚の失敗は

    親である自分だけの問題ではなくなる

    というのが算命学の考え方です。

     

     

     

    「夫中殺」の消化の仕方・活かし方について

    「夫中殺」を消化しなかった場合に、起こる事柄を

    メンバーシップで解説しています。

     

    note メンバーシップはこちらからどうぞ。。。

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

     

     

    松本零士先生「星のスケールが大きい」「宿命中殺」「天将星」

     

    松本零士先生 1938年1月25日生まれ「子丑天中殺」

     

    ひとことで言うと

    表れている星が大きく展開をしている。

    このことが意味するのは

    星の持つスケールの大きさを活かす

    このことが宿命からの姿。

     

     

    作品からは

    壮大なスケール、想像を超えるストーリ展開。

    これらは、星が大きく展開している宿命だからこそ

    そういった作品が生まれたと占います。

     

     

    更には

    「宿命中殺」といって

    表れている星が、もともと不自然な状態。

    中でも、この作用が強い宿命。

     

    星が不自然であることは

    或る意味、異常性ともなって現れます。

    その一つが「強いこだわり」です。

     

     

    「伝達本能の星」が表れているのですが

    この星が「宿命中殺」の作用を受けていることから

    伝達において、異常性を発揮することがあると占います。

    (このことが表れている宿命の者が、みな異常性を発揮する生き方になるのではありません)

     

     

    松本先生が漫画家として生きることは

    「伝達本能の星」を活かすことでもあります。

    この星が、もともと異常性を持っていることで

    松本先生としても、伝えることにより強いこだわりを持ち

    (非常に強いこだわりを意味する)

    それが作品の中の随所に、生かされていたのではないかと思います。

     

     

    先生の持っていたであろう、「こだわり」については

    他の星からも推察できます。

    その星は、「天将星」です。

     

    「天将星」とは、最大のエネルギーを持つ星。

    自分自身が心から納得できないことには

    本当の意味で、前には進めないといった星です。

    この粘り強さ、諦めの悪さなどが

    結果として、作品に活かされることになったと占います。

     

     

    表れている星からは、「陰の星」ばかりの宿命。

    このことが意味するのは

    描かれるキャラクターたちは

    どこか女性的、強さの中にも確実に繊細さが現れるとか

    そう、女性を描く方が得意になると占います。

     

     

    メーテルの声優 池田昌子さんも

    松本先生と同じく、表れている星が大きく展開をしています。

    このように自分(松本先生)が

    自分の宿命の特徴と同じ相手(池田さん)と

    仕事を共にするといったことは、珍しいケースではありません。

    また、自分の宿命と共通点を持つ相手を選ぶといったことも…

     

    ~訂正箇所~

    訂正前は、2月20日・己酉日で鑑定してしまいました。

    正しくは、お亡くなりになった年運は癸卯年。

    月運は甲寅月、日運は壬寅日でした。

    すべて「寅卯」です。

    奥様の牧美也子さんが「寅卯天中殺」。

    自分の妻への深い想いと占います。

    そういう時を選んで旅立ったと算命学では考えます。

     

     

    メーテルの瞳が好きでした。

    いつもどこか、憂いを秘め

    それでも、揺るぎない芯の強さを感じる眼差し。

    子どもの頃に、松本先生の作品に出会えてよかったと思っています。

    ご冥福をお祈り申し上げます。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

     

    何を、伝え残していきますか?

    占術編「人体図にある星が消化されているかどうかが分かる運気」とは

    子どもの「天中殺」に親が亡くなることの意味

    お墓について

     

    好きになる相手には 共通した星が多い

     

    これまで好きになった相手の宿命

    これらの人に共通点が多い、といったことは

    往々にしてあることです。

     

     

    例えば

    前の相手と今の相手に

    共通して、Aという星が存在しているとします。

    このことが意味するのは

    自分自身が、Aという星が好きであること。

    こう聞くと、「それって当たり前じゃない?」と思いましたか?

     

    これには続きがありまして

    前の相手との関係で、自分自身やり残してきたことが

    今の相手が持つ星に表れていることがあります。

     

     

    「Aという星」と表記しましたが

    この星は、特徴的な星であり

    相手がこの星を持つことで

    自分自身もそれなりに大変な思いをすることもある。

    そういった意味合いを持つ星です。

     

     

    また、前の相手と今の相手の共通点として

    「宿命から表れている特徴」というのも、あります。

     

    例えば

    ・宿命に「正反対の星」を持つ

    ・同じ種類の「宿命中殺」を持つ

    ・恋愛モードになりやすい星を持つなど…

     

     

    客観的に見ることで

    自分の持つ傾向(クセ)や

    自分自身がクリアしていくべきことを知る。

     

    「算命学」は、知ることに重きを置く占い鑑定です。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』龍メイ

     

    にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

    日頃から自分の運を大切に… note 運勢を下げない生き方とは

    子どもの「天中殺」に親が亡くなることの意味

    note 女が「天将星」を持つということ

    ココナラ 子どもと縁がある宿命か・縁がない宿命かを鑑定

     

    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

     

    ココナラ電話占い

    ココナラ宿命鑑定

    宿命鑑定 ベイス

     

     

     

    鑑定の御案内

     

     

    お問い合わせ・鑑定依頼はこちら


      ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

       

       

      坂本龍一さん12月にピアノソロコンサート配信

       

      坂本龍一さん 1952年1月17日生まれ「子丑天中殺」

       

      「宿命中殺」が存在する宿命。

      「宿命中殺」には、いくつかの種類がありますが

      このタイプの「宿命中殺」は

      或る意味で、特殊な面を持ちます。

       

      このことを裏付けているのが

      「この形式での演奏を見ていただくのは、これが最後になるかもしれない」

      という言葉に現れています。

       

      つまり、自分自身の

      先が見えてしまうというか

      嫌でも感じ取ってしまうというか…

       

      この「宿命中殺」を持つ者が

      そういった言葉を発するのは

      決して大袈裟でなく、的外れでないと占います。

       

       

      なぜ、今年9月に収録して配信は12月12日なのか。

      まず、9月の月ごとの運気からは

      「名誉を示す星」が回っています。

      自分の名誉に賭けた思いが伺えます。

       

       

      12月の月ごとの運気からは

      「天中殺」であること。(2023年1月も「天中殺」の月)

      更に、「自分を示す星」と

      「幸福感・満足感・達成感」といった星が回っています。

      配信にあたり、自分自身の強い意志と

      幸福感・満足感を求めている思い。

       

      更に、12月12日の日ごとの運気からは

      「仕事の星」が回っています。

      音楽に対する自分の責任を果たしたい

      といった思いが伺えます。

       

       

      宿命からの姿は

      精神性を重んじる生き方。

       

      音楽を完全にビジネスと捉え

      自分が作りたい音楽よりも、売れる音楽を作る。

      こういったスタンスを嫌う宿命。

      音楽への強過ぎるこだわりも嫌います。

       

       

      宿命からの姿と、実像が違ってしまうと

      そこに「開き」が生じます。

      たとえ5度でも角度が付き、そのまま進む→人生が進むと

      その「開き」、広がり過ぎた「開き」は

      埋めることが出来なくなります。

      算命学では、そういった考え方をします。

       

       

      立派な人 優れた人 素晴らしい人 世界に誇れる人

      これらを手にすることで、失うものがあります。

      自分自身で何とか出来る場合と

      そうでない場合があります。

       

       

      坂本龍一さんの今年の運気からは

      より、自分に対して意識が向く。

      自分の存在意義を求める想い。

      自分自身をアピールしたい。(大きく見せたい)

      強いカリスマ性を発揮。

      様々意味で、大きく広がる。

      ここでの広がるとは

      自分にとって、辛い状況が広がることも意味します。

       

       

      「健康・寿命を示す星」が回っています。

      このことが意味するのは

      健康・寿命に関することが、クローズアップされると同時に

      実際の生き方と、宿命からの姿とのギャップがある場合には

      自身の健康・寿命にダイレクトに現れる。

      【74歳の壁】と占います。

       

      更に、今年と来年は「守護神の星」とは反対

      「忌神の星」が回っています。

       

       

      『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

       

       

      坂本龍一さん 自分の「天中殺」に…

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      中居正広さん「宿命中殺」「天将星」

       

      中居正広さん 1972年8月18日生まれ「申酉天中殺」

       

      「宿命中殺」について

      「宿命中殺」は、いくつかの種類がありますが

      中居さんの「宿命中殺」は

      健康面に、その作用が現れることがあります。

       

      今回の経緯、これまでのこと

      これらを宿命から鑑みた場合

      (現在の運気の状態からも)

      本当の意味での復帰は

      そう簡単なものではないと占います。

       

       

      宿命からの姿として

      自分のカラダや健康を

      おろそかに、後回しにしてしまう

      そういうことが出来てしまう星。

      このことがカラダに、より強いダメージを与えると占います。

       

       

      更に、「天将星」と或る星の存在からは

      周囲に対して、自分の体調のことを明かさない。

      かなり追い詰められないと明かさない人、と占います。

       

       

      「天将星」という言葉を初めて聞く方へ。

      最大のエネルギーを有する星です。

      字の通り、トップやリーダーを示す星。

       

      この星の持つ質は

      「自分は」という意識が非常に強い。

      言ってしまうと「俺様」という意識。

      この意識が、自分と相手との間に距離を置く

      自分からは、本当の意味で歩み寄らない人になると占います。

       

       

      この「天将星」と、他の星の絡みから

      とても孤独感が強い人。

      自分自身で孤独を強めていると言った方が

      合っているかもしれません。

       

      今回のことと、今年と来年の運気からは

      一層、孤独感を強めてしまうのでは。

      (ブログ上、ここまでの表記とします)

       

       

      第一線で、長く活躍を続けることは

      それだけ必要となるモノがあります。

       

       

       

      仕事や収入に恵まれているからといって

      自分の宿命が必要としているモノも

      手にしているとは、限りません。

       

       

      算命学は、非常にシビアな捉え方をします。

      そういった理由もあって

      私は、敢えて鑑定を勧めないスタンスを取っています。

       

       

      『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

       

       

      鑑定結果は、ハッキリとお伝えしています。

      ご自分の望む結果を受けたい思いの強い方

      慰めや励ましを求めている方には、添えません。

      熟慮の上、御依頼ください。

      鑑定の御案内

       

       

      お問い合わせ・鑑定依頼はこちら


        ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

         

         

         

        母親と縁を絶ちたいが 母親と縁がある宿命

         

        自分としては、母親との関係を切りたい。

        でも、実際には母親との接点が多い。

         

        今回は、本人の宿命から見た場合と

        母親自身の宿命から見た場合で

        いくつかの例を挙げます。

        (タイトルから脱線するところアリ)

         

         

        1・本人が母親と縁が無い宿命の場合

        母親から離れたとしても

        本人としては

        いつまでも悲しみに暮れるとか

        強い後悔の念に、囚われ続けることはないと占います。

         

         

        2・本人が母親と縁がある宿命の場合

        母親から離れても

        事あるごとに、母親のことを思い出す

        自分の方から、再び連絡を取ると占います。

        (母親に対し、負の感情を抱いていたとしても)

         

         

        3・母親自身が子どもと縁が無い宿命の場合

        子どもに干渉しすぎることは

        母親自身の宿命の未消化と捉え

        運勢が下降すると占います。

         

        親としては、良かれと思ってすることは(過干渉でなくても)

        子ども自身の運勢にとっても、望ましくないと占います。

        (子どもに対して、親が果たす義務は別です)

         

         

        4・母親自身が子どもと縁がある宿命だが、子ども自身は母親と縁がない宿命の場合

        もし、子ども自身が親離れ出来ていない場合

        親子間でのすれ違い・ボタンの掛け違いが

        非常に多く現れると占います。

        このパターンは、かなり悩ましい状況を招く

        そういった可能性が高いと占います。

         

         

        自分から見て、相手との縁がある。

        でも、相手から見ると縁が無い。

        こういうことは、家族間であること。

        稀有なことではありません。

         

        今回は、「母親」で取り上げましたが

        父親でも当てはまります。

         

         

        親子という、最も近い関係だからこそ

        現実的に避けられないことが生じてきます。

         

         

        片方から見た場合に、縁があるけど

        片方から見た場合、縁が無い。

        これらは、親子間での摩擦となり

        ひいては、非常に厄介な問題を引き起こす要因になると占います。

         

        このことを重くさせないためには

        互いの関係性を客観的に捉え

        少しでも摩擦を強くしないよう、努力をすること。

         

        親子鑑定の御案内

        算命学お悩み相談

         

         

        今回のテーマ

        【母親と縁を絶ちたいが 母親と縁がある宿命】

        もし、自分が「母親と縁がある宿命」を持って生まれたならば

        母親との縁を絶つためには

        精神面・現実面において

        物凄く苦労を強いられること。

         

         

        母親と縁がある宿命とは

        実際に母親との関係性を育むことが宿命からの姿。

        しかしながら、現実的には

        叶わない環境に身を置く場合もあります。

         

        宿命からの姿と、実像とのズレが生じた場合

        このことを、多少カバー出来る生き方がありますが

        それは、あくまでも「多少のカバー」であること。

         

        「自分の持つ宿命からの姿を生きられる」

        この環境が整うことも

        これはこれでまた、大変なことなのです。

         

         

        『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

         

         

        占術編【子どもの持つ「気」が不安定になる親の相性の見方】

        占術編「両親に関することが 自分の家庭運にダイレクトに作用する宿命の見方」

        夫婦の不仲が、子どもの○○に影響を与えるとは

         

        きょうだいの有無について

        過保護な父と母・厳しすぎる父と母 それぞれが子どもに与える影響とは

         

         

        個人鑑定はこちら


          ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

          丸山桂里奈さん「天将星」「天中殺」「宿命中殺」子どもと縁が無い宿命

           

          丸山桂里奈さん 1983年3月26日生まれ「寅卯天中殺」

           

          最大のエネルギーを持つ星

          「天将星」が存在する宿命。

          夫 本並健治さんは、エネルギーが弱い宿命。

          このエネルギーの差に関しては

          相性としてNGです。

           

           

          丸山さんは「宿命中殺」が子どもの星に作用。

          子どもとは縁が無い宿命。

          それでも、子どもは生まれます。

           

           

          ただ、子どもと縁が無い宿命の女性で

          妊娠に関する悩みを抱えて来られる方も

          私の鑑定では、多々見受けられます。

           

           

          子どもと縁が無い宿命を持ちながらも

          子どもは、生まれること。

          縁が無い相手との関係性=多くの苦労です。

          このことを生涯において、消化せねばならない宿命。

           

          子どもと縁が無い宿命が

          「母親になることの心構え」と申しますか

          子育てにあたり

          留めておいた方がいい、とされる事柄があります。

           

           

           

          丸山さんは、今年と来年が「天中殺」。

          「天中殺」で生まれる子どもの子育ては

          かなり大変になると占います。

          (一般的に言われている、子育ての苦労以上の苦労)

           

           

          ここまでで、気づいた方もいるでしょうか。

          もともと子どもと縁が無いから

          自分の「天中殺」が絡むことになる…

          そう、このことは無関係でないと捉えます。

           

           

          本並さんも、子どもと縁が無い宿命。

          自分の宿命の持つ特徴が

          相手を引き寄せることが…

           

          自分の宿命と、相手の持つ宿命に共通点がある場合

          その共通点が示唆するモノは

          とても強まると占います。

          互いが夫婦になるとは、そういうことです。

           

           

          本並さんの宿命からは

          家系に関する、或る特徴的かつ重要なことが表れています。

          ー算命学ブログによっては

          この占術に関する内容を記載しているようですが

          私は控えます。

           

           

          ~おまけ~

          丸山さんの今の全体的な運気の流れ→大運は

          34歳から始まって、10年間続きます。

          この大運での結婚は

          かなり苦労すると占います。

          子どもが生まれるのも、この大運。

          (大運とは、10年ごとに回ってくる運気の流れを指す)

           

          ★結婚した時の運気や、子どもが生まれた時の運気は

          これらのことが続いている間、ずっと作用すると占う。

           

           

          こういう運気に結婚してしまう→

          算命学的には

          「自分がこういう運気を選んで結婚をした」

          この背景には

          以前からの運勢の弱さがある、と占います。

           

           

          『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

           

          子どもと縁がある宿命か・縁がない宿命かを鑑定します 宿命から表れている「子どもを示す星」を鑑定します。

           

          自分の運を下げない生き方とは

          「天将星」を持つ女性が妻になることについて

          夫婦間の年齢差・親子間の年齢差で起こりやすいこと

          コロナウイルスと「同一天中殺」について

           

          お友達リンク ラインスタンプ

           

          お問い合わせ・鑑定依頼はこちら


            ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)