勘違いしやすい人・勘違いは味方にも仇にもなる

 

『そもそも恋愛は、勘違いから始まる』

と言っても、あながちウソではないかと…

 

もともと、すぐ勘違いしやすい

こういった宿命を持つ人がいます。

 

また、「勘違いしやすい運気」というのがあって

これは誰しも回ってきます。

 

 

勘違いという言葉だけ聞くと

余り良いイメージを持たない人もいるでしょうか。

 

算命学では

勘違いを重要に捉えているところがあります。

 

 

今回は恋愛を取り上げましたが

恋愛以外にも、勘違いから始まる事は

多々あるかと思います。

 

算命学は

様々なシーンに活用出来ます。

 

 

その勘違いは

自分にとって、味方になるモノなのか。

それとも、過ちへと繋がるか。

 

過ちとなった場合

自分が勘違いしたまま行ってしまうため

とても厄介なことになると占います。

(ブログなので厄介という表現にしています)

 

今回の占術的な見方は、今月のメンバーシップに掲載します。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

メンバーシップ掲載 第一回:政治家である父親の犠牲になった息子

 

 

算命学を習得したい人へ

noteメンバーシップでは

メンバー様に有料で記事を公開しています。

月3000円(記事は当月のみ掲載・翌月以降はマガジンに掲載)

 

「算命学レッスン2」に掲載|龍メイ|note 「算命学レッスン2202312月・20241月・2月に記載した内容です。 note.com

 

 

 

 

自分が思う自分らしさと 宿命が示す自分らしさ

 

「自分らしさ」という言葉を聞くと

それは、その人にとって真の自分らしさなのか?

と思うことがあります。

 

 

自分が思う自分らしさ

自分が望む自分らしさ

これらと宿命が示す自分らしさが

もしも、合致していないと

どうなると思いますか?

 

それは、ストレスです。

 

 

「自分らしさ」という言葉の影に隠れて

自分の本心に対し、見て見ぬふりをしていると

その時は、ラクに過ごせて

やり過ごすことが出来たとしても

それは、ただスルーしただけ

先送りしただけのこと。

 

ここでの先送りしたモノとは

再び、その姿形を変えて

訪れると占います。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

 

算命学を習得したい人へ

noteメンバーシップ

メンバー様限定で、ブログでは記載していない情報を発信しています。

あなたの知りたいことの価値は?

 

ブログ更新はnoteより発信しています。

 

 

 

 

 

妻から厳しくされることが宿命からの姿

 

優しい女性が好き。

癒し系の妻が好き。

といった男性や

優しい妻の方が、夫から好かれる思っている女性は

テーマを見て、エーッと思われたでしょうか…

 

ここでの厳しくとは

相手への愛情があるからこそ

相手のことを想うからこそ

自然と、強い口調になってしまう。

 

 

こちらは、もしもですが

妻となる女性も、夫への優しさから

つい、強い態度や言葉になってしまうのが

宿命からの姿である場合

 

このふたりの相性は良いと占います。

 

 

 

今回のテーマに当てはまる男性が

ただただ、妻から優しくされることを

切望しているとしたら?

 

残念ながら

宿命からの姿とは、異なる生き方をしている。

この男性の運勢にとって、望ましくないと占います。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

裸の王様になると非常に厄介な…

 

誰しも、裸の王様のように

時と場合によっては

偉そうになってしまう可能性はあるでしょう。

 

しかし、今回のテーマに当てはまる者が

実際に裸の王様になると、非常に厄介。

場合によっては、厄介どころでは済まないおそれアリと占います。

 

 

或る有名人が、過去に起こした不祥事で

「自分は、将来人間〇宝になる人間だ」と

その場で言い放ったことがありました。

今も普通にCMに出演しています。

(過去に問題を起こしても、時が過ぎると自動的にリセットされるのが芸能界みたいですね)

 

 

最近では、或る大会の補欠を辞退した選手。

今回のテーマに当てはまる星を持つことで

「補欠で出場なんて、自分としては絶対あり得ない」

といった心の叫びが、聞こえてきそうでした。

 

この二つの件から、気づいた人もいるでしょうか。

今回のテーマは「偉い星」。

 

「偉い星」を持つことで

プライドも非常に高くなります。

このことが良い・悪いではなくて

この星に見合う人なりを目指して生きること。

これが宿命からの姿。

 

 

しかし、言葉では簡単ですが

現実となると、容易なことではありません。

 

「偉い星」を持ちながら

実際には、偉くない

偉くなろうとしても、偉くなれない人は五万といます。

 

例えば

「偉い星」を持つ者が、偉くなれなかったのと

「偉い星」を持たない者が、偉くなれなかったのとでは

ストレスの質や、重さがまるで違ってきます。

今回のテーマに限らず

星を持つとは、そういうことです。

 

 

note有料記事で、最も購読されているのが

今回のテーマに当てはまる記事です。

このことも、或る意味で解る気がします。

 

栗山英樹 ザ・トップインタビュー 柳井正さん

こちらを観て思い浮かびました。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

noteメンバーシップ
メンバー様限定にて記事を公開

 

生還を果たした人

 

過去に、〇〇から生還した

或る、実在する人物について。

(実名はブログでは伏せます)

 

宿命からの姿は

動乱に強さを発揮すること。

安定を嫌うこと。

 

言い換えると、こういう宿命だったが故に

長い年月を経ての生還が叶ったと。

 

 

宿命からの姿というのは

時に、非情でもあります。

 

宿命の持つ作用が、星が

本人は、全く望んでいない状況を作り出すことも。

 

 

生還出来たのは

実際に、過酷な環境に耐え抜き

苦難を乗り越えられたからであり

その原動力となったのは

本人の宿命から放たれたエネルギー。

 

 

もしも、安定に強い宿命だとしたら

果たして、生還は?

本当の意味での生還は…

 

 

今回の人物は、生還してから今に至るまで

おそらく安定した生活を続けていると思われます。

(これまでの報道からは)

 

しかしながら、宿命からの姿は不安定を求め続けている。

このことが気になり、今回取り上げました。

 

 

この人物の実名は、こちらの記事の文末に掲載↓

安定した仕事に就くと辞めたくなる→こちらの見方・実在人物(有名アーティスト)

 

番外編:久しぶりにInstagramを更新した 或る男性芸能人の命式から

運勢が下がっている人ほど

「天中殺」で病気に罹ることが意味するモノとは

 

noteメンバーシップやマガジン(過去のメンバーシップ掲載記事)では

ブログ解説もしています。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

安定した仕事に就くと辞めたくなる

 

「安定した仕事に就くことが望ましい」

一般論では、そういうところがあるかもしれませんが

その人の宿命から見た場合、どうなのか?

 

安定した仕事に就くと、辞めたくなる

気持ちがゾワゾワしてくるのは

表れている星が、もともと不安定だから。

 

 

このような宿命を持つ者が

安定した仕事を続けていたら

どうなると思いますか?

 

・現状を打破するため、〇〇な行動に出る

・悶々とした思いを抱えたまま、ストレスがピークとなり・・・

 

ブログなので、このあたりにしておきます。

 

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

現実面の苦労が続くと、立ち直れなくなる宿命

 

算命学が考えるところの現実面とは     

肉体面・物資面・金銭面。

 

 

宿命によっては、現実面の苦労が続くと

精神的ダメージを強く受け

結果、立ち直れなくなるとか

欲に目がくらみ、人の道から外れると占います。

 

 

現実面での苦労に対する耐性は

宿命から見ると分かります。

 

 

また、この宿命の強味は

知識を得ることが得意。

 

知識を得ることによって

自分の精神面がしっかりしてきます。

 

ですから、肉体労働には不向き。

長くは続かないと占います。

 

続けることは、自分の宿命に負担が掛かり

いづれ、運勢を枯らしてしまうと占います。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

 

占術編「初動大運天中殺」の者は、むしろ〇〇が望ましい

 

運を下げない生き方とは

運は上げることよりも、下げないことの方が大切

 

女が「天将星」を持つということ

「天将星」を持つ女性が妻になることについて



算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄

 

子どもと縁が薄い宿命について

「宿命中殺」の作用で、子どもとの縁が薄い宿命や

結婚した当時の運気の作用により、子どもと縁が薄くなる者がいます。

 

note「天中殺」で病気に罹ることが意味するモノとは?

ココナラ「守護神鑑定」

 

 

 

ゆるい生き方が合わない宿命

 

SNSで見かける

ゆるい生き方

ゆるっとした〇〇

 

宿命からの姿では

こういった感じが全く合わない者がいます。         

重戦車タイプの宿命。

 

こういった宿命を持つ本人が

実際に、ゆるい生き方や考え方でいて

何の違和感もないとすると

宿命そのものが、だいぶ病んでいるかと。

 

 

「今、流行っているから」

「何か、見ていてラクそうだから」

「周りもゆるい感じだから、自分もゆるくていいかな」

 

 

自分のスタイルを決めることに

時間を掛けて考えてもらいたいです。

 

noteメンバーシップ

こちらに今回あてはまる 人体図例を挙げています。

 

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』龍メイ

 

その土地への思いの現れを占う

 

そこに住み続けることが、困難になった時。

このことに対する思いを

「或る占術」で占います。

 

宿命から表れる「星の根」を見る技法です。

 

こちらの内容は、以前のブログで掲載したので

気になる人は、こちらからどうぞ。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

自分の星を満たす生き方

 

人は、自分の持つ星を

満足させるために生きている。

(生きることの意味の一つ)

 

算命学の考え方です。

 

 

宿命から表れている星がある。

 

 

例えば

プライドの高い星を持つ者が

実際に、社会的地位を得られることで

自分の星は満足します。

 

 

この反対は、どうでしょうか?

プライドの高い星を持ちながら

実際に、社会的地位を得られていない場合

 

酒で紛らわす

相手にマウント

迷惑行為

ドラッグに浸る…

 

 

つまり、何とかして

自分の星を満足させようとします。

しかし、これらは落伍者となり得る生き方。

 

 

 

星を満足させる生き方は

そう簡単なことではないのですが

苦労を伴っても

苦労に「好き」がプラスされると

苦労の色が、まるで違ってくるのでは?

 

 

 

「自分の好き」を見つけられやすい

こういった「月ごとの運気」があり

誰しも回ってきます。

 

自分に差す運気を、味方に出来るか?

 

 

知ることの意味を

算命学は重要視します。

 

 

~補足~

プライドが充分に満たされていても

或ることが要因となって

星が満足しない、といったケースもあります。

(この要因は、占術的にいくつも考えられます)

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

※ ブログに関する質問・占術につきましては、教示として承ります。

 

 

運を下げない生き方とは

運は上げることよりも、下げない生き方が大切

運は、そう簡単に上がりません。

運が下がると必要なモノをキャッチ出来ない

 

【鑑定の御案内】

 

ブログ・鑑定に関するお問い合わせはこちらから