宿命が示す一本の道

 

成功していることが、その人の宿命からの姿であるとは限りません。

 

宿命からの姿を、その人が歩むべき一本の道とします。

 

宿命からの姿でない生き方を続けることで、この道から外れていきます。

 

どんどんと外れていくことで

最終的には、宿命が歩むべき道には戻れなくなります。

 

この極点が、【人生の幕引き】であると算命学では考えます。

 

 

宿命が歩むべき道から逸れた場合においては

往々にして、自分自身にサインが送られます。

 

そのサインに気づき、道に戻れるかどうか…

 

 

確たる地位や名声を手にしているのになぜ?

人が羨むような状態が、その人の宿命に合っているとは限りません。

 

算命学は、一般常識や情で判断をしません。

 

その人の宿命からの姿と、その人の実際の生き方、モノの考え方から鑑みます。

 

また、子どもの頃にどういった過ごし方をしたのか。

このことも外して見ることは出来ません。

 

 

私自身、気に留めていた俳優さんでした。

 

今回、その方の宿命鑑定には触れませんが

 

その方の陽占と陰占とが、脳裏に浮かんだり消えたりしています。

 

 

後日、ここでお伝え出来るよう努めます。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

実例鑑定 「家族全員の運勢のバランスを取りたいのですが」

 

「家族みんなの運勢のバランスを取るためには、どうしたらいいですか?」

というご相談を受けました。

私からの回答は

「それはむつかしいですね・・・」

 

占いサイトからの依頼だったため、ハッキリとした物言いは避けました。

 

算命学の考え方を伝えても、おそらく受け入れて貰えない感があったためです。

 

また、こちらの鑑定で料金は頂きませんでした。

(全ての鑑定に当てはまるとは限りません)

 

 

家族間でも、運勢の引っ張り合いは起こります。

 

誰かの運勢が上がることは、その影(犠牲)となる者が必要になると考えるからです。

 

よって、家族全員の運勢のバランスを取るという考え方そのものが

算命学には、当てはまらないのです。

 

誰かの宿命からの姿を活かそうとすることで

他の誰かの宿命からの姿が活かせなくなる。

 

こういったケースは、特に稀ではありません。

 

 

☆余談☆

サイトでの鑑定は、或る意味で限界があります。

サイトの規約に触れる内容は、こちらとしては控えるからです。

今、思いつくところの具体的な内容を挙げると

・宿命から表れているむつかしさ

(宿命を消化することそのものが大変であるケース)

・健康運

・妊娠に関すること

・子どもの星に難が表れていること(親から見た場合)

・配偶者の星に難が表れていること(自分から見た場合)

・離婚再婚を繰り返している場合

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

龍メイnote

 

鑑定の御案内

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

 

ツイッター

 


個人鑑定はこちら

 

 

河井夫妻容疑者「名誉を示す星」が

 

河井克行 1963年3月11日生まれ 案里 1973年9月23日生まれ


河井克行容疑者 名誉の星が無い

 

宿命からは「名誉を示す星」が表れていません。

 

「名誉を示す星」が表れない者でも、国会議員や大臣になれます。

 

しかしながら、実際に国会議員となった場合

自分の立場を芯から理解出来ないといったことが起こると占います。

 

こういった場合、次の事態を招くことになります。

・正しい名誉の使い方が出来ない(名誉を履き違える)

・名誉に対する執着が強くなる

 

宿命から表れない星を活かす生き方は、それだけ大変なことであり

より多くの苦労を強いられると算命学では考えます。

 

 

 

案里容疑者 名誉中殺

宿命からは、二つの「名誉を示す星」が表れています。

 

一つは「名誉を示す星」が「宿命中殺」の作用を受けており

もう一つは「宿命中殺」の作用を受けていません。

 

こういった場合、名誉が有って無いような状況を生み出します。

(宿命中殺の作用は、物事に異常性を持たせることになる)

 

このような宿命を持つ本人の感覚は、「自分は名誉を得るに値する人間」

と思いがちになるですが、同時に勘違いをすることも。

 

「宿命中殺」の作用(異常性が働くこと)により、異常なまでの勘違いをします。

 

特に、二つの「名誉を示す星」が表れていながら、片方が中殺されていて

もう片方が中殺されていない星であることが、様々意味において複雑にさせるのです。

 

本人としては、生き方に迷いが生じます。

 

果たして、優先して活かすべきは中殺されている星?中殺されていない星?

 

 

「名誉を示す星」が宿命中殺の作用を受けることで、次のことが当てはまります。

・大きな名誉や名声を得ることが出来るか、もしくは全く得られないかのどちらか両極端になる

・名誉に固執した場合、足元を掬われることに

 

 

 

二人共に名誉を示す星が「忌神」

忌神とは、守護神の反対の意味を持ちます。

 

占術的な説明

河井克行容疑者の自分を示す星は、水性(陰)=小さな水

「名誉を示す星」は、土性=土や泥

 

名誉が大きくなると、自分である小さな水に泥が混じることになるため

小さな水としての役割は果たせなくなります。

 

このことは運勢のダメージとして捉えます。

 

 

全体的な運気の流れからは、52歳から始まって20年間は土性が回っています。

 

土性=「名誉を示す星」です。

(2020年6月現在 57歳)

 

「名誉を示す星」は回っていても、忌神であり、宿命にとって有り難くないことから

運勢のダメージを受ける可能性が高いと占います。

 

更に、今まで名誉に対する行為や捉え方に問題があると、途端にクローズアップされます。

 

 

☆補足☆

全体的な運気の流れとは、10年間ごとに変わる運気です。

今の全体的な運気に、どういった星が回っているのかを知ることで

どういう出来事が起こりやすいのかを占います。

 

 

 

案里容疑者の全体的な運気から

25歳から始まって20年間は、「大運天中殺」といって不安定な運気。

 

広島県議当選と結婚は、「大運天中殺」の運気。

 

「大運天中殺」では、「子どもを示す星」が回っています。

 

実際に子どもがいないことで、子ども運が犠牲になると捉え

その分だけ「大運天中殺」での禍が軽減されると占います。

 

「大運天中殺」で政治家の道に入ったことから、どれだけ私欲をコントロール出来るか。

 

「自分は〇〇させてもらっている」というスタンスが求められます。

 

「大運天中殺」が明けてからも、そういったスタンスでいること。

 

理由は、「大運天中殺」で政治家になったからです。

 

長きにわたって続いた「大運天中殺」が明けたのが、45歳になる誕生日2018年9月

今年と来年 2020年と2021年は「天中殺」(子丑天中殺 2020年6月現在46歳)

 

「大運天中殺」が明けて最初の「天中殺」が回ったこの時期に問題が浮上したことは

「大運天中殺」の身の処し方に問題があったと捉えます。

 

「大運天中殺」が過ぎたからといって、それで良しということではなく

過去→現在が繋がっているように、運勢も過去→現在と繋がっています。

 

 

余談:『天中殺が過ぎれば良くなりますか?』という質問を多く受けますが

「はい、大丈夫です」と言い切れないのは、運勢の繋がりがあるからです。

 

「天中殺」で起こった問題は、根が深く更に長引く可能性が高いです。

 

根が深いことからは、まだまだ露呈していない事が多いのではないでしょうか。

 

特に、案里容疑者と同じ「子丑天中殺」である関係者は

枕を高くして眠れないのでは…

 

 

今回の「天中殺」からは、「知恵の星」が回っています。

 

知恵が異常性を出す→平気でとんでもないことを考える、と占います。

 

しかし、こういった心持ちでいることを今の「天中殺」は求めていません。

 

「天中殺」での禍を軽減させる一つとして

【受け身で過ごすこと】

答えない・認めないことは、受け身ではないと捉えます。

 

 

 

二人共に「宿命中殺」が存在する宿命

二人に共通している「宿命中殺」があります。

(宿命中殺には、いくつかの種類があります)

 

このことが意味するのは、互いに価値観が近くなることです。

 

特に、河井克行は二つの「宿命中殺」存在します。

 

当然ながら、「宿命中殺」が多いほど消化するべきことも多くなってきます。

 

 

余談:「宿命中殺」鑑定を受けられた方々は、概ね二つのパターンに分かれます。

1・腑に落ちる人。これまでの自分の人生に妙に納得する人。

2・「どうして自分が?」という思いになり、多くの質問を寄せてくる人。

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

 

宿命中殺が存在するかどうかを鑑定

 

結婚における重要な事項

ココナラ占いサイト

 

 

個人鑑定はこちら

パートナーを示す星について①

 

宿命からは誰しも「パートナーを示す星」が表れます。


「パートナーを示す星」がどのように表れているか、について取り上げます。



1・「パートナーを示す星」が多く存在している宿命


基本的に恋愛の機会としては、多くなると占います。


考えられることの一つとして、同時に複数の相手と関係を持つことです。


実際にそのような関係を持った場合、本人としては余り抵抗を感じません。




2・「パートナーを示す星」が二つ存在し、その状態に或る作用が表れている場合


同時に二人の異性の間で自分自身が揺れ動く→どちらを選べばいいのか非常に迷う


実際に片方のお相手を選んだとしても、後になってから選ばなかった相手に対しても想いを残すことになる


つまりは、いつまでも心残りを抱えていくようになると占います。




3・自分の両サイドに「パートナーを示す星」が二つ存在している場合


パートナーに対して、最初から求めるモノが多くなる。


ちょっとしたお願いも含めて、パートナーがキチンと聞き入れてくれることを強く望みます。


実際にパートナーが対応してくれない場合は、お願いした自分がいけないのではなく

聞いてくれないパートナーに非があると感じます。



4・「自分を示す星」と「パートナーを示す星」が最初から合致している場合


結婚願望としては、かなり強くなります。


相手とは、会いたい時に会えるような関係でいたいと思うこと

つまり、遠距離恋愛は続かないと占います。




他にもいくつかありますが、また機会があれば取り上げたいと思います。




※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

運を下げない生き方とは
運は上げることよりも、下げないことの方が大切 
結婚運とも無関係でないと考えます



算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄

鑑定の御案内

 

個人鑑定はこちら 

 

柴咲コウさん 現在天中殺 大半会アリ


柴咲コウさん 1981年8月5日生まれ

 

大半会を持つ宿命

「自分を示す星」と「社会を示す星」が大きく広がりを見せています。

これを「大半会」といいます。

(こちらは陰占での見方)


このことが意味するのは

自分のワクを遥かに越えて、大成果をもたらす可能性がある。

自分以上の自分に成れる力が備わっている宿命。ということです。


モノの考え方や捉え方においても、スケールが大きくなる傾向があります。

実際の生き方として「小さくまとまるな」というのが宿命からの姿です。


この大半会を持つ宿命の者は

普通一般的な仕事や生き方ですと、宿命は消化されません。

宿命からの姿と、実際の生き方のギャップが大きいほど

自分に掛かるストレスは大きくなります。


役者として鑑みた場合、大半会は演技にとってプラスです。

大半会には、変化という意味合いも含まれているためです。

星同士がまとまることで、別の星に変化します。

大半会で変化した星というのは

変化する前よりも強いパワーが備わるからです。

但し、大半会を活かす生き方をすること→

スケールの大きい生き方・考え方が条件となります。



 

実業家として活動

「自分を示す星」は、「財を示す星」となって表れています。

「財を示す星」の表れ方とその状態からは、起業を考えてもおかしくないと見ます。

(こちらは陽占の見方)


起業した2016年の大運からは(大運とは10年ごとに回る運気)

「財を示す星」が回っていること・星がまとまりを見せていること

更に、2016年の年運からは「未来を示す星」が回っていること。

これらのことが意味するのは

自分の将来のことを考えた時に、ここで財を増やしておこう

という考えに至ったと占います。


ウィキペディアからは

「衣食住」をコンセプトに

プレオーガニックコットンや、レトルト化学調味料不使用のレトルト食品ブランドなどを発売。

正に、算命学が考える「未来の星」→カラダ・健康に当てはまる事業だと思いました。

その年にどういった星が回ってくるかで、本人の意識の方向性を読み取ることが出来ます。

 

 


結婚運がよろしくない宿命

恋愛や結婚に多くの幸せを求めようとすると、むつかしさが出ます。

だからといって、恋愛や結婚で幸せになれないということではありません。

幸せを手にするためには、乗り越えなければならないハードルもセットになるということです。

(ハードルの数は、結婚運が良い宿命と比較した場合、どうしても多くなります)


「パートナーを示す星」は「守護神の星」ですから、結婚した方が運勢的には安定します。

 



現在の運気は「天中殺」

「子丑天中殺」・2020年2月節分から2年間が「天中殺」

今回の「天中殺」では、「仕事を示す星」が回っています。

「天中殺」であることが、全てにおいてよろしくないのではありません。

仕事で大きな成果を出せる可能性も秘めていると占います。

但し、「天中殺」で出した結果を、自分の実力と受け止めてしまうと

後になって足元を掬われることがあるので、要注意です。

今年の「天中殺」からは、電撃結婚の可能性も表れています。

この場合、結婚と仕事の両方は取れないと占います。

結婚生活を続けたいのなら、仕事からは一切手を引くことが条件となります。

 

 

今後の全体的な運気の流れから

今は38歳で、31歳から始まって10年間続く運気にいます。

(2020年6月現在)

次に回ってくる大運は、「大運天中殺」です。

41歳から始まって20年間続きます。

41歳から始まって10年間の大運では「パートナーを示す星」が回っており

「大運天中殺」の作用を受けることになります。

このことが意味するのは

・パートナーとの縁が薄くなること

・自分の運勢とパートナーの運勢が引っ張り合うこと→

自分の運勢の安定と、パートナーの運勢の安定の両方は取れないこと。

これらのことを回避したいのであれば、「大運天中殺」に入る前に結婚することです。

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ



※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 


鑑定の御案内

個人鑑定はこちら 

 

コロナの影響と星の持つエネルギーが強い宿命

 

宿命からは、星の持つエネルギーが表れます。


宿命によって、エネルギーの大きさは異なります。



星の持つエネルギーの強さを大まかに三つに分けると


エネルギーが大きい場合:大型トラックで重量のある荷物をガンガン運ぶ姿


エネルギーが普通の場合:乗用車で荷物を運ぶ姿


エネルギーが弱い場合:歩きや自転車で荷物を運ぶ姿



エネルギーが強い方が良い・弱いからよろしくないとは考えません。


自分の宿命の持つエネルギーの大きさに見合う生き方が望ましいです。




エネルギーが強い宿命と、弱い宿命の違いを大まかに言うと…


エネルギーが強い宿命の者は、性格的にしっかりとしてくる・気の強さを持ちます。


このため、自分自身に折り合いをつけていくことが大変です。


エネルギーが弱い宿命の者は、気の弱いところがありますが、切り替えの上手いところがあり
ます。




鑑定をしていると、エネルギーが強い方がいいと言う人もいますが

実は、そうでもないのです。


算命学が考えるところのエネルギーを使うとは、現実面・肉体面などです。


生活が便利になると、エネルギーを使う機会が減ります。


エネルギーが強い宿命ほど、エネルギーの強さを活かせない。


つまり、エネルギーの不完全燃焼が起こります。


もともと備わっている大量のエネルギーの持って行き場がなくなるためです。


ひいてはこのことが精神的なストレスとなったり、肉体面に現われることも…



コロナの影響で、在宅ワークや家で過ごすことが多くなると


エネルギーの強い宿命=強星を持つ者ほど、ストレスを抱えやすくなります。


◆ 自分の思う通りにしたいという気持ちが非常に強い 


◆ 日頃からタフな生活をしている方がコンディションが良い 


◆ 暇になるとストレスが溜まりやすい 


これらのことが当てはまる人は、もしかしたらエネルギーが強い宿命かもしれません。

いかにエネルギーを燃焼させることが出来るか…

その一つとして、苦労を避けない生き方をすることです。

 

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


鑑定の御案内


龍メイnote


個人鑑定はこちら

マギー審司さん 車中泊生活から見える宿命からの姿


マギー審司さん 1973年11月11日生まれ

 

今回取り上げたのは

コロナ対策として家族を残し、自分だけが車中泊をしていることを知ったからです。

 

 

妻と子どもを示す星から表れていること

 

宿命からは誰しも「自分を示す場所」→

自分のエリアが表れます。

 

これを日干支(にっかんし)といいます。

 

マギー審司さんの日干支(厳密には地支)からは

 

妻と子どもを示す星がセットとなって表れています。

 

つまり、自分のエリアには常に妻と子どもがいる状態であり

 

このことが本人にとって、ごく自然で当たり前であること。

 

このことが意味するのは

 

自分と妻と子どもが安心していられるために、自分はどうしたらいいのか

ということを考えて行動する人になると捉えます。

 

更に、「自分の未来を示す場所」にも、妻と子どもがいる状態です。

 

このことが意味するのは

自分の未来や希望は、妻と子どもという意識になる人と占います。

 

正確には、こういった意識が非常に強くなる人です。

 

一般常識として、当たり前と思う方もいるかもしれませんが

 

例えばですが

自分の未来や希望は仕事、といった意識になる宿命もあります。

 

 

 

状況の変化に対して敏感な宿命であること

 

このような宿命を「純の宿命」といいます。


「純の宿命」を喩えると、透明な水です。

 

他の色が入ることで、その色に染まります。

 

コロナウイルス禍と言われるようになると、即反応します。

 

見聞きした情報を自分のことに置き換えて考えます。

 

これらのことが良い・よろしくないのではなく、宿命からの姿です。

 

 

 

今年の運気から見えてくる行動面について

 

今年の運気で回っている星と、宿命から表れている星は

 

全体的にまとまりを見せている状態です。

 

更に、この星のまとまりが「未来を示す星」となっていることからは

自分の未来、そして子どものことが気になって仕方ない状態となります。

(算命学では、自分の未来は子どもとも捉える)

 

これらの星の状態が意味するのは

子どもを最優先とした行動に出ることと

 

その行動面は、異常とも思えるくらいのモノになるということです。

 

 

星の持つエネルギーとしては、中くらいの強さの宿命ですから

体力的に無理は長続きしません。

 

しかしながら、適度な動きのある生活でしたらOKです。



※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


鑑定の御案内

龍メイnote


個人鑑定はこちら

大林宣彦監督

 

大林宣彦監督 1938年1月9日生まれ


偏りのある宿命であること


宿命から表れている星からは


「伝達本能の星」が、全体の8割を占めています。

非常に偏りのある宿命です。


「伝達本能」とは

自分の思いや考えを相手や周囲に伝えようとする本能です。


偏りのある宿命は

偏った生き方が宿命からの姿です。


例えば、仕事では専門職が適しており

生き方のスタイル・思考なども偏る傾向が現れます。


映画を通じての伝達。

そのことだけに強くこだわり続けていく生き方。


偏りのある宿命は、あれこれ手を出してしまうと

宿命の消化にはなりません。





星の激突が激しい宿命


星同士が互いにぶつかり合っている姿が目立ちます。


星のぶつかり合いは、心の葛藤を意味します。


気持ちが穏やかでいられる時間というのは

ほぼ無いに等しかったのではないでしょうか。



心の葛藤が激しい宿命は

その葛藤と、自分がどう向き合うかが重要です。


葛藤に押し潰されるか、葛藤をバネに出来るかは

宿命からの姿を活かすか・否かで決まってきます。




全体的な運気の流れ


お亡くなりになったのは、82歳


「大運天中殺」といって、不安定な運気でした。


「大運天中殺」は、或る意味で読めない運気です。


寿命を告知された場合

それ以上に長く生きることもあれば

反対にとてもあっけなく、といったことも…



ウィキペディアからは

高校時代は手塚治虫さんに憧れ、漫画を描き

ピアノた演劇活動、同人誌を主宰して小説を書くなど


これらのこと全てが「伝達本能」を発揮している姿です。





4月10日、日ごとの運気では「伝達本能の星」が回る日。


最期まで「伝える」という思いを抱えていたと思われます。


ご冥福をお祈り申し上げます。



※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。



鑑定の御案内


龍メイnote


個人鑑定はこちら 

 

結婚で運勢が上がる宿命とは

 


① 「自分を示す星」と「パートナーを示す星」が合致している姿

つまり、最初から自分とパートナーが一緒となっている姿

(この宿命を干合という)



② 「パートナーを示す星」が「人生の目的の星」となっている宿命

宿命から「人生の目的の星」が表れている場合

(表れない宿命の者もいます

表れるから良い・表れないからよろしくないということではありません)



③ 「パートナーの星が座する場所」に「人生の目的の星」が表れている宿命

どの宿命にも「パートナーの星が座する場所」があります


「パートナーの星が座する場所」の検索方法

生年月日から人体図を調べる

こちらから検索→算命学 朱学院 人体図

人体図の向かって左側に表れている星が座している場所が「パートナーの場所」


例:2020年3月27日生まれの宿命の場合 

「玉堂星」が表れている場所が「パートナーの場所」

この命式は、③も同時に当てはまります。



④ 「パートナーの星」が「守護神の星」となっている宿命

守護神とは、宿命を活かすことに味方するモノです


結婚することによって、守護神がもたらされます


自分の持つ宿命というのは

宿命からの姿に近づくために、サインを送ることがあります。


特に①の宿命を持つ者は、もともと結婚願望が強くなります。



★ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。



結婚鑑定の御案内

「結婚したいけど、なかなか結婚に結びつく縁がない」

算命学では結婚運をしっかりさせること、と考えます

★ 結婚運をしっかりさせるためには、どうすればいいのか

★ 宿命に見合う縁を引き寄せるためには、どうすればいいのか

★ 今の仕事に就いた時の運気からも鑑定します

結婚鑑定 料金 2000円

◆ 鑑定結果は明解にお伝えします

◆ 結婚運をしっかりさせることに苦労を伴う宿命もあります

占うことで、すぐに現状が良くなると期待感をお持ちの方

慰めや励ましを求める方には添えません





個人鑑定はこちら

きょうだいの星


きょうだいの星が表れる者と、そうでない者がいます。


これは「人体図」から見る方法で

貫索星と石門星が、きょうだいの星です。



生年月日から人体図を知ることが出来ます。

こちらから検索 算命学 朱学院 人体図



きょうだいの星が表れる者は


・きょうだいを、自分の心で理解しやすい人


・実際にきょうだいがいることが宿命からの姿となり

自分の運勢の助けになる



きょうだいの星が表れない者は


・きょうだいを一般常識や頭での理解が出来る人


・きょうだいと仲違いや疎遠になっても、気にならない





きょうだいの星が表れているか、否かで

きょうだいに対する思いや感覚に大きな違いが生じます。



例:三人きょうだいで、二人はきょうだいの星を持っているが

一人は持っていない場合

星を持つ二人は、基本的に気が合いますが

星を持たない一人は、星を持つ二人とは一線を画すようになります。

これは致し方ないことです。


親としては、この違いが子育ての苦労となります。


そうは言っても、きょうだいが仲良くすることの大切さや

互いに助け合うことの意味などは、諭していくことです。


実際には、一人っ子で育った者ときょうだいがいる者

この違いが学校や社会に出た時に意味することとは。

こちらについては、鑑定として承ります。





きょうだいの星が「宿命中殺の作用」を受けている者は

きょうだいとの縁が薄くなります。


縁が薄くなることがよろしくないのではなく

このことを消化していくことが求められます。


「消化していくとはどういうことなのか」

こちらについては、追って記載したいと思います。




ブログを通じて最近思うこと。。。

お問い合わせの内容から

誤った解釈をしていると感じることがあります。

ネットや本などから習得し
そこから自分の判断を加えている感がいたします。

個人的には、算命学の独学は限界があると思います。

ブログに詳細な占術を記載しないのは、そういった理由もあります。

鑑定の御案内

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります




「同一天中殺」鑑定 個人鑑定にて 2000円~5000円


・家族で「同一天中殺」が多いことで起こる可能性が高い事象


・そのことへの対処法


鑑定結果はハッキリとお伝えしております。


「こういった見方もあるのか」という認識を持てない方には
お勧めしません。


鑑定を希望される内容をお知らせください。


内容・人数によって料金が異なります。



個人鑑定はこちら