父親を示す星

「父親を示す星」が表れる宿命と表れない宿命

 

「父親を示す星」が表れている宿命の者は

様々な意味において、父親からの影響を受けます。

 

「父親を示す星」が表れていない宿命の者は

父親と縁が薄くなるため、父親からの影響を余り受けません。

 

例えば、「父親を示す星」が表れていない宿命の者は

両親が離婚して、父親と離れることになった場合

本人としては抵抗を感じません。

 

更に、父親への理解がむつかしくなると同時に

自分が実際に子どもを持った時、父親になりきれないと占います。

 

 

父親に対する意識が強くなる宿命とは

「自分を示す星」が「父親を示す星」となっている宿命の者は

父親の生き様に強い影響を受けます。

 

例を挙げると

小泉孝太郎さんがこの宿命です。

父親 小泉純一郎さんは、離婚して以来ずっと独身で、結婚生活も4年余りでした。

こういった背景が、孝太郎さんの結婚観に強く影響を与えます。

言うなれば、「結婚せずにシングルでいてもいいのではないか」という感じです。

また、父親がどういった考え方や生き方であっても、そのことを受け入れようとする思いになります。

様々意味で父親からの影響を受けるのですから、当然と言えばそれまでですが…

 

~鑑定こぼれ話~

小泉進次郎さんの持つ宿命からは

自分ときょうだいは「正反対の星」→正反対の関係性となっています。

このことが意味するのは

【進次郎さんが結婚すると、この反対に兄弟である孝太郎さんは結婚しない】

これが「正反対の星」の持つ作用です。

兄弟の持つ宿命の作用を、自分が受けることが多いにあります。

また、この「正反対の星」の作用については、もっと拡げて見ていくことも出来ます。

 

結婚のお相手が「父親を示す星」がどのようになっているのか。

このことを知っておくことで、将来パートナーがどういう父親になるのか

だいたい予想出来ると思います。

 

算命学は予防学。

知ることに重きを置く占い鑑定です。

 

関連記事 母親との縁が深い宿命

父親の星が表れているかどうかを鑑定します

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

龍メイnote 算命学が考える結婚における重要事項

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

サポートをお願い出来ますでしょうか。保護猫活動をしております。

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE

 

個人鑑定はこちら

     

    勘違いさせる力→この運気は誰しも回ってくる

     

    以前、トランプ氏の宿命鑑定で

    「自分を示す星」と「相手を示す星」とが、合致している姿

    星は他の星と合致することで、よりその強さを増すことになり

    そして、カリスマ性の発揮にも繋がる

    このように星と星とが合致することを「干合」(かんごう)といい

    干合を喩えると、ウルトラマンに変身するといった感じで

    自分が自分以外の者に変身することで、より強くなる。とお伝えしました。

    トランプ氏の持つ 相手に勘違いさせる力

     

    自分の宿命がカリスマ性を発揮することが表れていなくても

    後から回ってくる運気を使うことが可能です。

     

    「自分を示す星」と合致する相手となる星は、誰しも運気から回ってきます。

    ~運気の見方~

    ・年ごとに回る運気→年運は10年間のうち1年間回る

    ・月ごとに回る運気→月運は10ヶ月間のうち1か月間回る

    ・日ごとに回る運気→日運は10日間のうち1日回る

    ※10年ごとに回る運気→大運は、回ってくる宿命とそうでない宿命がある

     

    ここで留意してもらいたいことは

    上記した大運・年運・月運で回っている時は

    自分自身が勘違いしやすいということです。

    相手を勘違いさせる力とは、自分自身も勘違いを引き起こしている状態です。

     

    特に大運や年運で、こういった運気になると、大きく伸びることがあります。

    これをそのまま受け止めていってしまうと、後になって大変なことに…

    理由は、この運気が終わってしまうと、変身モードでなくなるためです。

    そう、変身する前の自分に戻るから…

    これらのことを解かっているといないとでは、大分違うのではないでしょうか。

     

    実在の人物で、変身モードの宿命を持っていた人を挙げます。

    故 田中角栄氏です。

    宿命からは、もともと変身モード(干合)がありました。

    田中角栄氏の変身モードは、かなり強いタイプで

    変身モードが繰り返される姿となっています。

    こうなると、もはや本来の自分が分からなくなってしまうほどの変身です。

    実際に首相に就いたことで、更に変身モードは進んでいったと捉えます。

     

    その立場に立つことが、名誉を手にすることが

    宿命を持つ本人にとって、果たして見合うことなのかどうか…

    変身モードは、状況によっては気をつけてもらいたい運気です。

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

     

    スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

    龍メイnote 遺産相続について

    鑑定の御案内

    算命学お悩み相談

    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

    NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

    ツイッター

     

    ブログをお読みくださりありがとうございます。

    あなた様のサポートをお願い出来ますでしょうか。

    このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


    個人鑑定はこちら

       

       

       

       

       

       

       

      自分のことは自分で守る本能とは

       

      【自分のことは、自分で守る本能】

      これは算命学が称える五つの本能の中で

      人間に最初に備わるべき本能と考えます。

      この本能を「守備本能」といいます。

       

      生まれたばかりの赤ちゃんが泣くのは、何かを要求するからですが

      言い換えると、何か不満がある・今の状態に満足していないから。

      (お腹が空いているとか、眠いとか)

       

      「守備本能」は、自分の身を自分で守っていくための本能です。

      この本能の力が正しく働かないと、生きていくことに支障をきたします。

      それ故に、最も重要な本能なのです。

       

      自分のことは何も出来ない赤ちゃんが成長し、少しずつ自分のことが出来るように…

      自分のことが自分で出来ることを

      算命学では、自分で自分を守ることと捉えます。

      自分を守ることが出来て、初めて自分以外の人を守れると考えるのです。

       

      例:この本能の星が自分の中心星=主星となっている宿命の者が

      他力本願的な考え方や、生き方である場合

      そういった背景には、親との関わり方が起因しているところが多く

      特に母親から、子どもの頃に自分の身の回りのことをするよう躾られなかったと考えます。

      (これは、五行の持つ考え方から来ている)

       

      このようなケースに限らず

      既に、子どもの頃から自分の宿命を消化することは、始まっているのです。

       

      『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

       

      ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

      ★占いとしての占術ではなく、算命学の持つ考え方を学びたい方へ

      コーチングいたします。鑑定の御案内からフォーマットにお進みください。

       

      スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

      龍メイnote お子さんがいる場合の離婚再婚について

      鑑定の御案内

      算命学お悩み相談

       

      NPO法人 犬と猫のためのライフボート

      NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

      ツイッター

       

      ブログをお読みくださりありがとうございます。

      あなた様のサポートをお願い出来ますでしょうか。

      今後のブログ更新のために使わせて頂きます。 OFUSE


      個人鑑定はこちら

         

        伝えることのない鑑定結果

        ~過去のブログで記載していた内容から~

        知り合いにお孫さんが生まれました。

         

        商売柄?というよりも、性分という方が合っている気がするのですが

         

        すぐさま、そのお子さんの生年月日から星を見ます…

         

        「ん?」「えっ!」と、自分の独り言が部屋に響く。

         

        簡潔に言うと、非常に消化することが困難な宿命です。

         

        それと同時に、記憶がよみがえりました。

        【以前、他国に身柄拘束をされ、帰国した〇〇さんに命式が似ている】

         

         

        この命式について、少し占術的な説明をしますと

         

        表れている星からは、常に自分の土台がぐらぐらしている状態。

         

        このことが意味するのは、安定を嫌う宿命であること。

         

        安穏とした生活では、活かすことがむつかしい宿命。

         

        言い換えれば、こういった宿命を持っていたことが帰国に繋がったとも捉えます。

         

        実際の鑑定で

        こういった命式を持つ人に、年に4,5人くらいお目に掛かるでしょうか。

         

        しかし、依頼者様から尋ねられていないことに対しては、一切回答しないため

         

        こういった星の状態であることを伝えないままに、過ぎていくケースが多いかもしれません。

         

        この赤ちゃんの親御さんに、直接伝えることも無かったですが

         

        私の中では、伝えることのない鑑定結果の一つとして、7年が過ぎた今も時折思い出すことがあります。

         

        願うとするならば、この赤ちゃんの育つ環境が、実際に安穏としたモノにならないことです。

         

        このことが、本人の運勢にとっては有り難いことになるからです。

         

        算命学の考え方は、世間一般の常識を用いません。

         

        ただ、その人の宿命からの姿が、その人にとって見合うかどうか、です。

         

        『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

        ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

         

         

        スタンドエフエム始めました 自分の運勢を下げない生き方

        龍メイnote お子さんがいる場合の離婚再婚について

        鑑定の御案内

        算命学お悩み相談

        NPO法人 犬と猫のためのライフボート

        NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

        ツイッター

         ブログをお読みくださりありがとうございます。

        あなた様のサポートをお願い出来ますでしょうか。

        今後のブログ更新のために使わせて頂きます。 OFUSE


        個人鑑定はこちら

          守護神の作用とは

           

          「守護神」の作用については、次のような状況も当てはまります。

          これまでに薬物を使用、その後逮捕される。

          こういった運気というのは、本人にとって「守護神」が回っていることがあります。

           

          逮捕されることで、それ以上薬物を使うことにストップが掛かるためです。

          このことも守護神の作用の一つと捉えます。

           

          「守護神」と聞くと、まず良いイメージが浮かぶかもしれませんが

          これまで続けていたことが続けられなくなる、といったことも

          或る意味では「守護神」の作用です。

           

          もう一つ例を挙げると

          『これまで乗っていたクルマを手放すことになった』

          こういった運気に守護神が回っている場合

          「この先も乗り続けることで、何かしらの問題を抱えることになったかもしれない」

          という見方をします。

           

          その人の持つ宿命と、今の状況によって守護神の作用も違いを見せます。

           

          例えば、守護神がパートナーである宿命の場合

          いつまでも未婚でいることは、守護神の作用は働きません。

          (算命学が考えるパートナーとは、男には女 女には男)

           

          また、個々の宿命から見た場合、守護神の状態は様々です。

           

          「守護神について」投稿しています。

          守護神について

           

          『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

           

          ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

          スタンドエフエム始めました 

          龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方

          鑑定の御案内

          算命学お悩み相談

           

          NPO法人 犬と猫のためのライフボート

          NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

          ツイッター

           

          ブログをお読みくださりありがとうございます。

          参考になるところがあれば、あなた様のサポートをお願い出来ますでしょうか。

          今後のブログ更新のために使わせて頂きます。 OFUSE


          個人鑑定はこちら

            中村芝翫さん 三田寛子さんの影に隠れるとは

            中村芝翫さん 1965年8月31日生まれ
            三田寛子さん 1966年1月27日生まれ

            (以前、ライブドアブログで記載していた内容)

             

            お二人の主星といって「自分を示す星」は、共に火性。

            中村芝翫さんは「火性の陰の星」で、三田寛子さんは「火性の陽の星」。

            火性に限っては、夫婦・きょうだい・親しい友人などの関係において

            「火性の陰の星」は「火性の陽の星」よりも、劣ってしまうと考えます。

             

            ここでの劣るとは

            「火性の陰の星」とは、ロウソクや懐中電灯などの灯り

            「火性の陽の星」とは、太陽や大きなライトなどといった大きな明かり

            この二つが並ぶことで→夫婦関係となることで

            「火性の陰の星」は「火性の陽の星」の影となってしまいます。

            (算命学では、このことを或る言い方で表現します)

             

            互いに同じ質を持つことが、必ずしも良いとは言い切れない場合があります。

             

            芝翫さんから見た場合、三田さんと結婚したことで

            自分よりも強い火の影響を受けると見なし、次のことが言えます。

            ・自分の存在感が薄くなる

            ・実力があっても認められないといったことが起こる

             

             

            三田さんにとって「天中殺」での結婚

            三田さんから見た場合「天中殺」での結婚であると同時に

            「夫を示す星」が回っている時の「天中殺」でした。

            これを「夫中殺での結婚」といいます。

             

            このことが意味するのは

            三田さんから見た場合に、夫との縁が薄くなることです。

            このために三田さんとしては、自分から夫に頼れない、実際に頼ろうとしても結果として頼りにならない

            自分の思いが夫に通じにくい、などということが起こります。

            更に言うと、夫が運勢的にダメージを受けることによって

            三田さんの運勢は、救われると占います。

             

            これとは反対に「夫中殺での結婚」で、自分と夫との関係が良好であると

            自分の方が運勢的にダメージを受ける占います。

            自分の持つ宿命や、結婚した時の運気が、相手の行動の陰に潜むことがあります。

             

             

            芝翫さんは、「天将星」が二つも存在している

            『二つも』という表現をしているのは

            「天将星」は、一つ存在しているだけでも消化が困難な星だからです。

            (天将星とは、最大のエネルギーを有する星であるため、物事全般において自分の思うようにならないと、自分に折り合いを付けることが非常にむつかしい面を持つことに)

             

             

            不倫報道から見る

            「天将星」・夫婦間の火性問題・芝翫さんのパートナーを示す星

            このブログの掲載は、2016年9月

            ブログ掲載のきっかけは、当時の中村橋之助さんの不倫報道でした。

             

            冒頭での

            芝翫さんは「火性の陰の星」 三田さんは「火性の陽の星」

            この火性に限って言えるのは、夫婦関係において

            「火性の陰の星」である芝翫さんは

            「火性の陽の星」である三田さんの影に隠れてしまうところがある。

             

            つまりは、芝翫さんから見た場合に、三田さんの運勢の持つ力に引っ張られると占います。

             

            更に、「天将星」が二つ存在することも合わせて鑑みると

            当時の不倫においては、相手女性との関係に、ただただ癒しを求めていったのではないかと…

            (芝翫さんのことをかばっているのではありません)

             

            また、不倫関係としては相当長く続いていたものと占います。

            一つ目の理由は

            「天将星」を持つことで、かなり責められないと話さないところがある。

            エネルギーが非常に強いことから、黙ってい続けることが出来るため。

             

            二つ目の理由は

            芝翫さんの「パートナーを示す星」は、自分の両サイドにそれぞれ表れていること。

            妻がいて、更に妻以外の女性がいてもおかしくない状態→自分としては、余り違和感を感じないため。

             

             

            芝翫さん現在「天中殺」

            ふと思い立って、今回再び掲載しましたが

            芝翫さんは「子丑天中殺」です。

            (2020年2月節分から始まって2年間続く天中殺)

             

            「天中殺」では、これまで影を潜めていたことが表沙汰になることがあります。

            更に、自分の運勢の弱さが顕著に現れることがあります。

             

             

            『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

             

            ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

             

            スタンドエフエム始めました #算命学を学びはじめたきっかけ

            龍メイnote 運を下げない生き方 遺産相続について

            鑑定の御案内

            算命学お悩み相談

            NPO法人 犬と猫のためのライフボート

            NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

            ツイッター


            個人鑑定はこちら

              ★瀬戸大也選手 パートナーを示す星は訳アリ(加筆アリ)

              瀬戸大也選手 1994年5月24日生まれ ★文末に加筆アリ

              「パートナーを示す星」について

              宿命からは誰しも「パートナーを示す星」が表れます。

              瀬戸選手の「パートナーを示す星」からは、或る特徴的なことが表れています。

              ここから占術的な説明が入ります。

              「パートナーを示す星」には相手がいる状態です。

              ズバリ、結論から言うと

              自分以外の相手男性がいる女性に惹かれるということです。

              つまり、どこか男性の影を感じるような女性

              モテる感じの女性に惹かれる・・・

               

              更に、このことが意味するのは

              略奪愛や略奪婚です。

               

              瀬戸選手の現在の状況から鑑みると

              家庭的に落ち着いた妻に対して、満足出来ないところが出てくる。

              そういった見方をします。

              ※これらのことは、瀬戸選手をかばっているのではありません。

              (こういった宿命そのものが、非常に珍しいということではありません)

               

               

              全般的な運気の流れからは

              人体図といって、どういった星がどの場所に表れているかを示す図からは

              「セックスを示す星」が表れていません。

               

              次に、全般的な運気の流れを示す→10年間続く運気=「大運」というのですが

              今の「大運」からは「セックスを示す星」が回っています。

              こちらは25歳から始まって10年間と、35歳から始まって10年間です。

               

              これらのことが意味するのは

              人体図に表れない星→人体図に無い星が

              全体的な運気=大運から回ってくることは、要注意なのです。

              つまり、【取り扱い注意の星】です。

              本人が、もともとその星の扱いに慣れていないということです。

               

              「大運」で「セックスを示す星」は、25歳から回っていますが

              現在26歳。(2020年9月現在)

              こういう「大運」が回ってくることで言えるのは

              セックスに対する思いや関心が、これまでとは違ってきても、おかしくないということです。

               

              今回の件が露呈したのが、「天中殺」でなかったことが、一つ救いだったかもしれません。

              「天中殺」で表沙汰になると、非常に厄介だからです。

               

              次の「天中殺」は「寅卯天中殺」で、2022年2月から2年間です。

              次回の「天中殺」からは

              「セックスを示す星」と「健康や寿命を示す星」が回っています。

               

              『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

               

              ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

               

              龍メイnote 「子どものいない結婚について」

              スタンドエフエム始めました #算命学を学びはじめたきっかけ

              鑑定の御案内

              算命学お悩み相談

              子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定

              ココナラ電話占い

              ココナラ宿命鑑定

              宿命鑑定 ベイス

              天中殺鑑定

              大運天中殺鑑定

              NPO法人 犬と猫のためのライフボート

              NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

              ツイッター


              個人鑑定はこちら

                仕事の星について ①

                 

                算命学が考える「仕事の星」とは

                仕事以外に、自分が果たすべき役割も含まれます。

                 

                「仕事の星」が表れる宿命と、表れてこない宿命があります。

                表れてくる者は、仕事への理解の仕方が

                自分の感覚、感性での理解が可能です。

                 

                表れてこない者は「仕事」への理解の仕方が

                頭や一般常識での理解となります。

                どちらの方が良い・よろしくないということではなく

                自分の宿命に合った理解の仕方が望ましいこと

                そのことが仕事がスムースにいくと考えます。

                 

                自分と相手の理解の仕方が違う場合、仕事に対する価値観も違ってきます。

                自分と相手の仕事への価値観の違いを知ることは

                仕事を進めていく上で必要なことではないでしょうか。

                 

                自分の宿命に見合う理解の仕方が

                自分の運勢にとって、プラスになると考えます。
                (宿命から見た場合に、その仕事が適しているかどうかも重要です)

                 

                『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

                 

                ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


                龍メイnote

                鑑定の御案内

                算命学お悩み相談

                 

                ロバミミ電話占い

                ココナラ電話占い

                ココナラ宿命鑑定

                宿命鑑定 ベイス

                天中殺鑑定

                大運天中殺鑑定

                NPO法人 犬と猫のためのライフボート

                NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

                ツイッター


                個人鑑定はこちら

                  宿命が示す一本の道

                   

                  成功していることが、その人の宿命からの姿であるとは限りません。

                   

                  宿命からの姿を、その人が歩むべき一本の道とします。

                   

                  宿命からの姿でない生き方を続けることで、この道から外れていきます。

                   

                  どんどんと外れていくことで

                  最終的には、宿命が歩むべき道には戻れなくなります。

                   

                  この極点が、【人生の幕引き】であると算命学では考えます。

                   

                   

                  宿命が歩むべき道から逸れた場合においては

                  往々にして、自分自身にサインが送られます。

                   

                  そのサインに気づき、道に戻れるかどうか…

                   

                   

                  確たる地位や名声を手にしているのになぜ?

                  人が羨むような状態が、その人の宿命に合っているとは限りません。

                   

                  算命学は、一般常識や情で判断をしません。

                   

                  その人の宿命からの姿と、その人の実際の生き方、モノの考え方から鑑みます。

                   

                  また、子どもの頃にどういった過ごし方をしたのか。

                  このことも外して見ることは出来ません。

                   

                   

                  私自身、気に留めていた俳優さんでした。

                   

                  今回、その方の宿命鑑定には触れませんが

                   

                  その方の陽占と陰占とが、脳裏に浮かんだり消えたりしています。

                   

                   

                  後日、ここでお伝え出来るよう努めます。

                   

                  『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

                  ★実例鑑定 「家族全員の運勢のバランスを取りたいのですが」(加筆修正アリ)

                   

                  「家族みんなの運勢のバランスを取るためには、どうしたらいいですか?」

                  というご相談を受けました。

                  私からの回答は

                  「それは、むつかしいところがありますね。」とお伝えしました

                  占いサイトからの依頼だったため、それ以上の物言いは避けました。

                   

                  話を続けていくうちに、算命学の考え方を伝えたところで

                  おそらく受け入れて貰えない感があったためです。

                   

                  また、こちらの鑑定で料金は頂きませんでした。

                  (こういったケースが、全ての鑑定に当てはまるとは限りません)

                   

                   

                  家族間でも、運勢の引っ張り合いは起こります。

                  誰かの運勢が上がることは

                  その影(犠牲)となる者が必要になると考えるからです。

                   

                  よって、家族全員の運勢のバランスを取るという考え方そのものが

                  算命学には、当てはまらないのです。

                   

                  誰かの宿命からの姿を活かそうとすることで

                  他の誰かの宿命からの姿が活かせなくなる。

                  特に稀なことではありません。

                   

                   

                  ☆余談☆

                  サイトでの鑑定は、或る意味で限界があります。

                  サイトの規約に触れる内容は、こちらとしては控えるためです。

                  今、思いつくところの具体的な内容を挙げると

                  ・宿命から表れているむつかしさ

                  (宿命を消化することそのものが大変である場合)

                  ・健康運

                  ・妊娠に関すること

                  ・子どもの星に、強い難が表れていること(親から見た場合)

                  ・配偶者の星に、強い難が表れていること(自分から見た場合)

                  ・3回以上の離婚再婚を繰り返している場合

                   

                  ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

                   

                  龍メイnote 運を下げない生き方とは

                   

                  鑑定の御案内

                   

                  NPO法人 犬と猫のためのライフボート

                   

                  NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

                   

                  ツイッター

                   


                  個人鑑定・お問い合わせ