「運命の人」と思ったけれど

 

「相手を見た瞬間、ビビッと来た」

「いろいろ偶然が重なり、やっぱりこの人だと思った」

こういった「運命の人」と感じる運気があります。

 

更に、この運気は自分の背中を押すことも…

正しくは、背中を押されたというよりも、イレギュラーな言動を起こさせる。

自分が錯覚していることに気づかないまま、結婚に想いを馳せる。

(結婚に錯覚は或る意味で必須ですが、ここでは大きく錯覚しているという意)

 

そして、結婚。

結婚生活が長く続く確率は、低いと占います。

確率を上げるのは、自分の努力です。

 

パートナーとの関係で、「どうしたら上手くいきますか?」と聞かれる。

この半数くらいは、「運命の人だから」と感じる運気に恋愛が始まって

ゴールインという展開。

 

過去は、変えられません。この今は、過去の延長線上。

変えられない過去を、占いでカバー出来るでしょうか。

算命学の占いで出来ることは、客観的な見方や捉え方を示すこと。

そこから自分で導き出すことが出来るか否かは、ご本人によるところです。

 

話しが逸れましたが、この「運命の人だから」と感じる運気は

今、思いつくところで4つ→4種類あります。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

 

パートナーから離婚を告げられた

 

~実例鑑定~

夫から離婚を言われたとのこと。

本人は離婚したくないが、既に家庭内別居状態。

結婚した時期を伺うと、約20年前で「大運天中殺」。

(「大運天中殺」とは、総じて不安定な運気を意味する)

 

「大運天中殺」での結婚に求められる事柄を伝えると

「私は、その反対の行動をしていました」とおっしゃっていました。

 

今回言いたいのは

「大運天中殺」であったことを受け入れられるか、否か。

先の鑑定は

不安定な運気が過ぎれば、それでOKではないことの典型例。

鑑定としては、特に珍しいケースではありません。

 

その女性は、離婚にならないよう努力すると言われていました。

それは、我慢することを意味します。

 

これまで長く続いてきた「大運天中殺」の答えの一つが

夫からの離婚話。

 

運勢も生き方と同様に、積み重ね。

自分が、何をどう積み重ねてきたか。

 

それらの答えが出てくる運気があり

その一つが、今回のように「大運天中殺」が明けてからです。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 


龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

     

     

    小林麻央さんに関する鑑定 夫婦になるとは?

     

    ~有料記事のお知らせ~

    小林麻央さん 1982年7月21日生まれ「寅卯天中殺」

     

    同じ生年月日の者は、同じ宿命となります。

    しかしながら、小林麻央さんと同じ宿命を持つ者が

    皆同じようにガンに罹り、34歳の若さで亡くなるのではありません。

    運勢は、人生の選択で大きく変わります。

     

    麻央さんが「天中殺」での結婚であったことや、相性については触れていません。それ以外の内容となります。

     

    麻央さんの病気の要因となったこと

    考えられる背景について「算命学」の観点から記述しました。

    海老蔵さんに関することも記述しています。

     

    初めて算命学に触れる方でも、算命学の持つ考え方や捉え方を習得出来る内容となっています。

    特に、これから結婚を考えている方・パートナーとの関係に思うところがある方へ向けて発信しています。

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

     

    note 小林麻央さんに関する鑑定 夫婦になるとは?

    夫婦間の年齢差・親子間の年齢差で起こりやすいこと

     

    ~有料記事のお知らせ~

    ・夫婦間に年齢差がある場合→10歳以上離れている夫婦

    ・親と子ども間で、年齢の差が大きい場合

    どちらか片方でも当てはまる場合に、起こり得ることを記述しています。

     

    ~有料記事・内容説明~

    ・生まれた子どもに与える影響とは

    ・父親もしくは母親のどちらが、〇〇歳を越えてから生まれた子どもの場合に考えられることついて

    ・実在の人物(有名人)と、その家族に関する実例鑑定

    ・ニュースとなった事例を2件挙げます。

    内容は、あくまでも算命学としての見方や捉え方です。

    算命学に理解をお持ちの方、価値を共有出来る方に提供したいと思います。

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

     

    夫婦間の年齢差・親子間の年齢差で起こりやすいこと

    夫婦の不仲が子どもの○○に与える影響とは

    子どもがいないことを良しとする相性と夫と妻に関すること