福原愛さん 結婚運NG「戦いの神」の星

 

~過去のブログで記載していた内容を加筆~

福原愛さん 1988年11月1日生まれ

 

結婚運としては、よろしくない宿命です。

理由は「パートナーを示す星」が不安定な状態だからです。

結婚運がよろしくないことを消化していくべき宿命と捉えます。

 

 

実際の鑑定で、結婚運がよろしくないことを伝えると

受け止められないと思われる方が少なくありません。

客観的なモノの見方が出来ない方に鑑定はお勧めしません。

 

結婚運がよろしくない宿命の者が、結婚生活における苦労を避けることは

長い目で見た場合、自分の運勢としては下がります。

苦労を消化せず、何とかやり過ごすことが出来てラッキーと思っても

消化するべき苦労は、姿を変えて現れると占います。

 

福原愛さんの宿命から表れている「自分を示す星」というのは

「戦いの神」と呼ばれる星で、女命では消化がむつかしい星。

主婦・良妻賢母とは、程遠い宿命です。

「戦いの神」の星を、今の生活でどう消化していくのか…

 

今年と来年の運気からは(2020年と2021年を指す・子丑天中殺)

宿命からの姿と、実際の生き方のギャップがある場合には

このことが顕著に現れる可能性が高いと占います。

 

夫の立場から見た場合

自分の妻が結婚運がよろしくないことと

「自分を示す星」が「戦いの神」であることからは

夫としては、かなりの忍耐力が必要になってきます。

忍耐力とは、つまり愛情です。

 

女命でこういった宿命を持つことは

本人が家庭的になろうとするほどに、上手くいかなくなること

穏やかな家庭生活が続くことで、精神状態は安定しないと占います。

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

龍メイnote 結婚における重要なことがら

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

ブログをお読みくださりありがとうございます。

サポートをお願い出来ますでしょうか。

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    雨宮塔子さん天将星 活動開始は天中殺・結婚は大運天中殺

     

    ~過去のブログから~

    雨宮塔子さん1970年12月28日生まれ

     

    ★星の持つエネルギーが非常に強い宿命です。

    最大のエネルギーを有する星である、「天将星」が存在しています。

    「天将星」を宿命に持つことで

    全ての物事ことを、自分がコントロールしたいという思いになります。

    「天将星」を持つ女性が妻になると…

     

    ★星の流れ方からは、モノの考え方が自己中心的になると占います。

    これら★のことからは、良い結果を出せたことについては、自分の努力や実力があったから

    反対に、良い結果を出せなかったことは、周囲の対応や環境が整わなかったから

    といった思考になること。

    そして、そういった思考はかなり強くなると占います。

     

    TBS入社時の運気は「天中殺」

    「天中殺」とは、総じて不安定運気です。(1993年当時23歳)

    当時の「天中殺」からは「仕事の星」が作用を受けることが表れています。

    「天中殺」でその仕事に就いたのであれば、そのことを消化していくこと。

    その一つとして

    仕事に対しては、受け身の姿勢でいることです。

     

    会社や企業に「天中殺」の運気で入社したということは

    そこに在職している間は、「天中殺」の作用を受け続けることになります。

    「算命学」では、物事の始まった時の運気を重要視するからです。

     

    結婚した時の運気は、「大運天中殺」

    こちらも不安定な要素を持つ運気です。(2002年6月当時31歳)

    28歳から始まって20年間続いていました。(2020年現在50歳)

    結婚運としては、よろしくない宿命ですから、結婚に対して忍耐と我慢が求められます。

    ・「大運天中殺」の運気での結婚

    ・エネルギーの強い星「天将星」を持つこと

    ・結婚運がよろしくないこと

    これらのことから、一度の結婚では済まなくなる要因が十分過ぎるほど揃っていると占います。

     

    2016年7月から『NEWS23』(TBS)のメインキャスターとなったこと。

    (2019年5月にて降板)

    当時「天中殺」で復帰したことから、抜擢されたことに対しては、謙虚な姿勢で取り組むことが望ましいです。

     

    その時のgooニュースから抜粋

    【元夫で、パリ在住のパティシエ青木氏とその奥様に子ども(長男と長女)を任せた方がいいかなとも思っています

    キャスターを引き受けた以上、全力でこっちをと思っています」と明かした】

     

    子育てについて、余りにも無責任ではないかと思います。

    元夫はともかくとして、元夫の妻が加わることで算命学では次のような解釈をします。

    ◆子どもにとっては、複雑な家庭環境で育てられることになる

    ◆このことが子ども自身に備わる「気」が、通常でなくなるおそれがある

     

    子育ては、仕事のようにはいきません。

    仮に短い期間であっても、複雑な環境が子どもに与える影響というものを、全く考えていないと思います。

    子どもは与えられる「気」によって、いかようにも変化します。

    また、このような「気」の作用が

    子どもの成長段階や、更には大人になってから

    何らかの形で現れる可能性を持つ、と言っても過言ではありません。

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

     

    ★占いとしての占術ではなく、算命学の持つ考え方を学びたい方へ

    コーチングいたします。鑑定の御案内からフォーマットにお進みください。

     

    スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

    龍メイnote 女が「天将星」を持つということ

    鑑定の御案内

    算命学お悩み相談

     

    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

    NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

    ツイッター

    今回のブログが参考になった方へ OFUSE

     


    個人鑑定はこちら

      ドナルド・トランプ氏 大運天中殺 天中殺

      ドナルド・トランプ氏 1946年6月14日生まれ

       

      「大運天中殺」であることについて

      「大運天中殺」とは、不安定な運気を指します。

      (58歳から始まり20年間続く 2020年10月現在74歳)

       

      「大運天中殺」で、どういった星が回っているのかを鑑定

      「健康・寿命」 といった意味合いの星が回っており

      この星が「大運天中殺」の作用を受けることで、次のように占います。

       

      ・病気に罹った場合、進行がとても早くなることがある

      ・自覚症状とは異なる病気となりやすい

      ・健康を害した場合は、今後の見通しが立てずらい

      ・完全な回復がむつかしくなる

      これらのことが、病気に罹りやすいと言っているのではありません。

      健康・寿命に関しては、読めないところが多い運気です。

       

      今年来年が「天中殺」であることについて

      「天中殺」とは、不安定な運気を指します。

       

      「天中殺」でどういった星が回っているのかを鑑定

      「大運天中殺」と、同じ「健康・寿命」の星が回っています。

      (このようなケースが、非常に珍しいということではありません)

      今回の「天中殺」で起こりやすいことも、上記した内容と同じです。

       

      「大運天中殺」と「天中殺」で、同時に「健康・寿命を示す星」が回ること

      つまり、運気としてはダブルで「健康・寿命」が読めなくなる→

      過信は、禁物であることを示唆します。

       

      74歳という、年齢的なことも無視出来ないですが

      若い方でも、こういったダブルで「健康・寿命」が読めなくなる運気は

      要注意です。

       

      「大運天中殺」や「天中殺」で、「健康・寿命を示す星」が回ることを

      「寿命中殺」といいます。

       

      過去のブログで「大運天中殺」「天中殺」が回る者や

      もともと宿命として「宿命中殺」を持つ者は

      異常性を発揮するところがあると、繰り返しお伝えしましたが

      「寿命中殺」も、同様に健康や寿命において異常性を発揮します。

       

      例を挙げると

      ・健康面に強い自信を持つ(根拠もなく)

      ・これまで健康に何も問題がなかったが、急に体調を崩す

      ・数値的には問題なしだが、症状が治まらない

      ・回復を見せており退院日も決まっていたが、突然倒れる

      (他にも、より重要視するべきことがあります)

       

      算命学は予防学でもあります。

       

      大統領就任は、2017年1月で

      「大運天中殺」に入ってからでした。

      「大運天中殺」である者が、国のリーダーになるということは

      アメリカの国力そのものが、落ち目であることを意味します。

      斜陽に見合う人物が選ばれる、ということです。

      このことは企業や組織でも当てはまります。

       

      『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

      ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

       

      鑑定の御案内

      1・「大運天中殺」が回るかどうかを鑑定します。お一人様500円

      「大運天中殺」が回るか・回らないか、のみの鑑定となります。

      回ると結果が出た場合、その時期については追加料金をお願いいたします。

      〇歳から△歳までとお伝えします。追加料金500円

      詳細鑑定 5000円

       

      2・次回の「天中殺」で「健康・寿命の星」が回ってくるかどうかを鑑定します。お一人様500円

      「健康・寿命の星」が回るか・回らないか、のみの鑑定となります。

      回ると結果が出た場合、その時期については追加料金をお願いいたします。

      時期についてのみをお伝えします。追加料金500円

      詳細鑑定 4000円

       

      3・月ごとの運気で「天中殺の月」があります。誰しも回ってきます。

      今後2年間に「天中殺の月」と「健康・寿命の星」が重なる時期があるかどうかを鑑定します。お一人様500円

      回ると結果が出た場合、その時期については追加料金をお願いいたします。

      時期についてのみをお伝えします。追加料金500円

      詳細鑑定 3000円

      気になる方は、下記のフォーマットからお知らせください。

       

      龍メイnote 「子どものいない結婚について」

      スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

      鑑定の御案内

      算命学お悩み相談

      ブログをお読みくださりありがとうございます。

      よろしければあなた様のサポートをお願い出来ますでしょうか OFUSE

       

      NPO法人 犬と猫のためのライフボート

      NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

      ツイッター

       

      お問い合わせ・個人鑑定はこちら

        出会いについて

        出会いとは、単に偶然でないと考えます。

        相手との出会いを導くモノは

        自分の持つ宿命からの作用と、相手の持つ宿命からの作用

        (他にも作用があると考えます)

         

        自分自身がどういった運気の時に

        その相手と出会ったのかが、一つのポイントになります。

        相手から見た場合も、同様です。

         

        例えば

        自分の「天中殺」(不安定な運気)の時に、出会ったとします。

        この場合、自分から見た時に相手の人とは縁は薄いと捉えます。

        縁が薄い相手であることを、消化することが求められます。

        (こちらについては、後ほど)

         

        一方で、相手は「天中殺」でない場合

        相手から見た時に、自分との縁は薄くないです。

        この自分と相手との違いが、お互いの関係に摩擦を起こすことになります。

         

        自分にとって、縁が薄い相手というのは

        相手との関係を構築させていくためには、相当の努力が強いられること。

        自分の思いや考えが、相手に通じにくくなるためです。

        このため、自分にとって相手があてにならない・頼りたくても頼れない

        そういった状況になります。

         

        それでも、相手との関係を保っていかなければならない状況であれば

        その努力を怠ってはならない。

        このことが、縁が薄い相手であることを消化すること。

        算命学ではそのように考えます。

         

        ここで付け加えたいのは

        相手との関係を保つための努力 ですが、どういった努力なのか。

        1・相手との関係性においては、自分から求めていかない、あてにしない

        但し、相手から来た場合は普通に受けてOK

        2・相手とは良い意味でセパレートした関係でいること

        ライトなあっさりした関係でいること、など

         

        自分にとって、その相手との出会いがどういう出会いであるのかは

        深い意味を持つことがあります。

         

        一般論としては、良い出会いであったとしても

        自分の持つ宿命にとって望ましい出会いかどうか…

         

        『出会いは大切』と言われることもありますが

        算命学では、すべての出会いがこれに当てはまるとは考えません。

        自分の持つ宿命を活かすことで、宿命に必要な出会いがもたらされる

        算命学の基本的な考え方の一つです。

         

        『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

        ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

         

        龍メイnote 「子どものいない結婚について」

        スタンドエフエム始めました #算命学を学びはじめたきっかけ

        鑑定の御案内

        算命学お悩み相談

         

        ブログをお読みくださりありがとうございます。

        よろしければあなた様のサポートをお願いいたします OFUSE

         

        NPO法人 犬と猫のためのライフボート

        NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

        ツイッター

         

        個人鑑定はこちら

          中村芝翫さん 三田寛子さんの影に隠れるとは

          中村芝翫さん 1965年8月31日生まれ
          三田寛子さん 1966年1月27日生まれ

          (以前、ライブドアブログで記載していた内容)

           

          お二人の主星といって「自分を示す星」は、共に火性。

          中村芝翫さんは「火性の陰の星」で、三田寛子さんは「火性の陽の星」。

          火性に限っては、夫婦・きょうだい・親しい友人などの関係において

          「火性の陰の星」は「火性の陽の星」よりも、劣ってしまうと考えます。

           

          ここでの劣るとは

          「火性の陰の星」とは、ロウソクや懐中電灯などの灯り

          「火性の陽の星」とは、太陽や大きなライトなどといった大きな明かり

          この二つが並ぶことで→夫婦関係となることで

          「火性の陰の星」は「火性の陽の星」の影となってしまいます。

          (算命学では、このことを或る言い方で表現します)

           

          互いに同じ質を持つことが、必ずしも良いとは言い切れない場合があります。

           

          芝翫さんから見た場合、三田さんと結婚したことで

          自分よりも強い火の影響を受けると見なし、次のことが言えます。

          ・自分の存在感が薄くなる

          ・実力があっても認められないといったことが起こる

           

           

          三田さんにとって「天中殺」での結婚

          三田さんから見た場合「天中殺」での結婚であると同時に

          「夫を示す星」が回っている時の「天中殺」でした。

          これを「夫中殺での結婚」といいます。

           

          このことが意味するのは

          三田さんから見た場合に、夫との縁が薄くなることです。

          このために三田さんとしては、自分から夫に頼れない、実際に頼ろうとしても結果として頼りにならない

          自分の思いが夫に通じにくい、などということが起こります。

          更に言うと、夫が運勢的にダメージを受けることによって

          三田さんの運勢は、救われると占います。

           

          これとは反対に「夫中殺での結婚」で、自分と夫との関係が良好であると

          自分の方が運勢的にダメージを受ける占います。

          自分の持つ宿命や、結婚した時の運気が、相手の行動の陰に潜むことがあります。

           

           

          芝翫さんは、「天将星」が二つも存在している

          「二つも」という表現をしているのは

          「天将星」は一つ存在しているだけでも、消化が困難な星だからです。

          (天将星とは、最大のエネルギーを有する星であるため、物事全般において自分の思うようにならないと、自分に折り合いを付けることが非常にむつかしい面を持つ)

           

           

          不倫報道から見る

          「天将星」・夫婦間の火性問題・芝翫さんのパートナーを示す星

          このブログの掲載は、2016年9月

          ブログ掲載のきっかけは、当時の中村橋之助さんの不倫報道でした。

           

          冒頭での

          芝翫さんは「火性の陰の星」 三田さんは「火性の陽の星」

          この火性に限って言えるのは、夫婦関係において

          「火性の陰の星」である芝翫さんは

          「火性の陽の星」である三田さんの影に隠れてしまうところがある。

           

          つまりは、芝翫さんから見た場合に、三田さんの運勢の持つ力に引っ張られると占います。

           

          更に、「天将星」が二つ存在することも合わせて鑑みると

          当時の不倫においては、相手女性との関係に、ただただ癒しを求めていったのでは…

          (芝翫さんのことをかばっているのではありません)

           

          また、不倫関係としては相当長く続いていたものと占います。

          一つ目の理由は

          「天将星」を持つことで、かなり責められないと話さないところがある。

          エネルギーが非常に強いことから、黙ってい続けることが出来るため。

           

          二つ目の理由は

          芝翫さんの「パートーを示す星」は、自分の両サイドにそれぞれ表れていること。

          妻がいて、更に妻以外の女性がいてもおかしくない状態→自分としては、余り違和感を感じないため。

           

           

          芝翫さん現在「天中殺」

          ふと思い立って、今回再び掲載しましたが

          気づけば、芝翫さんは「子丑天中殺」です。

          (2020年2月節分から始まって2年間続く天中殺)

           

          「天中殺」では、これまで影を潜めていたことが表沙汰になることがあります。

          更に、自分の運勢の弱さが顕著に現れることがあります。

           

           

          『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

           

          ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

           

          スタンドエフエム始めました #算命学を学びはじめたきっかけ

          龍メイnote 運を下げない生き方 遺産相続について

          鑑定の御案内

          算命学お悩み相談

          NPO法人 犬と猫のためのライフボート

          NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

          ツイッター


          個人鑑定はこちら

            伊勢谷友介容疑者 名誉を示す星が多い 大運天中殺が明けたばかり

            伊勢谷友介容疑者 1976年5月29日生まれ男性

            「名誉を示す星」が非常に多い宿命

            宿命からは「名誉を示す星」が、3つ表れています。

            宿命全体として見た場合、6割を占めることになります。

            こういった宿命を「偏りのある宿命」と捉え

            消化することに、かなりの苦労を強いられます。

             

            「名誉を示す星」が多く存在することで

            名誉・名声・プライドが、自分自身に重くのしかかってくる

             

            更に、「名誉を示す星」とぶつかり合う星が存在します。

            この星同士のぶつかり合いも、多く表れています。

            星同士のぶつかり合いは、心の葛藤を抱えることに…

            自分の名誉やプライドを保つことに、常にプレッシャーを感じ

            心の葛藤も多く抱える。

            これが宿命からの姿です。

             

            カリスマ性を発揮出来る宿命

            「自分を示す星」が、別の星に変化することで

            このことがカリスマ性を発揮することに繋がると捉えます。

            特徴として

            ・自分自身が変化しやすい→気が変わりやすい

            ・自分ではない者に成れることも

            これらのことが総じて勘違いを招くこともあります。

             

            このようにカリスマ性を発揮出来る宿命というのは

            本来の自分に立ち戻る時間を持つことが必要と考えます。

            (カリスマ性を発揮出来る運気は、誰しも回ってきます)

             

            全体的な運気の流れから

            23歳から始まって、20年間続く運気としては

            「大運天中殺」という不安定な運気でした。

            (2020年9月現在44歳)

            「大運天中殺」が明けたのが、2021年5月の誕生日です。

             

            「大運天中殺」においては

            ・自分の実力以上の力を発揮出来ることがある

            ・大きく成果を出せることがある

            ・異常性を発揮することがある

            (特殊な能力の発揮も異常性と捉える)

             

            「大運天中殺」からは、「名誉を示す星」が回っていました。

            23歳から始まって、10年間続く大運に表れています。

            (33歳から始まって、10年間続く大運においても準ずると捉える)

             

            「名誉を示す星」が「大運天中殺」の作用を受けることによって

            名誉が異常となる→大きな名誉がもたらされることがある。

            そういった見方をします。

             

            「大運天中殺」で得たモノに対して、調子に乗ると

            「大運天中殺」が明けてから、しっぺ返しが来ることがあります。

             

            特に、「大運天中殺」で仕事がとても順調な場合

            このことを当たり前のように考えて行動し続けていると

            「大運天中殺」が明けた途端に、仕事が減る 来なくなる、といったことが起こると占います。

             

            また、「大運天中殺」で大きく伸びることによって

            自分自身が勘違いを引き起こすことも。

            この勘違いが、後の祭りになるのです。

             

            約1年前の2019年5月の誕生日を過ぎてからは

            「大運天中殺」という或る意味で、神がかり的な運気が終わり

            本来の自分の姿に戻ってしまった。

             

            もしも「大運天中殺」で、調子に乗っていた場合

            このギャップに自分自身がついていかれなくなります。

             

            「月運天中殺」での逮捕について

            「申酉天中殺」といって、8月と9月が月ごとの運気で「天中殺」です。

            まず、「天中殺」の運気においては、隠されていたことが露呈しやすいことと

            問題の根が深いことです。

            今後を見据えた時に、こういった運気からもかなり厳しいと占います。

             

            両親の離婚再婚がもたらすモノ

            父親である山本一男さんは、7回の結婚・再婚をしているとのこと。

            このことによって、或る種の因縁が強まると考えます。

            更に生じた因縁が、子ども(伊勢谷容疑者)に与える影響があると占います。

            ブログでは、ここまでの記述とします。

            (こちらの因縁という考え方については、個人鑑定で教示いたします

            算命学を習得していない方にも理解しやすい内容です)

             

             

            実際の鑑定においても、「大運天中殺」が絡む御依頼が非常に多いです。

            「大運天中殺」を知ること

            更に「大運天中殺」の運気が求めている身の処し方をすることで

            起こるかもしれない禍を、回避したり軽減することは可能です。

             

            ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


            龍メイnote

            鑑定の御案内

            スタンドエフエム始めました #算命学を学びはじめたきっかけ

            天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを

            ロバミミ電話占い

            ココナラ電話占い

            ココナラ宿命鑑定

            宿命鑑定 ベイス

            天中殺鑑定

            大運天中殺鑑定

            NPO法人 犬と猫のためのライフボート

            NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

            ツイッター


            個人鑑定はこちら

              ★安倍晋三氏 月運天中殺(加筆アリ)

              安倍晋三氏 1954年9月21日生まれ

               

              月ごとの運気は「天中殺」

              「申酉天中殺」→毎年決まって8月と9月が「天中殺月」

              「天中殺」だからといって、必ずしも問題が起こると決まっていませんが

              運勢的に弱いところがあると、そのことがクローズアップされます。

               

              昨今の「天中殺」は、2016年と2017年で、森友問題等が浮上した年でした。

              「天中殺」で起こったことは、問題の根が深いこと

              更に、真摯に受け止めることが求められます。

              自分の過去と現在、そして未来は繋がっているように

              自分の運勢も繋がっています。

               

              今月8月28日の日ごとの運気からは(癸卯日)

              自分の「未来を示す星」と、正反対の星が回っています。

              このことが意味するのは

              自分の未来と正反対のことが起こる可能性アリ

              つまり未来の正反対とは、未来が正反対の方へ引っ張られること→

              未来の方へ向かない→物事がおしまいになると占います。

               

              よって、この日(癸卯日)に会見を行うということは

              物事がおしまいになる前兆と占います。

               

              事を起こすことや、何かが起こることに対して

              その時の運気に、意味が隠されていると算命学では考えます。

               

              もしも自分の都合で、自分の意思で「月運天中殺」の運気に辞めることは

              今後の運勢は下降すると占います。

              運勢は上げることよりも下げないことの方が大事 運勢を下げない生き方とは

               

               

              「宿命中殺」が存在すること

              或る種類の「宿命中殺」が存在することと

              突然の辞意は、無関係でないと捉えます。

              この「宿命中殺」は、「未来中殺」ともいって

              自分にとっての未来が有って無い状態が常だからです。

              こういった「宿命中殺」を持つことからは

              急に投げ出すことに対して、本人は抵抗がないと見ます。

               

              『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

               

              ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


              運勢は上げることよりも下げないことの方が大事 運勢を下げない生き方とは

               

              鑑定の御案内

              算命学お悩み相談

              ロバミミ電話占い

              ココナラ電話占い

              ココナラ宿命鑑定

              宿命鑑定 ベイス

              天中殺鑑定

              大運天中殺鑑定

              NPO法人 犬と猫のためのライフボート

              NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

              ツイッター


              個人鑑定はこちら

                 

                 

                 

                ★自分の大運天中殺が相手の大運天中殺を呼ぶ(加筆修正アリ)

                「大運天中殺」といって、不安定な運気が回ってくる宿命があります。

                期間としては、10年間・20年間。それ以上の宿命もあります。

                 

                相性鑑定において、二人共に「大運天中殺」が回っていることがあります。

                自分が「大運天中殺」で、相手も「大運天中殺」

                そういう人を好きになる・互いに好きになる。

                実際の相性鑑定では、特に珍しいケースではありません。

                 

                差している運気というのは、自分だけの問題ではないからです。

                自分が「大運天中殺」だから、そういう相手を引き寄せると同時に

                相手が「大運天中殺」だから、自分も引き寄せられる…

                 

                更に、こういうケースで多いのは

                ・「大運天中殺」において、「パートナーを示す星」が回っている→

                パートナーとの縁が薄い運気であることを意味する

                ・女性の方が年上(かなり年上)

                ・相性に難あり

                 

                つまり、「大運天中殺」の運気での結婚は

                或る意味でむつかしさが伴うにも関わらず

                それにダメ押しする感じの相手を好きになる、ということ。

                「大運天中殺」のマイナススパイラルです。

                 

                自分の「大運天中殺」が相手の「大運天中殺」を呼ぶとは

                自分の「大運天中殺」において、消化するべきことが身消化であるが故に

                相手の「大運天中殺」を呼ぶ。

                そういう解釈も出来ます。

                 

                『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

                 

                ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


                龍メイnote 運勢を下げない生き方とは

                鑑定の御案内

                算命学お悩み相談

                二人の相性を客観的に見る占い・算命学相性占い

                天中殺鑑定

                大運天中殺鑑定

                NPO法人 犬と猫のためのライフボート

                NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

                ツイッター

                 

                個人鑑定はこちら

                   

                  おぎやはぎ 小木さん天中殺で活動開始

                   

                  小木博明さん 1971年8月16日生まれ  矢作健さん 1971年9月11日生まれ

                   

                  小木博明さんの宿命から

                  活動開始の1995年の運気は「天中殺」です。

                  算命学では、物事が始まった時の運気を重要視します。

                  「天中殺」とは、不安定な運気です。

                   

                  「天中殺」に関しては

                  その年にどういった星が回っていたのかを、鑑定します。

                  1995年の運気からは

                  小木さんにとって、「健康・寿命・未来を示す星」が回っていました。

                  この星が「天中殺」と重なることが、イコール病気に罹るという見方にはなりません。

                  こういった運気に成功すること・結果を出すことで

                  健康や寿命にダメージを与える可能性が高くなると捉えます。

                   

                  「天中殺」で成功したことについては、謙虚でいることが望ましいです。

                  それは「天中殺」の持つ、ミラクルパワーが働いたことで出せた結果だからです。

                  もしも「これまでの結果は、自分の実力」と思い続けていたとしたら

                  それまで上り調子だった運勢は、傾きを見せ始めます。

                   

                  「天中殺」での成功は、その分の犠牲を求めてきます。

                  先ほど「健康・寿命・未来を示す星」と申しましたが

                  この星には、子どもも含まれます。

                  つまり、子ども運を犠牲にすることで「天中殺」での禍を軽減させられる。

                  子ども運の最大の犠牲とは・・・

                   

                   

                  宿命中殺が存在する宿命

                  宿命からは「健康・寿命・未来を示す星」が表れているのですが

                  「宿命中殺」の作用を受けています。

                  「宿命中殺」の作用とは、表れている星に異常性を持つことや

                  その星が持つ本来の意味合いを、発揮することがむつかしくなることを意味します。

                   

                  「健康・寿命・未来を示す星」が宿命中殺の作用を受けることで

                  ◆健康面に異常性を持つことになります。

                  ここでの健康面での異常性の意味をいくつか挙げます。

                  ・自覚症状とは別の病気に罹っていることがある

                  ・本来の病名が判りずらい(診断がつきにくい)

                  (他にもありますが、ブログではここまでとします)

                  堀ちえみさんも、この宿命中殺と同じ宿命中殺を持っています。

                  堀ちえみさんの運勢

                   

                  ★余談★

                  「宿命中殺」には、いくつかの種類があります。

                  もともと「宿命中殺」を持っていない宿命の者であっても

                  12年間のうち2年間回ってくる「天中殺」と

                  「健康・寿命・未来を示す星」が重なった場合、上記の◆ことが当てはまります。

                   

                  更に、1年間のうち2か月間回ってくる月ごとの運気で「天中殺」と

                  「健康・寿命・未来を示す星」が重なった場合、上記の◆ことが当てはまります。

                   

                  算命学お悩み相談

                   

                   

                  矢作健さんの全体的な運気の流れから

                  32歳から始まって20年間→52歳の誕生日までは

                  「大運天中殺」といって、不安定な運気です。

                  (2020年8月現在49歳)

                  「大運天中殺」の後半である42歳の「大運天中殺」からは

                  「仕事のパートナーを示す星」が回っています。

                  つまり、この場合は小木さんを指します。

                   

                  自分の運勢は、自分のモノだけではありません。

                  家族の持つ宿命・運気の流れや

                  密接な関係の相手が持つ宿命・運気の流れも鑑定する必要があります。

                   

                  今回のお二人のような鑑定例は、特に珍しいケースではありません。

                   

                  自分の運勢が、相手の持つ運勢の犠牲になっているのか。

                  相手の運勢が、自分の持つ運勢の犠牲になってくれているのか。

                   

                  お互いが、同じように上がったり

                  また同じようにダメージを受けることで、その分だけ禍を軽くする。

                  そういった考え方を算命学ではしません。

                  どちらかが表なら、どちらかが裏となる。

                  このことで、その状態は作り上げられていると考えます。

                   

                   

                  小木さんの宿命からは

                  自分の方が表になりたい思いが圧倒的に強いことが表れています。

                   

                  しかしながら、「宿命中殺」を持つこと

                  更に、天将星も「宿命中殺」の作用を受けていること

                  (天将星を持つことで、自分がトップになりたいという思いが強くなるが

                  宿命中殺の作用を受けていることからは、そういった思いにこだわらない方がいい)

                   

                  そして、「天中殺」での活動開始であることからは

                  自分の方が表でいることに対して、強いこだわりを持った場合は

                  結果として、自分の運勢の足を引っ張ると占います。

                   

                  『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

                   

                  ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


                  龍メイnote

                  鑑定の御案内

                  算命学お悩み相談

                   


                  天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを

                  子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定

                  ロバミミ電話占い

                  ココナラ電話占い

                  ココナラ宿命鑑定

                  宿命鑑定 ベイス

                  天中殺鑑定

                  大運天中殺鑑定

                  NPO法人 犬と猫のためのライフボート

                  NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

                  ツイッター


                  個人鑑定はこちら

                    財津和夫さん 天中殺デビュー

                    財津和夫さん 1948年2月19日生まれ

                     

                    デビューした年の運気を鑑定する際に

                    チューリップの前身となる「ザ・フォーシンガーズ」を結成した年で鑑定。

                    1969年で「天中殺」です。

                    「天中殺」とは、不安定な運気です。

                     

                    当時の「天中殺」からは、「パートナーを示す星」と「財を示す星」が回っていました。

                    「天中殺」の作用が、パートナーと財(お金やお金に関すること)に現れると占います。

                     

                    今回はパートナーについて言うと

                    「天中殺」の作用により、パートナーとの縁が薄くなることを意味します。

                    パートナーとは、縁が薄いなりの関係性を持つことで消化されます。

                    「天中殺」での結婚を続けていくことは、より一層の苦労が強いられると占います。

                     

                    結婚運がよろしくない宿命

                    普通一般的な結婚でない方が、宿命にとっては有り難いことになります。

                    ここでの普通一般的でない結婚の例を挙げると…

                    ・子どもがいない結婚

                    ・別居婚や週末婚

                    (これ以外にもあります)

                     

                    「自分を示す星」と「社会を示す星」が大きく展開している宿命

                    このことが意味するのは

                    自分が社会=仕事において、大きく伸びること→

                    大きく化ける可能性が高い、そういった能力が備わっているということです。

                    言い換えると、自分の実力以上の力を発揮出来る宿命とも。

                     

                    「大運天中殺」であること

                    56歳から始まって20年間は「大運天中殺」

                    76歳の誕生日を迎えると明けます。

                    (2020年8月現在72歳)

                     

                    「大運天中殺」では、「仕事を示す星」が回っています。

                    仕事に対しては、出来るだけ欲を出さない生き方が求められます。

                    このことが「大運天中殺」での禍を軽減させることに繋がります。

                     

                    2017年6月 大腸がんであることを公表(当時69歳)

                    2017年2月から2年間は「天中殺」

                    当時の「天中殺」からは、健康や寿命を示す星が回っていました。

                     

                    このことが意味することの一つは

                    56歳から始まった「大運天中殺」で、アクセルを踏み過ぎた結果でもあること。

                     

                    「天中殺」において、健康や寿命の星が絡むと厄介です。

                    「天中殺」には、一定の枠が無くなる状態だからです。

                     

                     

                    「月運天中殺」は8月と9月

                    「月運天中殺」とは、誰しも1年間のうち2か月間回ってきます。

                    今年の「月運天中殺」は、8月7日から10月7日まで。

                     

                    更に、気になるのは

                    8月の月干支が、今年2020年は甲申であること。

                    (9月の月干支は乙酉)

                    甲申は、財津和夫さんの「健康・寿命を示す星」と正反対の星だからです。

                    ★正反対の星が回ることは、今とは正反対の作用が働くということ。

                    9月も★のことが準ずる運気と見ます。

                     

                    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

                     

                    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


                    龍メイnote

                    鑑定の御案内

                    算命学お悩み相談


                    天中殺鑑定

                    大運天中殺鑑定

                    ロバミミ電話占い

                    ココナラ電話占い

                    ココナラ宿命鑑定

                    宿命鑑定 ベイス

                    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

                    NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

                    ツイッター


                    個人鑑定はこちら