仕事の星について ②

前回の 「仕事の星」について①では

「仕事の星」が表れない宿命があると申しました。

 

宿命から表れない星であっても

後から回ってくる運気で、誰しも「仕事の星」が回ってきます。

 

・年ごとの運気で回る場合→10年間のうち2年間

・月ごとの運気で回る場合→10か月間のうち2か月間

・日ごとの運気で回る場合→10日間のうち2日間

 

生涯における全体的な運気から、10年間もしくは20年間

と長い期間において回ってくる宿命もあります。

(しかし、こちらは宿命によって回らない場合もあります)

 

自分の宿命から表れない星を理解するためには

後から回ってくる運気を利用することです。

 

例:月ごとの運気で「仕事の星」が回っているのであれば

その月は、仕事を頭や一般常識以外での理解が出来る

つまり、今の自分のキャパシティを越えた理解が出来る可能性を持つ運気、ということです。

 

そのためには、自分でも仕事に対する理解をより深めようという努力が必要です。

 

実際には、どういった努力の仕方がいいのか

どういったスタンスでいることが望ましいのかは

宿命からの姿と、その時の運気の状態からも鑑みる必要があります。

 

一つ言えるのは

もしも、「仕事の星」が回っている運気において

問題が多く起こるとか、モチベーションが下がることが多い等は

・自分の宿命と仕事が適していない

・仕事に対する意識が合っていない

・その仕事に就いた運気に問題がある

(他にもあります)

 

自分に回ってくる運気を活用することも

運勢をしっかりとさせることの一つであると考えます。

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote 有料記事 運勢を下げない生き方とは

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

二人の相性を客観的に見る占い・算命学相性占い

子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定

算命学相性占い


天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを

ロバミミ電話占い

ココナラ電話占い

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター


個人鑑定はこちら

     

    仕事の星について ①

     

    算命学が考える「仕事の星」とは

    仕事以外に、自分が果たすべき役割も含まれます。

     

    「仕事の星」が表れる宿命と、表れてこない宿命があります。

    表れてくる者は、仕事への理解の仕方が

    自分の感覚、感性での理解が可能です。

     

    表れてこない者は「仕事」への理解の仕方が

    頭や一般常識での理解となります。

    どちらの方が良い・よろしくないということではなく

    自分の宿命に合った理解の仕方が望ましいこと

    そのことが仕事がスムースにいくと考えます。

     

    自分と相手の理解の仕方が違う場合、仕事に対する価値観も違ってきます。

    自分と相手の仕事への価値観の違いを知ることは

    仕事を進めていく上で必要なことではないでしょうか。

     

    自分の宿命に見合う理解の仕方が

    自分の運勢にとって、プラスになると考えます。
    (宿命から見た場合に、その仕事が適しているかどうかも重要です)

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

     

    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


    龍メイnote

    鑑定の御案内

    算命学お悩み相談

     

    ロバミミ電話占い

    ココナラ電話占い

    ココナラ宿命鑑定

    宿命鑑定 ベイス

    天中殺鑑定

    大運天中殺鑑定

    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

    NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

    ツイッター


    個人鑑定はこちら