藤井フミヤさん 宿命中殺 来年から天中殺

 

藤井フミヤさん 1962年7月11日生まれ「寅卯天中殺」

 

NHK びいコンを観ていました。

高校卒業後、日本国有鉄道門司鉄道管理局(現:九州旅客鉄道)に就職。

父親は鳥栖駅長などを歴任した国鉄職員。

 

「宿命中殺」が存在する宿命です。

(宿命中殺は、いくつか種類があります)

藤井フミヤさんは「親中殺」であることから

父親が絡む就職は、むつかしいところが出てくると占います。

 

「親中殺」を持つ宿命の者が

両親との関係に全く違和感を感じない場合

本人の宿命の未消化と捉えます。

 

来年と再来年が「天中殺」です。

(寅卯天中殺 2022年2月節分から2年間)

まだ先、と思われる方もいるかもしれませんが

来年が「天中殺」であると

既に、このくらいの時期から話題に乗ることが多くなります。

 

今回の「天中殺」では、「未来を示す星」が回ってきます。

算命学が考える未来とは

将来のこと・自分の伝えたいこと・カラダ・健康・寿命・子ども

といった意味合いがあります。

これらが「天中殺」の作用を受けることで、異常性をきたすことがあります。

 

ここでの異常性とは

歌手としての再ブレイクの可能性アリ(天中殺の期間限定)

カラダ・健康面の異常です。

 

いづれにしても、次回の「天中殺」において

これまで自分がアーティストとして生きてきたことの答えや

大きな気づきが、もたらされると占います。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

龍メイnote 遺産相続について

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

保護猫活動をしています。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    高見沢俊彦さん 宿命中殺 初旬大運天中殺

     

    高見沢俊彦さん 1954年4月17日生まれ「辰巳天中殺」

     

    妻と子どもとの縁が薄い宿命です。

    (他にも縁が薄い人物がいます)

    実際に、結婚していないことで妻と子どもとの縁が薄いことが

    消化されることになる→宿命からの姿であると捉えます。

     

    更に、実家との縁も薄い宿命ですから

    実家を離れ、実家を頼らず

    実家とは関連のない生き方をすること

    このことも宿命からの姿となります。

     

    もし、結婚して妻と子どもがいて、家庭に恵まれていたら…

    このことは高見沢さんの宿命にとっては無理が掛かる

    つまり、運勢のダメージになると占います。

     

    算命学はこのような捉え方をします。

    世間一般の常識は、当てはめません。

     

    高見沢さんの音楽の原動力は

    強い心の葛藤であることが表れています。

    葛藤が強い宿命の者は、自身の葛藤に潰されてしまうことも…

     

    全体的な運気の流れを「大運」といいます。

    一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といいます。

    この「初旬」が「大運天中殺」です。

     

    「初旬」とは、誰しも人生の中で最も影響を受ける大運です。

    誰しも子どもの頃に回ってくることからは

    「初旬」においては、人生の基礎や土台が形成されます。

    高見沢さんは初旬が「大運天中殺」である宿命です。

    このことが、今後の人生において或る重要な意味を持つことや

    求められる生き方や考え方というモノがあります。

     

    同じく初旬が「大運天中殺」を持つ宿命人(ごく一部)

    あいみょん・岡村隆史・堀ちえみ・ヒカキン・浅野忠信・澁谷日向子・宮里藍

     

    高見沢さんは、虚像になれる宿命でもあります。

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

     

    ~鑑定について~

    占い鑑定に対して、慰めや癒しを求めている方には添えません。

    客観的な見方が必要となる鑑定です。

    御依頼様の気付きへと繋がる鑑定を意識し、気持ちを向けております。

     

    龍メイnote 「天中殺」の運気とコロナ禍について

    女が「天将星」を持つということ

    「天将星」を持つ女性が妻になると

    算命学・お子さんがいる離婚再婚について

     

    龍メイnote 結婚相手を見極める方法

    スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

    鑑定の御案内

    算命学お悩み相談

     

    ココナラ宿命鑑定

    宿命鑑定 ベイス

    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

    NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

    ツイッター

     

    このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

    保護猫活動をしています。 OFUSE

     

    個人鑑定はこちら

      平松愛理さん 大運天中殺でデビュー&部屋とYシャツと私

       

      平松愛理さん 1964年3月8日生まれ「子丑天中殺」

       

      「大運天中殺」といって、不安定な運気は

      12歳から始まって、20年間続いていました。

      デビューは、1989年で25歳になる年。

      『部屋とTシャツと私』のリリースは、1992年28歳になる年。

      いづれも「大運天中殺」でした。

       

      「大運天中殺」は、期間限定を作りやすい運気です。

      そうならないための対処法はありますが

      既に「大運天中殺」となっている場合は、リミットがあります。

       

      『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

      ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

       

      ブログをお読みくださりありがとうございます。

      このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

      保護猫活動をしています。 OFUSE

       

      個人鑑定はこちら

        森山直太朗さん 宿命と家系について

         

        森山直太朗さん 1976年4月23日生まれ「寅卯天中殺」

         

        宿命から表れている家系の流れについて

        子どもや未来を示す星が、強いダメージを受けている状態です。

        このことが意味するのは

        自分から次の代への流れが止まっている

        家系を繋げていくことが、困難であることです。

        (ブログでは、ここまでの表記とします)

         

        両親との縁が深い宿命

        両親からの影響を、様々な意味において強く受ける宿命です。

        このことは、更に先祖からの影響も強いことを意味します。

        (ここでの影響とは、良いこと・よろしくないことの両方を指します)

         

        宿命としてどういう生き方が求められるのか

        母親は森山良子さん

        父親はジェームス滝さん(元グループサウンズミュージシャン)

        森山良子さんの父はジャズトランぺッター・母は元ジャズシンガー

        しかしながら、両親・祖父母=つまり家系とは、全く異なる世界で生きることが求められる宿命です。

         

        宿命からの姿と、生き方が異なることが意味するのは

        運勢のダメージです。

         

        たとえ、仕事やプライベートが順調であったとしても

        それが自分の宿命が求めている姿と、同じであるとは限りません。

         

        『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

        ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

         

         

        天中殺の運気とコロナ禍について

        「天中殺」の運気でコロナに罹った場合に言えることを記載しております。

        この記事を有料としたのは、算命学に対してご理解頂ける方に提供したいと思ったからです。

        この続きはnoteにて販売しております。

         

        コロナと同一「天中殺」について

        龍メイnote 「天中殺」の運気とコロナ禍について

        龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

        算命学・お子さんがいる離婚再婚について

        龍メイnote 結婚相手を見極める方法

         

        スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

        鑑定の御案内

        算命学お悩み相談

        ココナラ宿命鑑定 コロナ禍につき応援価格に変更しました

        宿命鑑定 ベイス

         

        NPO法人 犬と猫のためのライフボート

        NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

        ツイッター

         

        ブログをお読みくださりありがとうございます。

        このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

        保護猫活動をしています。 OFUSE

         

        個人鑑定はこちら

          千住博さんと稗田一穂さん 宿命が持つ引き寄せる力

           

          千住博さん 1958年1月7日生まれ「午未天中殺」

          稗田一穂さん(ひえだかずほ)1920年8月23日生まれ「寅卯天中殺」

           

          千住さんの宿命から「習得本能の星」が示すモノ

          古典的・伝統的な分野から知識を得ることに縁があると表れています。

          ウィキペディアからは

          『絵を描く行為の起源を旧石器時代の洞窟壁画まで遡って考えた』

          『日本の芸術における最良のエッセンスの多くは、良寛、松尾芭蕉、紀貫之、藤原定家などの詩歌の世界に見出されると論じる「日本の芸術論」から多くを学んだと語っている』

          これらから得た知識や情報を、絵画の技法に用いることは

          表れている「習得本能の星・陰星」から鑑みた場合、とても頷けます。

          (本能を示す星には、陰と陽があります)

           

          二人共に過去型の宿命であること

          宿命は過去型・未来型・どちらでもない→この3つに分類。

          二人共に過去型の宿命であること。

          このことが意味するのは

          ・様々意味において、過去との縁が深い

          ・自分を導くモノは、自分自身の過去から得られることが多い

          (他にもあります)

           

          千住さんと稗田さんとの関係性

          (稗田一穂さん 日本画家・文化功労者)

          二人に共通している「習得本能・陰の星」の表れ方からは

          精神性を高めることを重視する生き方が合う宿命であること。

          言い換えると、売れるモノではなく自分が目指すモノを…

          それが宿命からの姿となっています。

           

          占術的な説明が入ります。

          千住さんの「自分を示す星」は、稗田さんの「未来を示す星」と同じ星であること。

          稗田さんの「自分を示す星」は、千住さんの「未来を示す星」と同じ星であること。

          この二人の関係性が意味するのは

          同じモノを目指す者同士にとっては、互いが切っても切れない存在になること。

          互いの持つ宿命の作用が強く働いたことで、師弟関係が生まれたこと。

          千住さんの宿命から表れている或る星の存在からは

          千住さんの宿命が、稗田一穂さんを引き寄せたと占います。

          その人に師事を仰いだ理由が、互いの宿命から表れているということです。

           

          千住さんの今の全体的な運気の流れ

          51歳から始まって20年間が「大運天中殺」という不安定な運気です。

          (2021年1月現在63歳)

          「大運天中殺」は、71歳の誕生日を迎えると明けますが

          千住さんの宿命から表れている星と、「大運天中殺」からは

          「伝達」が大きなポイントになります。

          算命学が考える伝達の一つに、絵画も含まれます。

          「伝達本能の星」が、これまで宿命に沿う形で消化されてきたか。

          このことの答えが出る「大運天中殺」と占います。

          ここでの答えとは、自分の運勢に対する答えです。

           

          「伝達本能の星」が、「大運天中殺」の作用を受けることから

          製作においては、天に任せるようなスタンスでいること。

          先に、結果を求めないことです。

           

          『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

          ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

           

          天中殺の運気とコロナ禍について

          「天中殺」の運気でコロナに罹った場合に言えることを記載しております。

          この記事を有料としたのは、算命学に対してご理解頂ける方に提供したいと思ったからです。

          この続きはnoteにて販売しております。

          コロナと同一「天中殺」について

           

          龍メイnote 「天中殺」の運気とコロナ禍について

          龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

          算命学・お子さんがいる離婚再婚について

          龍メイnote 結婚相手を見極める方法

          スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

          鑑定の御案内

          算命学お悩み相談

          ココナラ宿命鑑定 コロナ禍につき応援価格に変更しました

          宿命鑑定 ベイス

           

          NPO法人 犬と猫のためのライフボート

          NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

          ツイッター

           

          ブログをお読みくださりありがとうございます。

          このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

          保護猫活動をしています。 OFUSE

           

          個人鑑定はこちら

            坂本龍一さん 自分の天中殺に…

             

            坂本龍一さん 1952年1月17日生まれ 「子丑天中殺」

             

            病気が見つかった時の運気・治療を始めた時の運気

            算命学では、これらを重要視します。

             

            「子丑天中殺」は、2020年2月節分から始まって2年間ですが

            月ごとの運気での「天中殺」も含めると

            2019年12月から既に、「天中殺」に入っています。

             

            「天中殺」で病気が見つかること、治療を始めること

            どちらも或る意味で、厄介です。

            ※「天中殺」の運気だから、検査を受けない方がいいとか

            「天中殺」を過ぎてから治療を始めた方がいい、と申しているのではありません。

             

            なぜ、「天中殺」であることが厄介なのか…

            理由は、様々意味でその状態のワクが無くなるためです。

             

            では、なぜ自分の「天中殺」の運気で病気に罹るのか?

            こちらはnoteにて販売しております。

             

            「宿命中殺」が存在

            坂本龍一さんの持つ「宿命中殺」からは、自覚症状が現われにくい可能性が高いこと

            そのため病気が見つかるまで、時間を要することがあると占います。

            (堀ちえみさんと同じタイプの「宿命中殺」)

            堀ちえみさんの運勢

             

            本人としては、十分にケアしていたとしても

            このタイプの「宿命中殺」は、総じて読めないところがあるため、むつかしいところがあると占います。

            ※このタイプの「宿命中殺」を持つことが、病気に罹りやすいと申しているのではありません。

             

            妻が「守護神」である宿命

            妻がいることで「守護神」が働くと捉えます。

            「守護神」とは、自分の運勢にとって有り難いモノ。

            独身では、「守護神」は働きません。

            運勢とは、健康運も含まれます。

             

            2020年と2021年に回る星について

            坂本龍一さんにとって「健康・寿命を示す星」が回っています。

            このことが意味するのは

            健康・寿命に関することが、クローズアップされると同時に

            実際の生き方と、宿命からの姿とのギャップがある場合には

            自身の健康・寿命にダイレクトに現れる。

            算命学ではそのように考えます。

            2020年よりも2021年に回る星の方が作用が強いことが表れています。

            (2021年は2月節分から始まって1年間)

             

            月ごとの運気でも「天中殺」でもあること

            毎年決まって、1月と12月は月ごとの運気でも「天中殺」ですから

            年で回る「天中殺」と、月で回る「天中殺」と重なっています。

            よって、「天中殺」の作用は強くなります。

            このことも気掛かりな点です。

            【天中殺が、更に天中殺を呼ぶ】

            運勢のマイナススパイラルと占います。

             

            「天中殺」と病気との関わり方

            まず言えることは、無理をしないこと

            仮に、症状が善くなっても過信しないことです。

            「天中殺」では、実際に目に見えているモノと、本来の姿とが同じとは限らないからです。

            治療については、ドクターや家族など周囲の意見に耳を傾けること。

            場合によっては、その病気と長く付き合う覚悟も必要です。

            (余談ですが、池江璃花子選手が現在「天中殺」)

            池江璃花子選手 天将星 今後の運気 2020年2021年は天中殺

             

            病気やケガで、人生にストップが掛かる。

            そのストップには、確と理由が隠れていると算命学では考えます。

             

            『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

            ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

             

            田中将大選手「子丑天中殺」

             

            天中殺の運気とコロナ禍について

            「天中殺」の運気でコロナに罹った場合に言えることを記載しております。

            この記事を有料としたのは、算命学に対してご理解頂ける方に提供したいと思ったからです。

            この続きはnoteにて販売しております。

             

            コロナと同一「天中殺」について

            龍メイnote 「天中殺」の運気とコロナ禍について

            龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

            算命学・お子さんがいる離婚再婚について

            龍メイnote 結婚相手を見極める方法

            スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

            鑑定の御案内

            算命学お悩み相談

            ココナラ宿命鑑定 コロナ禍につき応援価格に変更しました

            宿命鑑定 ベイス

             

            NPO法人 犬と猫のためのライフボート

            NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

            ツイッター

             

            ブログをお読みくださりありがとうございます。

            このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

            保護猫活動をしています。 OFUSE

             

            個人鑑定はこちら

              高嶋ちさ子さん 安定を嫌う宿命 結婚運NG

               

              高嶋ちさ子さん 1968年8月24日生まれ「戌亥天中殺」

               

              宿命から表れている波乱の人生

              表れている星には、不安定な状態であることがかなり目立つこと。

              星を支えている土台が、グラグラしている状態。

              このような宿命を「安定を嫌う宿命」と捉えます。

               

              どの星に不安定が表れているのか

              両親・きょうだい・パートナー・財(お金)を示す星に表れています。

              (他にも当てはまる人物がいます)

              特に、母親ときょうだいは、不安定の作用を強く受けることが表れています。

              もし、実際に母親やきょうだいが不安定な状態であるとするならば

              高嶋さんとしては、そのことでの苦労を消化していくことが求められます。

              この苦労を消化しない生き方である場合は、自分の運勢としてはマイナスになると占います。

               

              結婚運にも不安定さが表れている

              結婚運としては、かなり厳しいところがあると占います。

              パートナーの立場からすると、妻の結婚運がよろしくないことを、夫も消化しなければなりません。

              また、高嶋さん自身が結婚運のよろしくないことを消化出来ないと

              たとえ、どういった夫であっても、自身が満足することはないと占います。

              こちらも上記と同様に

              この苦労を消化しない生き方である場合は、自分の運勢としてはマイナスになると占います。

               

              安定に弱い宿命が抱える弱さとは

              安定を嫌う宿命を持つ者が、安定した状態が続くとどうなるのか?

              本人としては、いづれ物足りなくなります。

              更に安定が続いていった場合は、自ら問題にクビを突っ込んでいくことや

              自分自身が問題の火種になることも大いにあり得ます。

              正に、今のコロナ禍において力を発揮出来る宿命です。

              但し、自分の宿命からの姿を消化してきているかどうかによりますが。

               

              2020年の運気から

              2020年の運気は、2021年2月節分まで続きます。

              2020年の運気からは、変化が表れています。

              自分に直接変化が起こるのではなく、自分の身近で起こる変化によって

              自分自身も変化せざるを得ない状況になることを意味します。

               

              自分の宿命からの姿が、自分に近い存在に作用を及ぼします。

              これは算命学の基本的な捉え方です。

               

              『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

              ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

               

               

              天中殺の運気とコロナ禍について

              「天中殺」の運気でコロナに罹った場合に言えることを記載しております。

              この記事を有料としたのは、算命学に対してご理解頂ける方に提供したいと思ったからです。

              この続きはnoteにて販売しております。

              コロナと同一「天中殺」について

               

               

              龍メイnote 「天中殺」の運気とコロナ禍について

              龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

              算命学・お子さんがいる離婚再婚について

              龍メイnote 結婚相手を見極める方法

              スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

              鑑定の御案内

              算命学お悩み相談

              ココナラ宿命鑑定 コロナ禍につき応援価格に変更しました

              宿命鑑定 ベイス

               

              NPO法人 犬と猫のためのライフボート

              NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

              ツイッター

               

              ブログをお読みくださりありがとうございます。

              このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

              保護猫活動をしています。 OFUSE

               

              個人鑑定はこちら

                LiSAさん 宿命中殺 天将星アリ カリスマ性を発揮出来る運気

                LiSAさん  1987年6月24日生まれ「寅卯天中殺」

                 

                「宿命中殺」が存在する宿命

                2008年当時21歳、母親の反対を押し切って岐阜から東京へ上京。

                このことがLiSAさんの持つ「宿命中殺」の消化が始まることになります。

                「宿命中殺」の中でも、両親との関係性に作用が現れる「宿命中殺」で

                このタイプの「宿命中殺」を「親中殺」といって

                LiSAさんから見た場合に、両親との縁が薄くなります。

                このことを消化するベストな形は、両親の元から離れて生きていくことです。

                 

                上京するまでにも苦労があり、上京してからも布団があるだけで

                冷蔵庫も洗濯機も無い生活だったようです。

                両親の元から離れて生きていくことは、現実的にも精神的にも頼らないこと。

                このことがLiSAさんの持つ「宿命中殺」を活かすことになります。

                更には、「天将星」の消化にも繋がります。

                 

                 

                「天将星」を持つ宿命であること

                ブレイクする前は、かなりの苦労があったと記事がありました。

                朝から夜まで3つのアルバイトを掛け持ちし、空いた時間に音楽活動に取り組んでいたとのこと。

                寝る間も惜しんで、自分の目指すモノに対してエネルギーを注ぐ姿は

                正に「天将星」を持つ宿命であり、「天将星」の持つ強いエネルギーが消化されます。

                 

                苦労の分だけしっかりと根付き

                年月を経て、大きな花を咲かせるのが「天将星」の姿。

                「天将星」には、どうしても苦労が必要になるのです。

                (例外となるケースもあります)

                 

                 

                メジャーデビューは「天中殺」

                2010年 庚寅年 LiSAとしてメジャーデビューを果たす。

                当時の「天中殺」からは「仕事を示す星」が回っています。

                LiSAさんの強い想いが「天中殺」からは読み取れます。

                理由は「天中殺」の運気というのは

                これまで自分が強く願っていたことが、現実として叶ってしまう。

                そういった作用を持つ運気だからです。

                 

                しかしながら、「天中殺」であることに変わりはなく

                『LiSA』として活動していくのであれば、このことを消化していくことが求められます。

                その一つとして、調子に乗らないことです。

                (他にもあります)

                 

                 

                「宿命中殺」から表れている人間関係

                友人・仲間との縁が薄いことが表れています。

                (他にも縁が薄い相手がいます)

                これは、LiSAさんから見た場合に言えることです。

                LiSAさんとしては、友人や仲間とは一線を置いて関係を持つこと。

                そういったスタンスでいることが宿命からの姿。

                このことで、寂しさや苦労があったとしても、クリアしていくことが

                「宿命中殺」を消化することになります。

                 

                このタイプの「宿命中殺」が消化されていると

                周囲との人間関係をセパレートすることに抵抗を感じない

                むしろ、弧を楽しむ気持ちが生まれてくるのではないかと思います。

                 

                【鑑定小話】

                同じ「宿命中殺」を持つ依頼者から『私は、孤独になるのですか?』と尋ねられることがありますが

                おそらく、鑑定を受けても「宿命中殺」であることを受け止めきれない。という感がします。

                鑑定をしていて、とても残念に思うことです…

                 

                カリスマ性を発揮しやすい運気にいること

                全体的な運気である「大運」→10年間ごとに回る運気からは

                自分の努力によって、強いカリスマ性が発揮されると占います。

                (この「大運」は25歳の誕生日から始まって10年間→35歳の誕生日まで 現在33歳)

                 

                 

                パートナー 鈴木達央さん 1983年11月11日生まれ「辰巳天中殺」

                「天将星」が二つも存在する宿命です。

                二つもと言うのは、「天将星」は一つでも消化するのが大変な星だからです。

                強すぎるエネルギーと、生涯どう向き合っていくのか。

                このことが大変である最大の理由です。

                鈴木達央さんも「天将星」を持つことで、LiSAさんの「天将星」に対応出来ると思いますが

                夫婦で「天将星」アリは、同時にぶつかることも…

                もしも、互いにぶつかった場合

                その時のエネルギーは、凄まじいモノになると見ます。

                夫婦揃っての「天将星」については、次の機会に取り上げます。

                 

                今年2020年1月に結婚。

                LiSAさんから見た場合に、結婚はお勧め出来ない運気でした。

                 

                『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

                 

                ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

                女が「天将星」を持つということ

                「天将星」を持つ女性が妻になると

                算命学・お子さんがいる離婚再婚について

                龍メイnote 結婚相手を見極める方法

                スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

                 

                鑑定の御案内

                算命学お悩み相談

                ココナラ宿命鑑定

                宿命鑑定 ベイス

                 

                NPO法人 犬と猫のためのライフボート

                NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

                ツイッター

                 

                ブログをお読みくださりありがとうございます。

                このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE

                 

                個人鑑定はこちら

                   

                   

                   

                   

                   

                  MISIAさん 今年の運気と今月の運気から

                  MISIAさん 1978年7月7日生まれ 「戌亥天中殺」

                   

                  MISIAさんの今年の運気から

                  「自分を示す星」とは、正反対の星が回っているため

                  自分に「正反対の質を持つ気」が差すことになります。

                  このことが意味するのは

                  これまでの人生の流れが、大きく変わる可能性があること。

                  つまり、これまでの生き方を大きく転換させられる出来事が起こること。

                   

                  実際にそうなった時に、自身の考え方やスタンスを変える必要がある場合は

                  そのことを受け入れ、変えていくことが求められる、ということです。

                   

                  言い換えると、これまでの生き方を変える必要があったために

                  ストップが掛かるような出来事が起こった、とも言えるのですが…

                   

                  月ごとの運気で「天中殺」

                  「戌亥天中殺」は、毎年決まって10月と11月が「月運天中殺」です。

                  このことから、ケガについては油断禁物であること。

                  その後の回復も、予想以上に時間が掛かると占います。

                  特に、ケガや病気は当時の運気によって捉え方が異なります。

                   

                  今回の「月運天中殺」では、「仕事の星」が回っています。

                  (仕事の星でも、特に名誉やプライドを示す星)

                  こういった運気であったことからは

                  これまでの仕事に関することや

                  自分の立ち位置に関することを見直す必要がある場合に

                  「天中殺」の運気でそのことが表面化する、という見方をします。

                   

                  月ごとの運気で「守護神の星」が回っている

                  「守護神の星」が回ることで、自分の宿命にとって、必要な「気付き」がもたらされます。

                  気付きに通じる出来事とは、良い出来事とは限りません。

                  今の状態のままいくことを止めるために、守護神が作用することがあります。

                  ただ、「守護神の星」が回っていますが、「月運天中殺」でもあること。

                  これらを合わせて判断する必要があります。

                   

                  侮れない「月運天中殺」

                   

                  『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

                   

                  ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

                   

                  算命学・自分の運勢をさげない下げない

                  龍メイnote 算命学が考えるお墓について・遺産相続について

                  スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

                   

                  鑑定の御案内

                  算命学お悩み相談

                  ココナラ電話占い

                  ココナラ宿命鑑定

                  宿命鑑定 ベイス

                  天中殺鑑定

                   

                  NPO法人 犬と猫のためのライフボート

                  NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

                  ツイッター

                   

                  ブログをお読みくださりありがとうございます。

                  サポートをお願い出来ますでしょうか。

                  このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE

                   

                  個人鑑定はこちら

                    瑛人さん活動開始は大運天中殺 初旬大運天中殺 天将星あり

                     

                    瑛人さん 1997年6月23日生まれ「辰巳天中殺」

                     

                    活動開始は「大運天中殺」

                    活動開始の2019年の運気からは

                    「大運天中殺」といって、不安定な運気です。

                    「大運天中殺」は、6歳から始まって20年間続いています。

                    現在23歳「大運天中殺」が明けるまで残り約2年半。

                    「大運天中殺」は、明ける前に大きく伸びることがあります。

                    「大運天中殺」が回るかどうかを鑑定します

                     

                    最初に回ってくる運気の状態が示すこと

                    大運からは、或る特徴的なことが表れています。

                    一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といいます。

                    初旬→6歳から始まって10年間が「大運天中殺」です。

                     

                    初旬とは、誰しも人生の中で最も影響を受ける大運であり

                    人生の基礎や、土台が形成される大運です。

                    この初旬が「大運天中殺」である宿命です。

                    このことが、今後の人生において或る重要な意味を持つことや

                    生き方や考え方として、持つべきスタンスがあります。

                     

                    同じく初旬が「大運天中殺」を持つ宿命人(ごく一部)

                    あいみょん・岡村隆史・堀ちえみ・ヒカキン・浅野忠信・澁谷日向子・宮里藍

                     

                    初旬が大運天中殺となること

                    「大運天中殺」は、不安定な運気であること

                    つまり、読めない運気でもあること→自分にとって枠が無くなる状態。

                    このことが自分の持つ能力以上の力を発揮出来ることにもなります。

                    (但し、本人の置かれた環境によるところアリ)

                     

                    「大運天中殺」で出した成果に対して、謙虚でいることです。

                    出した結果に対して、「自分の実力だ」と勘違いするほど

                    「大運天中殺」が明けてからのリバウンドが大きく現れると占います。

                     

                    「大運天中殺」が明けてすぐに

                    26歳の誕生日を迎えると「大運天中殺」は明けるのですが

                    次の10年間ごとに回る運気=大運からは、大きな節目が表れています。

                    この節目が意味することは、これまでとは人生が大きく変わること。

                    特に、「大運天中殺」が明けたということも、節目をより大きくすると占います。

                     

                    「天将星」が存在する宿命

                    最大のエネルギーを有する星「天将星」が存在します。

                    「天将星」をミュージシャンとして、しっかりと消化させていくことは大変なところがあります。

                    理由は、「天将星」を持つことで

                    すべてのことを自分の思うようにコントロールしたい

                    そういった気持ちが非常に強くなるからです。

                    過去において多くの苦労を乗り越えてきたかどうか、ということも

                    「天将星」にとっては非常に重要なことです。

                     

                    今後を占う際において

                    ・若くして人気が出たこと

                    ・下積み時代がほぼ無いこと(天将星は長い下積みが必要)

                    ・「大運天中殺」が明ける前にヒットしたこと

                    これらのことだけでも、なかなか厳しいのではないでしょうか。

                     

                    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

                    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

                     

                    ~個人鑑定で占術的な説明を希望される方へ~

                    占術的な説明や解説は、通常の宿命鑑定とは料金が異なります。

                     

                    算命学が考える自分の運勢を下げない生き方

                    スタンドエフエム始めました #宿命にも松竹梅がある

                    鑑定の御案内

                    算命学お悩み相談

                    ココナラ電話占い

                    ココナラ宿命鑑定

                    宿命鑑定 ベイス

                    天中殺鑑定

                    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

                    NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

                    ツイッター

                     

                    ブログをお読みくださりありがとうございます。

                    サポートをお願い出来ますでしょうか。

                    このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


                    個人鑑定はこちら