岸田文雄さんから見た翔太郎さんについて

 

岸田文雄さん 1957年7月29日生まれ「辰巳天中殺」

(息子は岸田翔太郎さん)

 

過去の「大運天中殺」を鑑定。

18歳から20年間が「大運天中殺」でした。

 

当時の「大運天中殺」からは

「未来を示す星」が回っていました。

この星には

・自分の未来

・健康運

・子ども運

などといった意味合いも含まれています。

 

時系列から

政界入りは1987年 30歳

結婚は1988年 31歳

翔太郎さん誕生 33歳

初当選は1993年 36歳

すべて「大運天中殺」でした。

 

★このくらいの年代の頃に「大運天中殺」が回ってくることには

或る、理由(背景)があると考えます。

 

 

 

物事が始まった時の運気は

そのことが継続している間、ずっと作用すると占います。

 

「大運天中殺」で、政界に足を踏み入れたことは

「大運天中殺」に見合うスタンスでいること。

 

「大運天中殺」で、子どもが生まれたことは

自分の跡は、継がせない方がいいと占います。

 

 

~余談~

大塚家具創設者・大塚勝久さんの「大運天中殺」に

久美子さんは生まれました。

後に、久美子さんが社長となり業績は悪化。

ヤマダホールディングスの完全子会社となる。

「お家騒動」とまで言われました。

 

 

岸田さんの次回の「天中殺」は

2024年と2025年で

冒頭の「未来を示す星」が回っており

「天中殺」の作用を受けるおそれアリと占います。

 

◆「天中殺」の作用というのは

その運気によっては

本人以外に現れることも・・・

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

岸田翔太郎さん 親と縁が薄い宿命なのに…

 

 

ちょっとした疑問

占術に関する質問など

「大運天中殺」を多角的に捉える見方など

気になる方は、下記のフォーマットからどうぞ

 

お問い合わせ・鑑定依頼はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

     

     

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です