離婚を決める際に 子どもより自分の気持ちが優先になる宿命

 

今回は

子どもと縁が薄い宿命 に着目します。

 

 

子どもと縁が薄くなる宿命とは

1 ・「宿命中殺」を持つ宿命で、「子どもの星」に作用している

 

2・結婚した時が「天中殺」で、「子どもの星」に作用している

 

3・自分の「天中殺」に生まれた子ども

(他にもあります)

 

 

 

子どもと縁が薄くなることで

離婚の際に子どもの事を余り考えない

と言っているのではありません。

 

 

縁が有る無しの違いは

相手に対する想いの質の違い。

 

 

子どもと縁が薄いならば

縁が薄いなりのスタンスでいることが望ましいと算命学では考え

ここをはき違えると

子育てにおいて、より多くの苦労を強いられると占います。

 

更には、子ども自身にとっても…

 

 

 

~補足~

子どもと縁が薄い宿命以外にも

今回のテーマが当てはまる宿命の者がいます。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』龍メイ

 
 
 
 
 
 

 

個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。