里美香奈 女流棋士 プロ入りは「天中殺」「宿命中殺」

 

里美香奈棋士 1992年3月2日生まれ「申酉天中殺」

 

女流プロ入りは「天中殺」

2004年10月1日付で、女流2級としてプロ入り。

2004年は「天中殺」。

 

「天中殺」でプロ入りしたのであれば

「天中殺」に見合うスタンス

求められると占います。

 

まず、「天中殺」でプロ入りしたことを

算命学では、実力以上の力を発揮したから。

言い換えると、2004年が「天中殺」でなかったら

プロ入りは出来なかったと占います。

 

「天中殺」に、事を成すということは

或る意味で、仮を作るようなモノ。

作った仮は、返さなくてはならない。

 

 

当時の「天中殺」を占う

2004年の「天中殺」では

「母親を示す星」が、回っています。

 

このことが意味するのは

母親の運勢の代償が、借りを返すことになる。

 

 

考えられることを…

里美騎士からすると

母親との関係が上手くいかなくなること。

 

もっと言うならば

母親自身の運勢のダメージ。

 

つまり、プロとして大きく活躍するためには

上記したことが求められる。

母親自身の運勢のダメージが

「天中殺」での借りを返すことになります。

 

 

棋士のように、成績や結果が全てとなる仕事で

「天中殺」でのスタートは、様々な意味で厳しいです。

 

冒頭の、「天中殺」に見合うスタンスで

プロ棋士でいる限り、いられるか…

 

 

更に、夫運のダメージも表れています。

これは、結婚出来ないということではなく

夫としての役割を果たさない夫であればOK。

他の人物にも、運勢のダメージが表れています。

 

 

それと、恋愛は。。。

宿命からの姿として

もともと複雑な感じになりやすいですね。

 

 

「宿命中殺」が存在する宿命。

・両親との縁が薄い

・複雑なタイプの「宿命中殺」→消化がむつかしいところがある

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

 

よりハッキリした物言いを希望される方は

個人鑑定にて承ります。

 

ややマイルドな鑑定を希望される方は

ココナラやベイスにて承ります。

 

 

ブログ更新のお知らせは noteから発信しています。

 

 

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

 

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

 

お問い合わせ・個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。