藤井フミヤさん 今回の天中殺は重要 宿命中殺アリ 子どもと縁が薄い

 

藤井フミヤさん 1962年7月11日生まれ「寅卯天中殺」

 

現在「天中殺」

「天中殺」とは、不安定かつ読めない運気。

「寅卯天中殺」→2022年2月節分から2年間。

特に今回の「天中殺」は、重要な意味を持つと占います。

 

今回の「天中殺」では、健康運・子ども運が回っています。

 

「天中殺」で、健康運が回っているからと言って

病気になるということではありません。

もしも、本人が運勢的に弱っていると

健康運・子ども運に出やすいと占います。

 

 

「天中殺」で病気に罹ることが意味するモノとは

 

 

「宿命中殺」が健康運に作用

「天中殺」とは、別のことになりますが

「宿命中殺」が存在する宿命というのは

表れている星に異常性を持つことになります。

 

健康面に異常性を持つことで

今日のブログで一つお伝えするのは

本人としては、健康でなくても健康に感じるということです。

 

もしも、このことが高じた場合

どうなるでしょうか?

 

 

「宿命中殺」が子どもの星に作用

「宿命中殺」が存在することで、子どもと縁が薄くなると占います。

 

藤井さんの長男 藤井弘輝さんはフジテレビのアナウンサー。

失礼な言い方ですが、弘輝さんの実力での入社であれば問題ないのですが

もしも、父親であるフミヤさんの影響が、多少なりともあった場合

弘輝さんの運勢にとっては、望ましくないと占います。

 

 

冒頭で

特に今回の「天中殺」は、重要な意味を持つと占うと申しました。

宿命からの姿とこれまでの生き方に、大きなギャップがある場合

健康運にダイレクトに現れると占います。

そういう意味では、自分の宿命からの答えが得られる2年間。

 

 

その一方で、宿命からの採点が良い場合は

第二の人生が花開くと占います。

例えば、うれしい仕事のオファーが舞い込むといったことに。。。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

 

 

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

 


個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。