過去と縁がある宿命

 

過去と縁がある宿命の者がいます。

 

この宿命を持つ者は

たとえ過去に辛いことがあったとしても

そのことを忘れようとするよりも

その過去を精一杯、自分で抱えていく。

これが宿命からの姿と捉えます。

 

 

忘れることよりも、過去を活かす生き方が重要であるため

過去と対峙することが、宿命の消化と考えます。

 

 

「嫌な過去は、さっさと忘れた方がいい」

この宿命には当てはまりません。

 

 

この宿命を持つ者が、宿命を消化していると

無意識のうちに、過去を大切にしている自身に気付きます。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。