自分が「寅卯天中殺」相手が「辰巳天中殺」

 

自分が今「天中殺」で、相手がその後に「天中殺」となる。

こういったケースが年間で、だいたい20件くらいは来ます。

 

 

もしも、結婚を考えている場合

『う~ん』、といった感じですね。

 

基本的に「天中殺」での結婚は、お勧め出来ないところで

その理由を伝えた時に

受け入れられない感を、前面に出してくる依頼者も多々います。

こういった反応することにも或る理由があるのですが。。。

 

 

自分と相手の「天中殺」が、4年間続くケースでの実例鑑定。

再度の依頼でも

自分の「天中殺」が明けて、すぐに相手も「天中殺」となる。

こういう相手ばかりを連れてくる。

(こういう相手を選んでしまう)

これにも理由があります。

 

出会い運よりも、もっと気にして欲しいことがあります。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。