中西保志さん「最後の雨」がヒットした理由・今年来年天中殺・天将星アリ

 

中西保志さん 1961年7月18日生まれ「寅卯天中殺」

 

ウィキペディアから

「最後の雨」は、セカンドシングル 1992年8月10日に発売。

ロングランヒットとして、今もカラオケで人気のようです。

 

 

いつものように1992年から鑑定。

星が物凄く大きく、最高に大きく展開している姿。

こういった運気が、なかなか回ってくるものではありません。

むしろ、回ってくる宿命の方が稀です。

(活躍しやすい年代で回ってくることも重要)

星が大きく展開すること→大成功に繋がる可能性が高いと占います。

 

ただ、この星が展開する時に出した結果は、長く続かないことも…

中西さんの場合

★この後に回ってくる運気から、続かないことが表れていました★

 

 

別の見方をすると

こういった運気に勝負をかけると、伸びること。

ただ、★のパターンと同じであると

おいしい期間は、かなり限定的とされます。

 

 

こういった運気に結果を出した場合

それ以降は、大人しくしていることです。

そうでないと後が続かなくなる。

つまり、自分に残された時間を削ることになると占います。

 

~このことが当てはまる有名人がいます。

ただ、彼のこと熱狂的に仰ぐ人たちが見られるので

いづれ機会を見て~

 

 

今年と来年は「天中殺」ですから

再び、脚光を浴びる機会が与えらるかもしれませんね。

もしそうなったとしたら、こちらも期間限定。

 

 

「天将星」といって、最大のエネルギーを持つ星の宿命。

他にも消化が困難とされる星を持っているので

過去の光と、自分自身がどう向き合ってきたか。

そして、これからもどう向き合っていくか。

 

 

想いは、常に未来を向いている人であり

更に、最大のエネルギーを持つ星「天将星」アリ。

自分の未来に対して

「何とかなるさ~」なんて、思うことは一切出来ない。

 

「天中殺」の持つ作用は、自分の弱いところに差してきます。

 

全体的に、難所が見られる宿命ですね。

でも、こういった宿命に見合う活かし方は存在します。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

このブログですべてのことを記述しないのは

算命学は独学での理解には難しい面があると思うことと

算命学を生業としている方への配慮や

算命学の持つ「或る考え方」があるためです。

 

 

note有料記事にて掲載中

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

 

枇杷お灸に興味ある方へ 20年余の体験談でよろしければお伝えします。

ネコにも、腎臓の予病ケアとして時々施術しています。

格安にて、無農薬枇杷の葉を郵送いたします。

 

スーパー玄米ご飯の炊き方→圧力鍋の中に内鍋を入れて蒸気で炊く方法。

カラダが慣れてきたら、炊く時間を1時間から3時間と長く。

炊飯器や長時間の浸水では出来ない炊き上がりに。

玄米の栄養を充分に摂れる方法→カラダの陽性を高めるため。

気になる方は下記のフォーマットからどうぞ。

 

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

 

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE

 

個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

     

     

     

     

     

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。