奥山由之さん 宿命中殺 仕事中殺 追記アリ

 

奥山由之さん 写真家映像作家

1991年1月23日生まれ「午未天中殺」

 

「宿命中殺」が存在する宿命です。

星が中殺されることを端的に言うと

表れている星が、最初から不自然かつ不完全な状態。

 

この「宿命中殺」の作用として

制作においては

とんでもない発想・強い個性を打ち出せる可能性を持つこと。

人に使われることを嫌う傾向があります。

これらは「宿命中殺」の消化によって、現れることです。

 

~鑑定ボヤキ~

「宿命中殺」であることを伝えた場合

ピンとこない、といった反応をされる方がいるのですが

或る年齢を過ぎてからでは、もう時すでに遅し。

残念に思う鑑定の一例です。

 

 

仕事のやり方としては、派手さは出ない

むしろ、派手さを追求するよりも

どこか、懐かしさ・地味さを醸し出す方が合うと占います。

 

お金儲けに縁のない宿命ですから

最初から売れるモノを目的といったスタンスであると

結果、宿命からの姿から離れていくことに…

 

非常にプライドの高い人。

仕事を謳歌するのではなく、自身のプライドが満足させられるかどうか。

 

仕事のオンオフの切り替えがむつかしくなる宿命ですから

休むときは、しっかりと休むことです。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

保護犬・猫の活動をされている方のリンクをシェアします。

サイトはこちら

 

note 占術編「人体図にある星が消化されているかどうかが分かる運気とは」

note 占術編「健康・寿命の星の見方」

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE

 


個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。