子ども中殺を持つ親を 子どもはどう感じるのか

 

子どもと縁が薄い宿命を「子ども中殺」といいます。

「宿命中殺」の中の一つです。

「子ども中殺」を持つ親は、子どもとの縁が薄くなります。

このことが良い・よろしくないのではなく

自分から子どもとの縁を深く持たないことが望ましいです。

 

これは、子どもに余り関心を持たないとか、たいして子育てをしなくていいと言っているのではありません。

子どもから相談されもしないのに、親の方からクビを突っ込んでいかないこと。

子ども自身の意思を尊重すること。

ただ、子どもから相談されたり、普段と様子が違うと感じた時は、尋ねたり

親として思うことを伝えるのは、OKです。

子どもと縁が薄くとも、親としての役割を果たすことは大前提ですので。

 

一方で、子どもの立場からすると

自分の親が「子ども中殺」を持つことで

子どもながらに感じているモノが、出てくると思います。

最も言えることは、自分の親への寂しさです。

 

これは、自分の親が子どもと縁が薄くなることで

親が子どもに対して、薄いバリアのようなモノを張ってしまうことがあり

そういった親が張っているバリアを、子どもは感じる時があるからです。

但し、このことが全ての「子ども中殺」を持つ親に、当てはまるとは限りません。

 

それは、親が「子ども中殺」の未消化や、消化が足りない場合

その見えないくらいのバリアを張ることがないからです。

今回の内容をより深めた事柄を記述 子どもと縁が薄い宿命について

 

宿命として「子ども中殺」を持っていなくても

子どもが生まれた時の運気や、結婚した時の運気が

・「天中殺」プラス「子どもの星」が回る場合

・「天中殺」の作用が「子どもの星」に作用する場合などです。

 

今回の内容をより深めた事柄を記述 子どもと縁が薄い宿命について

濱口優さん 宿命中殺 子どもと縁が薄い宿命

野村萬斎さん 宿命中殺(生月中殺) 子どもとの関係

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

ブログですべてのことを記述しないのは

算命学は独学での理解には難しい面があると思うことと

算命学の持つ「或る考え方」があるためです。

 

陰性体質の改善に 梅エキス

 

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です