吉川晃司さん 現在大運天中殺 妻中殺 来年から天中殺

 

吉川晃司さん 1965年8月18日生まれ「寅卯天中殺」

 

★ 個人事務所設立は「天中殺」

1998年 戊寅年で「妻を示す星」が回っていました。

事務所を回していくためには、妻運が犠牲になることと

経営に対しては、自身がこだわらないこと。

これらのことを「妻中殺」と「財中殺」といいます。

(妻中殺に見合う結婚をすること)

 

★ 入籍も「天中殺」

2011年 辛卯年 ファンクラブのページで一般女性との結婚を発表。翌6月1日に婚姻届を提出。

当時の「天中殺」では、「仕事の星」が回っていました。

結婚運と仕事運の両方は取れないこと。

もしも、仕事運を取るならば、結婚運が犠牲になると占います。

(2009年8月の誕生日から、既に「大運天中殺」に入っていました)

結婚運が犠牲となるような、結婚生活が求められると占います。

 

現在「大運天中殺」であること

「大運天中殺」とは、不安定な運気。

44歳から始まって、20年間続きます。

(2021年6月 現在55歳)

この「大運天中殺」では「妻を示す星」が回っていることから

「妻中殺」の「大運天中殺」→妻の運勢が犠牲になることで本人が救われると占います。

 

2021年2月16日、狭心症の手術を受けたことを公式サイトで発表。

2月は月ごとの運気で「天中殺」でした。

 

今後を占う際に

★のことを鑑みる必要があります。

★は、いづれも「天中殺」だったからです。

来年と再来年は「天中殺」で、更に今まだ「大運天中殺」が続いています。

 

これまでも繰り返し言ってきましたが

「天中殺」というのは、繰り返す「クセ」があります。

一度、このクセを付けてしまうと、なかなか取ることが困難に…

来年は、健康運に難アリと占います。

 

堀ちえみさんの運勢 「天中殺」のクセが…

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

暑さ対策に梅エキス

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログが、あなたにとって何かのきっかけとなればと思います

有料ではありますが、感想などを寄せていただければ幸いです

OFUSE

 


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です