菜々緒さん デビューは天中殺 現在天中殺

 

菜々緒さん 1988年10月28日生まれ「子丑天中殺」

 

デビューは「天中殺」

デビューは「天中殺」といって、不安定な運気でした。

「天中殺」が、どの星に作用するかがポイントになります。

デビュー当時2009年の「天中殺」では、健康運を示す星が回っていることから

仕事運が伸びると、健康運がダメージを受ける可能性が高いと占います。

更に、「子どもを示す星」も回っていることから

子ども運が犠牲になることで、仕事運は安定すると占います。

 

去年と今年は「天中殺」

デビューしてから、再び「天中殺」が回っています。

こういった運気の特徴の一つとして

「天中殺」でデビューしたことの答えが出てくると占います。

「天中殺」でのデビューに見合う、仕事のスタンスがありますが

その答えが出てくる年と占います。

もしも、これまで「天中殺」に見合わないスタンスで来た場合は

「天中殺」においては、禍を受けると占います。

 

結婚しやすい運気

今年の運気からは、結婚しやすいことが表れています。

恋愛発覚や、電撃結婚もあり得ると占います。

しかしながら、「天中殺」であることからは

こちらも「天中殺」に見合う結婚であることが望ましいです。

また、もしも実際に「天中殺」で結婚した場合

それには、或る理由があると考えます。

 

有料記事「天中殺」で結婚をする理由と「天中殺」で結婚した場合、どういう結婚生活が望ましいのか。

 

「天中殺」は、来年2月節分前まで。

月ごとの「天中殺」は、12月と来年1月。

 

宿命から表れている波乱の人生

表れている星には、不安定な状態がかなり目立つこと。

星を支えている土台が、グラグラしている状態です。

このような宿命を「安定を嫌う宿命」と捉えます。

 

どの星に不安定が表れているのか

パートナーの星・子どもの星に表れています。

(他にも当てはまる人物がいます)

このことが意味するのは

パートナーや子どもに関することでの苦労を、しっかりと消化していくこと。

苦労を消化しない生き方は、自分自身はラクであっても

自分の運勢は、下降すると占います。

 

結婚運にも不安定さが

結婚運としては、かなり厳しいと占います。

結婚における苦労は、とても多くなるということです。

結婚運がよろしくない相手と結婚することは、自分もそのことを消化せねばなりません。

相手の宿命から表れていることは、自分にも作用します。

 

星同士のぶつかり合いが多い

星が互いにぶつかり合っている姿が目立ちます。

このことが意味するのは、心の葛藤です。

感情的になると、分かりやすいほど表に出る人と占います。

 

「プライドを示す星」

「プライドを示す星」の表れ方などからは、常にプライドが脆くなっているため

自身のプライドに対して、強くに敏感に反応する人と占います。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログが、あなたにとって何かのきっかけとなればと思います

有料ではありますが、感想などを寄せていただければ幸いです

OFUSE


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です