太田光代さん 天将星 大運天中殺 天中殺で夫中殺

 

太田光代さん 1964年7月6日生まれ「子丑天中殺」

 

「天将星」に加えてエネルギーの強い星が存在

「天将星」といって、最大のエネルギーを持つ星が存在することと

他にもエネルギーの強い星が存在します。

こういった宿命を「最身強の宿命」といいます。

自分が納得できなければ、全く前に進めない人となること。

頭の回転が非常に良いことと、しゃべりが得意なため

夫の太田さんも、口論となったら太刀打ち出来ないと占います。

 

夫婦揃って「天将星」を持つことからは

共に、普段から口論でも何でも?エネルギーを使うことが望ましい宿命です。

 

星同士のぶつかり合いが多い

星が互いにぶつかり合っている姿が目立ちます。

このことが意味するのは、心の葛藤です。

生涯において、自身の心の葛藤とどう向き合っていくのかが重要になります。

更に、「天将星」という最大のエネルギーを有する星も持つため

抱える葛藤も、相当強くなると占います。

 

今が「大運天中殺」で「夫中殺」であること

全体的な運気の流れを「大運」といいます。

「大運」は、10年間続きます。

50歳から始まって20年間は「大運天中殺」です。

 

前半の「大運天中殺」→50歳から始まって10年間からは

「パートナーを示す星」にも「大運天中殺」の作用が表れています。

これを「夫中殺」の大運といいます。

これらのことが意味するのは

夫である、光さんの運勢が下がることで

光代さんの運勢は保たれると占います。

 

今が「天中殺」であることについて

今年の「天中殺」は「パートナーを示す星」が回っています。

このことが意味するのは

光さんの運勢が下がることで、光代さんの運勢は保たれると占います。

 

夫婦間でも、互いの運勢の引っ張りは生じます。

夫婦仲が良いかどうかは、関係ありません。

 

今回の「天中殺」は、とても重要な意味を持つこと。

去年と今年が、今後を占う際に非常に重要と占います。

 

「子どもを示す星」が意味することについて

子どもがいることで、より運勢がしっかりしてくる宿命です。

実際に子どもがいない場合、その代わりとなる生き方→

あくまでも代わりですが、消化の仕方があります。

 

女が天将星を持つということ 

天将星を持つ女性が妻になると

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です