森尾由美さん デビューは大運天中殺 初旬大運天中殺 天将星2つ

 

森尾由美さん 1966年6月8日生まれ「辰巳天中殺」

 

デビューは「大運天中殺」

全体的な運気の流れを「大運」といいます。

「大運」は、10年間続きます。

 

一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といいます。

この「初旬」が「大運天中殺」といって、不安定な運気でした。

 

「初旬」とは、誰しも人生の中で最も影響を受ける「大運」。

「初旬」は、子どもの頃に回ってくることから

「初旬」においては、人生の基礎や土台が形成されます。

 

森尾さんは、初旬が「大運天中殺」である宿命です。

人生の基礎が形成される期間に「大運天中殺」が回る宿命の者は

多くを求めすぎると、望まない方向へ引っ張られる力が、より強く働くと占います。

 

特に、「初旬」に「大運天中殺」が回る宿命の者は

人生全般において、求められる生き方・心の持ち方があります。

 

デビューが「大運天中殺」であったからこそ

人気が出たとも占います。

 

初旬が「大運天中殺」となっていることで

他にも押さえておくべき重要なことがあります。

 

初旬が「大運天中殺」を持つ宿命(ごく一部)

紗栄子さん・あいみょんさん・岡村隆史さん・堀ちえみさん・ヒカキンさん・浅野忠信さん・澁野日向子さん・宮里藍さん・高見沢俊彦さん・高良健吾さん・前田敦子さん・神木隆之介さん・渡辺謙さん・瑛太さん・仲邑菫さん

 

「天将星」が二つも存在する宿命

「天将星」といって、最大のエネルギーを持つ星が存在します。

字の通り、トップやリーダーという意味を持つ星です。

「天将星」は、一つ存在するだけでも消化に苦労を伴う星。

二つも存在することからは、相当大変であると占います。

 

星同士のぶつかり合いが多い

星が互いにぶつかり合っている姿が目立ちます。

このことが意味するのは、心の葛藤です。

感情が露になって、表に出ること。

更に、「天将星」という最大のエネルギーを持つ星が存在することから

一度、感情が溢れ出すと止まらなくなると占います。

このことがよろしくないと、言っているのではありません。

こういった宿命からの姿を、自分自身が消化していくことが重要です。

 

こういった宿命を持つことで、本人は大変なのですが

身近にいる家族も、大変かと…

特に、家族は星の持つエネルギーが弱い者が多いとか

星同士のぶつかり合いを持たない者が多いと

森尾さんの心情は、理解出来ないと占います。

自分の宿命に無い星のことを、本当の意味で理解することは出来ないというのが

算命学の考え方です。

 

自分自身の寿命に対して、或る状況になった場合

リアルに向き合うことが表れています。

このことも「天将星」が存在する宿命であることを、加味して占う必要があります。

(ブログではここまでの表記とします)

 

女が天将星を持つということ 

天将星を持つ女性が妻になると

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です