塚地武雅さん 結婚で運勢が上がる宿命

 

塚地武雅さん 1971年11月25日生まれ「子丑天中殺」

 

結婚しやすい宿命

「自分を示す星」と「パートナーを示す星」が、合致している姿。

結婚願望としては、強い人と占います。

しかし、こういった宿命を持っていても、生涯独身の人はいます。

算命学では、宿命の未消化と捉えます。

 

「パートナーを示す星」

「パートナーを示す星」には、他の男性がいる姿。

塚地さんが好きになる女性には、ライバルとなる男性がいること。

ライバル男性を押しのけていかないと、ゴールイン出来ないと占います。

言い換えると、最初からモテない女には惹かれないということ。

 

全体的な運気→今の「大運」から

今の「大運」は、46歳から始まって10年間続きます。

(2021年4月現在49歳)

今の「大運」からは、気になる女性や好きになる女性には

彼氏がいる女性、既婚女性といった可能性が非常に高いと占います。

そういう意味では、今の大運での結婚は厳しいところがあります。

しかし、今が「天中殺」であることが…

 

今が「天中殺」であること

「天中殺」では、自分の願いが叶う可能性を秘めています。

もしも、塚地さん自身がこれまでも、そして今も結婚願望が強いのであれば

今年、結婚アリと占います。

(今年の運気は、来年2月節分前まで)

しかしながら、その場合「天中殺」に見合う結婚をすること

「天中殺」に見合う結婚生活を続けることです。

「天中殺」で結婚をする理由と「天中殺」での結婚はどういう結婚・結婚生活が望ましいのか。

 

「人生の目的を示す星」は妻

こういった宿命を持つ者が、実際に妻がいないことは

自分の生きがいを感じられなくなると占います。

このことがひいては…

そうならないためには、結婚することが望ましい宿命です。

 

次の大運から

56歳から始まって10年間続く「大運」からは

今の「大運」とは、潮目が大きく違ってきます。

流れには厳しさが伺えます。

 

活動開始は「天中殺」でした。

当時の「天中殺」からは、健康面に留意と占います。

仕事は、ほどほどに。。。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

コロナウイルスと「同一天中殺」について

 

スタンドエフエム始めました 音声配信

note 自分の運勢を下げない生き方

鑑定の御案内

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

この記事が参考になった方へ

龍メイOFUSE


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です