四代目市川猿之助さんと ニ代目市川猿翁さんとの関係性

 

四代目市川猿之助さん 1975年11月26日生まれ「申酉天中殺」

ニ代目市川猿翁さん 1939年12月9日生まれ「申酉天中殺」

 

記憶に新しいところでは、半沢直樹での演技に注目された猿之助さん。

幼い頃から叔父の猿翁さんに強い憧れを抱いていたとのこと。

幼いながら「義経千本桜」で宙乗りする姿を見て

「ボクも、ああなる」と話していたそうです。

(猿之助さんにとって、猿翁さんは伯父にあたります)

 

占術的な説明が入ります。

猿之助さんの宿命から表れている「自分を示す星」は

猿翁さんの宿命にも表れています。

このことが意味するのは

猿之助さんは、猿翁さんの中に自分自身を見ると占います。

 

更に、猿之助さんの「自分を示す星」は

猿翁さんの宿命から表れている「未来を示す星」「仕事を示す星」にあたります。

「未来を示す星」というのは、未来に伝えることや継承を意味します。

猿之助さんにとって、未来や伝えることは、自らが演じること。

 

今回ブログのきっかけは、猿之助さんが独身でいる理由を知りたかったためです。

 

ウィキペディアからは、猿翁さんは二度の結婚歴があるとのこと。

なかなか複雑な状況だったようです。

 

この伯父の生き方から、猿之助さんは多大な影響を受けたと占います。

先の繰り返しになりますが、猿翁さんの「未来を示す星」→人生の生き様である

妻や女性・結婚・子どもとの関係などに

猿之助さんは、自分自身を映し出すことに…

 

猿之助さんは「妻の星」が表れません。

こういった宿命を持つことで、結婚への意識は強くないと占います。

猿翁さんは「妻の星」が2つ表れています。

 

二人ともに、色情の問題を抱えやすい星が表れています。

情のもつれは、たとえ自分が望まなくても

相手があることですから、避けられないこともあるでしょう。

 

もしも、猿之助さんが過去に女性のことで、むつかしい場面をかいくぐってきたとしたら…

(頭の回転がいい人なので、敢えて搔い潜ると言いました)

伯父の二の舞を踏むことは、避けたいと思ったのでは…

 

猿之助さんは、子どもが「第一守護神」の宿命ですから

実際に子どもがいることで、守護神は作用すること。

守護神が作用しているか否かは

自分の運勢にダイレクトに影響すると占います。

 

子どもと縁が薄い宿命について

 

今年2021年の運気からは、結婚の可能性が高いと占います。

(2021年の運気は、2022年2月節分前まで)

 

47歳からは運気が変わり、次の大運に入ります。(2022年11月26日から)

(大運とは、10年間ごとに回ってくる運気)

この大運では、自分自身に衝撃的なことが起こると占います。

このことが意味するのは

宿命からの姿と、実際の生き方にギャップがあるほどに

与えられる衝撃は強くなると占います。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、鑑定依頼として承ります。

 

天中殺の運気とコロナ禍について

「天中殺」の運気でコロナに罹った場合に言えることを記載しております。

この記事を有料としたのは、算命学に対してご理解頂ける方に提供したいと思ったからです。

noteにて販売しております。

コロナウイルスと「同一天中殺」について 家族間での予防対策とは 

 

主夫・妻が年上であること

自分の運勢を下げない生き方とは

算命学・お子さんがいる離婚再婚について

 結婚相手を見極める方法

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

OFUSE

 

個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です