高良健吾さん 宿命中殺

 

高良健吾さん 1987年11月12日生まれ「戌亥天中殺」

 

「宿命中殺」が存在する宿命です。

(全体として宿命中殺が存在する者の方が少数派)

 

著名人や芸能人に「宿命中殺」を持つ者は多いです。

理由の一つとして

「宿命中殺」を持つことで

普通一般的な生き方→決まったワクに収まる生き方に

違和感を感じることが言えます。

 

「宿命中殺」が「子どもの星」に作用しているため

子どもとの縁が薄い宿命と捉えます。

 

しかし、こういった宿命だからといって

子どもが生まれないということではありません。

ただ、子ども運が犠牲になることで

自分の運勢が上がる宿命です。

 

高良健吾さんの「宿命中殺」は

健康面・肉体面に、異常性が出やすいと占います。

 

一つ挙げると、体力的に無理が効いてしまうこと。

疲れていても、全く感じない時があるなどです。

このことが無理を押してしまうことにも…

 

「宿命中殺」の作用により

心の友と言える友人に恵まれないと占います。

このことが、よろしくないのではなく

孤独を受け入れていくことで「宿命中殺」は消化されます。

 

~実際の鑑定から~

友人との縁が薄いと伝えると

受け止められない人が、多々見受けられます。

こちらとしては、様々意味で残念に思える鑑定です。

 

結婚運は、よろしくない宿命です。

しかし、今年の運気からは結婚の可能性が高いと占います。

(32歳から始まって10年間を鑑定)

結婚運がよろしくないことは、そのことの消化が求められます。

 

今の全体的な運気の流れからは

(32歳から始まって10年間を鑑定)

宿命からの姿と、実際の生き方とのギャップがある場合は

このことが健康運に現れると占います。

 

 

一番最初に回ってくる「大運」が「大運天中殺」です。

(大運天中殺とは、不安定な運気を意味する)

一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といいます。

 

初旬は、誰しも人生の中で最も影響を受ける運気であり

人生の基礎や土台が形成される運気です。

この「初旬」が「大運天中殺」である宿命です。

 

人生の基礎が形成される期間に「大運天中殺」が回る宿命の者は

多くを求めすぎると、望まない方向へ引っ張られる力がより強く働くと占います。

特に、「初旬」に「大運天中殺」が回る宿命の者は

人生全般において、求められる生き方・心の持ち方があります。

 

初旬が「大運天中殺」となっていることで

他にも押さえておくべき重要なことがあります。

 

同じく初旬が「大運天中殺」を持つ宿命(一部)

高見沢俊彦さん・コロッケさん・岡村隆史さん・堀ちえみさん・あいみょんさん・浅野忠信さん・澁谷日向子選手・宮里藍さん・瑛太さん・仲邑菫さん

 

悩みが自分のキャパシティを越えた時に

そのことをやめるとか、違う生き方を模索するといった選択が

出来なくなる人と占います。

(ブログ上、ここまでの表記とします)

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

~鑑定で占術的な説明を希望される方へ~

占術的な説明や解説は、通常の宿命鑑定とは料金が異なります。

 

龍メイnote 「天中殺」の運気とコロナ禍について

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

算命学・お子さんがいる離婚再婚について

龍メイnote 結婚相手を見極める方法

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

ココナラ宿命鑑定 コロナ禍につき応援価格に変更しました

宿命鑑定 ベイス

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

保護猫活動をしています。 OFUSE

 

個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です