海老名香葉子さんと家族の運勢について

 

海老名香葉子さん 1933年10月6日生まれ「寅卯天中殺」

 

強運の持ち主です。

「星の持つエネルギー」としては、弱いですが

瞬間的に、物凄い強いエネルギーを発揮出来る宿命です。

 

東京大空襲で、両親・祖母・長兄・次兄・弟の家族6人を亡くしましたが

唯一生き残ったのが、香葉子さんと三兄。

当時、叔母のいる静岡県に疎開していたとのことです。

 

家族の中で生き残ることは、家族の運勢を自分がもらうことです。

 

あなたの運勢は、誰かの運勢をもらって救われていますか?

あなたの運勢は、誰かにもらわれて(奪われて)いますか?

 

夫の林家三平さんは、肝臓がんで54歳で亡くなっています。

香葉子さんの当時の運気からは

「大運天中殺」で「自分の寿命を示す星」が回っています。

 

このことが意味するのは

三平さんは、香葉子さんの「大運天中殺」で起こるかもしれない禍を、案じて亡くなった。

もっと言うと、香葉子さんの運勢のダメージの身代わりになったと占います。

 

パートナーに先立たれ、後を追うように逝く人もいれば

パートナーの分まで、寿命をもらう人もいます。

 

香葉子さんは、実母よりも叔母との縁が深く

叔母が「守護神の星」である宿命です。

静岡へ導かれたことは

宿命から表れている叔母の存在が物語っていると占います。

 

更に「守護神」とは、自分の運勢にとって有り難い存在。

叔母の元で戦火を免れたことは「守護神の星」が作用したと占います。

 

「守護神の星」が回るからといって、救われるとは限りません。

「守護神の星」に好かれる生き方をしているかどうか…

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

~鑑定について~

占い鑑定に対して、慰めや癒しを求めている方には添えません。

客観的な見方が必要となる鑑定です。

御依頼様の気付きへと繋がる鑑定を意識し、気持ちを向けております。

 

龍メイnote 「天中殺」の運気とコロナ禍について

女が「天将星」を持つということ

「天将星」を持つ女性が妻になると

算命学・お子さんがいる離婚再婚について

龍メイnote 結婚相手を見極める方法

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

保護猫活動をしています。 OFUSE

 

個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です