高見沢俊彦さん 宿命中殺 初旬大運天中殺

 

高見沢俊彦さん 1954年4月17日生まれ「辰巳天中殺」

 

妻と子どもとの縁が薄い宿命です。

(他にも縁が薄い人物がいます)

実際に、結婚していないことで妻と子どもとの縁が薄いことが

消化されることになる→宿命からの姿であると捉えます。

 

更に、実家との縁も薄い宿命ですから

実家を離れ、実家を頼らず

実家とは関連のない生き方をすること

このことも宿命からの姿となります。

 

もし、結婚して妻と子どもがいて、家庭に恵まれていたら…

このことは高見沢さんの宿命にとっては無理が掛かる

つまり、運勢のダメージになると占います。

 

算命学はこのような捉え方をします。

世間一般の常識は、当てはめません。

 

高見沢さんの音楽の原動力は

強い心の葛藤であることが表れています。

葛藤が強い宿命の者は、自身の葛藤に潰されてしまうことも…

 

全体的な運気の流れを「大運」といいます。

一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といいます。

この「初旬」が「大運天中殺」です。

 

「初旬」とは、誰しも人生の中で最も影響を受ける大運です。

誰しも子どもの頃に回ってくることからは

「初旬」においては、人生の基礎や土台が形成されます。

高見沢さんは初旬が「大運天中殺」である宿命です。

このことが、今後の人生において或る重要な意味を持つことや

求められる生き方や考え方というモノがあります。

 

同じく初旬が「大運天中殺」を持つ宿命人(ごく一部)

あいみょん・岡村隆史・堀ちえみ・ヒカキン・浅野忠信・澁谷日向子・宮里藍

 

高見沢さんは、虚像になれる宿命でもあります。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

~鑑定について~

占い鑑定に対して、慰めや癒しを求めている方には添えません。

客観的な見方が必要となる鑑定です。

御依頼様の気付きへと繋がる鑑定を意識し、気持ちを向けております。

 

龍メイnote 「天中殺」の運気とコロナ禍について

女が「天将星」を持つということ

「天将星」を持つ女性が妻になると

算命学・お子さんがいる離婚再婚について

 

龍メイnote 結婚相手を見極める方法

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

 

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

保護猫活動をしています。 OFUSE

 

個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です