バカリズムさん 大運天中殺で 仕事の星と子どもの星が

 

バカリズムさん 1975年11月28日生まれ「申酉天中殺」

 

活動開始は「大運天中殺」

活動開始した1995年は「大運天中殺」です。

「大運天中殺」とは、不安定な運気を意味し

17歳から始まって、20年間続いていました。

 

「大運天中殺」では「仕事の星」が回っていた

「大運天中殺」とは、読めない運気です。

「仕事の星」が回ることで、仕事に異常性を発揮することがあります。

ここでの異常性とは、実力以上の力を発揮することも含まれます。

そういった運気がベースとなって、今が在る。という見方をします。

 

「大運天中殺」で「子どもの星」も回っていた

「大運天中殺」で「子どもの星」が回ることで、子どもとの縁が薄くなります。

子ども運が犠牲になることで、仕事運が安定すると占います。

つまり、仕事運と子ども運が引っ張り合うことになる。

そういった運気での活動開始であったと占います。

 

「大運天中殺」は過ぎているが

「大運天中殺」は、37歳の誕生日で明けています。

(2021年2月現在45歳)

不安定な運気がとうに過ぎていても、不安定な運気をどう過ごしてきたのかが

今後を占う際に重要となります。

特に、バカリズムさんの場合は「大運天中殺」に活動を開始していることからは

今の仕事を続けている限り、先に記述した「大運天中殺」に関することは

ずっと作用してくると占います。

 

子どもに恵まれた場合、仕事に翳りが見えてくると占います。

但し、子どもが仕事運をカバーしてくれるのであれば

仕事運へのダメージは軽減されると占います。

(子どもが仕事運をカバーするとは? ブログでの表記は控えます)

 

「お金は後から付いてくる」という生き方が宿命からの姿

宿命からの姿は、心が満たされるモノにウエイトを置くこと。

お金儲けを優先すると、運勢としては下がると占います。

仕事を受けるにあたっては、ギャラよりも自分が求めている仕事であるのかどうかで

判断することが望ましいです。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

 

天中殺の運気とコロナ禍について

「天中殺」の運気でコロナに罹った場合に言えることを記載しております。

この記事を有料としたのは、算命学に対してご理解頂ける方に提供したいと思ったからです。

この続きはnoteにて販売しております。

 

コロナと同一「天中殺」について

龍メイnote 「天中殺」の運気とコロナ禍について

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

算命学・お子さんがいる離婚再婚について

龍メイnote 結婚相手を見極める方法

 

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

ココナラ宿命鑑定 コロナ禍につき応援価格に変更しました

宿命鑑定 ベイス

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

保護猫活動をしています。 OFUSE

個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です