加藤綾菜さん 宿命中殺が夫の星に

 

加藤綾菜さん 1988年4月12日生まれ「辰巳天中殺」

 

「宿命中殺」を持つ宿命

「宿命中殺」は、いくつかの種類がありますが

今回は、夫と縁が薄い「宿命中殺」について取り上げます。

 

夫と縁が薄い宿命を「夫中殺」といいます。

このことが良い・よろしくないを申したいのではなく

「夫中殺」であることを消化することが重要です。

 

「夫中殺」であることからは

自分と夫の運勢が互いに引っ張り合う状態となります。

自分の運勢が上がると、夫の運勢が下がる。

自分の運勢が下がると、夫の運勢が上がる。

どちらもバランス良く、という感じにはなりません。

 

「夫中殺」を消化することの一つとして

彩菜さんとしては、加藤茶さんとはセパレートした関係でいることです。

このことが加藤茶さんの運勢にとって、有り難いことになると占います。

 

既に、お気付きの方もいるかもしれませんが

「夫中殺」や「妻中殺」を持つ相手と結婚することは

或る意味で大変なことなのです。

しかしながら、自分が引き寄せた縁でもあるのですから

出来ることならば、最期まで添い遂げることが望ましいです。

 

 

「夫中殺」を持つ妻に・「妻中殺」を持つ夫に

お世話になったパートナーは、運勢的にどうなるでしょうか?

 

一般的に言われる夫婦としての在り方を、算命学は当てはめません。

個々の宿命からの姿を占い鑑定をします。

 

自分にとって望ましいことと、相手にとって望ましいことは

イコールになるとは限りません。

 

「長年連れ添っているのに、自分の思いがパートナーに通じない」

これは自分の持つ宿命がそうさせていることも…

 

~実際の鑑定~

特に女性の御依頼者に「夫中殺」であることを伝えると

約半数の方は、受け止められない感がします。

そういう方は、「夫婦関係が上手くいかないのは、夫のせい」

という思いのまま、最期までいくのかもしれません。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 結婚相手を見極める方法

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

 

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

サポートをお願い出来ますでしょうか。保護猫活動をしております。

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE

 

個人鑑定はこちら

     

     

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です