岡村隆史さん

 

岡村隆史さん 1970年7月3日生まれ


宿命から表れている「女性や妻を示す星」からは

女性に対して多くのことを求めることと

自分のプライドを満たしてくれる女性に惹かれること

つまり、とても理想が高い人と占います。



「宿命中殺」が存在

「宿命中殺」とは

宿命から表れる星が、もともと不自然な状態となっていること

そのため異常性を発揮することがあります。

(ここでの異常性とは、特殊な能力を発揮することも含まれる)


「宿命中殺」が「妻を示す星」に作用していることから

次のことが当てはまります。

・妻(女性)に対する思い入れ、こだわりが強くなること

・相手が本当に好きな女性の場合、関係が上手くいかなくなること

つまり、本気で好きでない女性との方が上手くいくと占う

(他にもあります)



これらを「妻中殺の宿命」といいます。

「妻中殺」であることがよろしくないとか

結婚出来ないということではありません。


妻や女性に対して、ままならないところがとても多くなること

このことは相手を変えたとしても、変わらないということです。




今の運気の流れから

今年は、干支でいうと庚子の年です。

庚は、宿命から「妻の場所」に表れています。

庚は、仕事やプライドを示す星でもあります。



デビューは1990年 庚午の年で「天中殺」

2010年 庚寅の年は、体調不良のため約半年間休業。

(検査入院した7月は、月ごとの運気で天中殺)


このことが意味するのは

岡村さんにとって、庚は要の年です。


今年2020年4月も、月ごとの運気で庚です。

(ラジオ番組で女性を蔑視したととれる発言)

今年 6月と7月は「天中殺」の月です。



「天中殺」でのデビューから30年が過ぎて

第一線で張ってきた答えが、そろそろ現れてくる時期かと…


「天中殺」のデビューであることからは

調子に乗ると、足元を大きく掬われることに。

もしもそうなった場合、急降下の可能性が高いこと。

一度下降を見せた運勢を立て直すのは、容易ではありません。

言い換えると、「天中殺」のデビューであったが故に

本人としては、そのまま勢いに乗ってしまうのです。

たまたま「天中殺」という、ミラクル的な力が働いたことを

知っていると、いないとでは

立ち居振る舞いが違ってくると思います。


※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。





鑑定の御案内

 


個人鑑定はこちら